荒汐部屋のモルとムギ

  • 15人登録
  • 3.75評価
    • (2)
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 荒汐部屋
制作 : ゆかい  池田 晶紀  川瀬 一絵  池ノ谷 侑花 
  • リトル・モア (2016年10月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (72ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784898154472

荒汐部屋のモルとムギの感想・レビュー・書評

全2件中 1 - 2件を表示

荒汐部屋のモルとムギの作品紹介

テレビ・SNSで、国内外問わず話題沸騰中!
いま大人気の「世界で一番相撲を見ている猫」が、愛くるしさいっぱいの写真集になりました。

- - - - - - - - -
東京・日本橋浜町にある相撲部屋 荒汐部屋で、
2匹の猫と力士たちが仲良く一緒に暮らしています。

モルは、福岡で暮らしていた元野良猫。
大人しいけど、けっこう肝がすわっています。
ムギは、ある日部屋の前で捨てられていました。
力士たちの部屋から絶対に出ようとしない超インドア派で、
人見知りだけど、実は甘えん坊です。

もちろん親方をはじめ、12人の力士たちも全員登場します。
稽古や取り組みの、鬼気迫る表情とはうってかわった笑顔に、
きっと和やかな気持ちになるはずです。

写真は、池田晶紀さん率いる写真事務所「ゆかい」が撮影しました。
全部で7回にもわたって荒汐部屋を丹念に取材し、日々の暮らしを捉えています。
本格的な撮影機材を持ち込み、部屋を即席の撮影スタジオに変身させて撮影した、
所属全力士12人とモルのポートレイトも必見です!

モルとムギだけでなく、力士たちや部屋の情報もたっぷり。
英訳も掲載しているので、
最近相撲に興味を持ち始めた方や、海外の方にもオススメの1冊です。

荒汐部屋のモルとムギはこんな本です

ツイートする