愛のようだ

  • 396人登録
  • 3.55評価
    • (18)
    • (40)
    • (52)
    • (7)
    • (2)
  • 61レビュー
著者 : 長嶋有
  • リトル・モア (2015年11月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784898154243

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

愛のようだの感想・レビュー・書評

  • ずっと変わらない長島有の感性が好きだ。
    おっさん作家の長島有が朝井リョウよりピュアな感じがするところ(笑)
    同年代だけに余計そう思うのかもしれないけれど。
    いや、願望か?もしかしたらあざといだけなのかもしれないけど。

    中年が主人公だったら不倫もの?家族もの?もしくは人生を振り返っちゃったりする真面目な話?
    そんな先入観にとらわれず、おっさんの甘酸っぱい片思いの話しなんて。
    いいじゃないか、中年がピュアな恋をしたって。
    自分が恋してるわけじゃないのに妙にシンクロしちゃった。

    物語の大半を占めるのはおっさんとその仲間たちのロードムービー的なあれやこれ。
    それぞれに色んな事を抱えていてハッピーとは言い難いこともあるけれど、重苦しさを感じさせない独特のペースがいい。

    辛いことはあるけれど日常は流れていくし、哀しんでるばかりじゃない。哀しい時も笑えるのよ、人間は。
    時には取り返しのつかないこともあるけれど、それはそれでいいじゃないか。
    前に進んで行くしかないんだから。

    恋愛小説の話のはずなのに妙に励まされてしまったおばさん、ここに1人・・・。

  • 車を走らせる道中の、同乗者とのやりとりや会話、ときたま起こる小さな事件、流れる景色を横目に見ながらふと考えていること。軽快さと切なさの塩梅がちょうどよくて、好きだ。年齢を重ねるにつれて身に纏っていくものが言えなくさせる言葉がふと表出したとき、溢れたのは時に笑みだし時に涙のようだ。「すべてが遅かったと気付いたときの涙」で、カルテットの別府さんを思い出した。大人ってやだな〜あ。また読みたい。

  • 最後に渡されたレシート。
    キン肉マンの歌が泣けるとは。
    号泣させない所が好き。

    「万華鏡を分解して、中身にガッカリした、みたいなことをいうな。
    万華鏡はただ喜んで回すんだ、それでみえていたことだけが本当のことだよ。」

  • 2015.11月読了。

    奥田民生聞きたい。
    さすらい聞きたい。
    ハイチュウ食べたい。
    ドライブしたい。

    癖のないじんわりあったかい文章。
    じわーっとする。
    うんうん、なかなか。

  • 最初で最後の「泣ける」恋愛小説。と帯にある。

    運転免許取り立てなのに、男たちだけで草津温泉にドライブしたり道を間違えたり、運転中にポップキャンディーを咥えたり、アニソンを聞いて声を合わせて歌ったり、色気もそっけもないシーンが続くけれどこれはやはりれっきとした恋愛小説。
    「万華鏡を分解して中身にがっかりしたみたいなことを言うな。」「耳の遠い女は口説けない」などなど名言続発。
    それにしても長嶋先生、どうしてこう女心をわかりすぎるんだかわからないんだか・・・
    ハードオフに代表される男っぽさっていうか、男の子全開の楽しい空間をこんなに言葉にできるのってうらやましすぎる。
    この本は手元に置いて何度も読むべき本です。
    出版業界がどうのこうのはわきに置いておいて、私はこの本を買ってよかったと切実に思う。

  • 久々、長嶋有。戦国モノが続くと、合間に読みたくなる。ガリみたいなものと言ったら失礼か。シーンはほぼ車内で、様々な面子で繰り広げるロードムービーならぬ、ロード小説。車内でかかる音楽が大きな要素なのもロードムービーぽい。雰囲気はいつものあんな感じなんだけど、一時期のうざさがなくなって、まるで綺麗な詩を読んでいるかのような、いや、綺麗な詩を読んだことはないけど、空気の匂いを感じられる物語だった。

  • 愛のようだプレイリストは作ろうと思います。…キン肉マンは…どうしようかな…

  • そう言えば、私も自分で車を買うときは、ラシーンがいいって決めてた。
    しかも、あのカーキみたいな微妙な色が欲しかった。
    結局、未だ一度も自分で車を買ったことない。

  • 主人公漫画評論家でフリーライターの戸倉、中年?になり自動車教習所に通い初めて免許を取得する。こだわりを持って中古の日産ラシーンを購入。探しまくり、車の芳香剤『車のポピー』も手に入れる。

    第一話
    初心者マーク付きの主人公の愛車で友人須崎とその恋人(大学病院でがん切除術後)の琴美との三人で東京から伊勢神宮まで長距離ドライブをする。
    第二話
    都心のレンタカー屋でホンダのフリードを借り、10年来の友人で編集業の永嶺、知り合って一年の大学生の祥太と工場勤務をしながら漫画を描いているノリオ,途中で山田夫妻を拾って草津温泉へ。(隠れミッション:独身の永嶺に女性が妊娠を告げ草津温泉へ同乗者のみんなに内緒で会いに行く)
    第三話
    フリーライターの卓郎と途中まで同乗する水谷さん(女性)、祥太との4人で愛車に乗り藤子不二雄さんの故郷 富山へ取材のため向かう。(降車するまで全員知らなかったが水谷さんは父の葬儀のため実家へ行く)
    第四話
    投稿した漫画が落選し悲嘆にくれ鬱々としているノリオを岡山まで初心者マークが取れた愛車で見舞い励ましに行く。車の免許を取った祥太と永嶺、神山の4人、みんなネットのボードゲームつながりの仲間。途中、神山のスマホに彼女から別れのメールが入り感情を乱し、高速道路走行中にドアを開け車から降りようとし、他のメンバーを慌てさせる。永嶺からは永嶺にそっくりな顔をした赤ん坊の画像を見せられる。愛とは何か。主人公は考え決断する。
    エピローグ
    琴美が亡くなる。時は待たない。

    全編、ドライブ中それぞれの好きな音楽がかけられる。カーナビの声 隣・前を走行するトラック バイク パーキングエリアがでてくる。

  • 本を読むときは割とサッと読んでしまうのですが、これは何度も戻りながら繰り返し読みました。
    船の上でキン肉マンの歌を歌う場面でいつも少し泣いてしまいます。(キン肉マンの歌、ユーチューブで何度かきいておぼえてしまいました)
    映像が綺麗な映画のように情景が浮かんでくる小説です。

  • なんだか、自分には馴染まなかった本。
    目が文字を滑っていってしまうーー、と思っていたが、
    最終盤に、突如、ほんのちょっとぐっときた。

    痩せ我慢がすっぱい思いで、後からやってくる感じに似ている。

  • 子供のような大人たちが登場。でもそれって、私たちのことではないだろうか、と思わせられた。
    はじめは、単なる「あるある」を狙った小説だと思った。が、気がつくと、身ぐるみ剥がれていた。
    そこには、「愛」という、口にするのも憚られるような観念(イデア)が漂っているではないか!
    愛というものが存在するとすれば、それは、私たちの幼少年時代にこそ探しにゆくべきものだ。

  • 趣味が似ていないと読みにくいんだろうな。つま。似ているであろうから読みやすい。
    大人になった。

  • ラシーン出てきて感激。音楽も、マンガも通ったものが近いなあと思ったら、同じ生年だった。

  • 少し読みにくかった。長嶋有は個人的に割と当たり外れが大きい。

  • 2016/8/13
    やはり良い作家だと思う。

  • 2016年8月西宮図書館

  • 主人公の40代バツイチ男が車の免許をとる場面から、4話の全て車の中の会話と音楽が楽しめる。
    ”メールの返信にはRe:がついている。”
    ”「困った人」や「病人」に対し、人は決して「優越感を得たい」わけではないと思う。ただ無垢になる。”
    長嶋有さんの作品は、他人事のように遠くから見ているような主人公がさらりと、本質を突いてくるところが好きです。
    突き進むような愛ではない、淡い中年以降の愛をじんわりとかんじました。

  • 若くもないが年寄りといわれるほどではなくて、
    だけど、
    ちょっと身体的衰えを感じつつある、、、
    そんなお年頃、40代。

    友人の恋人に恋心を抱く男性主人公の
    淡々としつつも、
    淡々とすることを知っている
    大人ならではの心の置き所に
    ちょっと悲しくなった。

    すべては遅すぎたと気付いてしまうところが、
    そこだけが
    淡々としてなくてちょっとホッとした。

    初読みの作家さんでした。

  • ちょっと切ないお話でした。

  • すごくよかった。車に乗っている間の出来事と気持ちの動きの描写だけで物語はすすんでいく。はっきりとこれは愛だ、とは言えないけど、たしかにある気持ちを感じる、でも確信は持てなくて「愛のようだ」と言ってしまうような気持ちは、もうそれは、愛なんだろう。

  • 中年のおじさんの淡い恋となんでもない会話。
    どんでん返しも、手に汗握る展開もないのに、なんか胸がきゅっとなる。

    なんでもない日常はどんどん過ぎて行って、それだけで取り返しのつかない過去にどんどんなっていく。
    とりとめない会話でも、視界に入るもの、言おうとしてやめたこと、思い出したりすること。隣の人でも会話以上に、ある、ものって、なんていうか共有できたりできなかったり、人が考えてることのうち、発せられることって本当に僅かな部分なんだな、と、思う。

    こんなドラマチックでないロードムービー、じゃないや小説もいいなぁ

  • いつもの長島有だが、まだ私にとって愛が難しいせいか、なかなかのれなかった。愛のようだというタイトルが示すように、低体温で愛が語られる。最後にあるアニメの歌が流れるのだが、余韻がなんとも言えない。最後のシーンは両思いでいいんだよね?

全61件中 1 - 25件を表示

愛のようだを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

愛のようだを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

愛のようだを本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする