往復書簡 初恋と不倫

  • 650人登録
  • 3.86評価
    • (40)
    • (32)
    • (40)
    • (7)
    • (1)
  • 49レビュー
著者 : 坂元裕二
  • リトル・モア (2017年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784898154618

往復書簡 初恋と不倫の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 初恋と不倫、二つのものがたり。
    「往復書簡」とあるけれど
    手紙は少しだけでほとんどがメールのやりとりです。
    会わなくても話さなくても
    心は通っていくし恋も始まるんだなぁ。。。
    行きつ戻りつしながら
    二人の間に起きたできごとが明かされていくたびに
    その恋を応援する気持ちが大きくなっていきました。
    短い中にも、ずっと覚えていたくなるような言葉が
    たくさんつまった素敵な恋愛小説です。

  • 人の隙間を捉えているような本でした。
    不思議な気持ちになりました。

  • とてもとても悲しくなった。
    この人は、真剣に生きている人の人生の一部としての恋愛を書くから、現実味がある。
    あたたかくて、つらい。

  • これは...こんなに先の読めない、起承転結が何回あるんだろうみたいな、ジェットコースターみたいな話が2つも書けるなんて天才だと思う。初恋の方も素敵で、ロマンティックで良かったけど、不倫の方を読みきると初恋のこと忘れちゃうくらい、パンチ効いてた。関連があるようでなかった豆生田の設定も素敵。すとんとは落ちない展開もいくつかあったけども、そんな違和感も感じさせないくらいのスリル感じが最高だった。
    ●絶望って、ありえたかもしれない希望のことを言うのだと思う
    ●人間の心で制御出来ないのは、嫉妬とプライドだ。だけどその二つがない人間には何も出来ない。それは生きるための糧でもあるから
    ●大切な人を守りたいのなら、その人の手を引くだけでは足りない。その人の周りの環境もかえなくてはならない。
    抜き出してみると、初恋の方は名言ばっかりだ。響いた。

  • 往復書簡。メール。読みやすい。映像が浮かんでくる。

  • 【No.176】「大切な人がいて、その人を助けようと思う時、その人の手を引けば済むことではない。その人を取り巻くすべてを変えなければならない」「夜中に考えてはいけない種類のことがある。そういうことは朝起きてご飯とみそ汁を食べてから考えろ」「人間の心で制御出来ないのは、嫉妬とプライドだ。だけどその二つがない人間には何も出来ない。それは生きるための糧でもあるから」「君はどうしてものを考えないんだ。どうしてものを知ろうとしないんだ。ものを知らない人間は、ものを知ってる人間の奴隷になるだけだ」「あなたはとっくの昔に色んなことを諦めた人だった。諦めても諦めても、諦めてもまだ諦めなきゃいけないことは出てくる。もう十分諦めたかなと思ってもまだ諦めなきゃいけない。そんな人生を送ってきて、それでも真面目に生きてて、朝になるとちゃんと目を覚まして、今日その日一日を諦める」

  • ダヴィンチのプラチナ本で紹介されてたので読んでみました。
    脚本家・坂元裕二さんが描く朗読劇「不帰(かえらず)の初恋、海老名SA」と「カラシニコフ不倫海峡」。


    会話だけの構成なんですが
    面白い、短いけどなんだか濃かった。

  • 往復書簡ってだけで胸アツなのに、中身がまた、これ。村上春樹を易しくした具合の。話が横道にそれる感じが好き。ズレてしまった愛情が好き。

  • 村上春樹の本の内容というより会話文が好きなのだけど、それが詰まったような一冊だった。素敵すぎる。坂元裕二は詩人だなあ

  • 何気ないメール・手紙の文章から、人間の本質がみえてくる往復書簡には衝撃だった。

    その人を救うことは、その人の手を引けばいいだけではない。
    その人を取り囲むもの全てを変える働きかけが必要。と言ったことが書いてあって、心に刺さった。

    人って一人で生きているのではなくて、周りの人環境と共に息をしている。その人のことを本当に想うならば、それををきちんと考えて行動しなきゃだよって言われてる気がして。
    本当にその通りだと思った。

全49件中 1 - 10件を表示

坂元裕二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
又吉 直樹
西 加奈子
三浦 しをん
今村夏子
西川 美和
朝井 リョウ
三浦 しをん
中村 文則
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印

往復書簡 初恋と不倫はこんな本です

往復書簡 初恋と不倫を本棚に登録しているひと

往復書簡 初恋と不倫を本棚に「読みたい」で登録しているひと

往復書簡 初恋と不倫を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

往復書簡 初恋と不倫の作品紹介

「カルテット」「最高の離婚」「Mother」の坂元裕二、最新刊!
おかしいくらい悲しくて、美しく残酷な、心ざわめく2篇の恋愛模様。

- - - - - -
<不帰の初恋、海老名SA>

「わたしはどうしても、はじめのことに立ち返るのです。団地で溺れたわたしと同い年の女の子のこと。
わたしだったかもしれない女の子のこと。」

初恋の人からふいに届いた手紙。
時を同じくして目にしたニュースでは、彼女の婚約者が運転する
高速バスが横転事故を起こし、運転手は逃走中だと報じている――。
- - - - - -
<カラシニコフ不倫海峡>

「僕たちは捨てられた。問題は、さてどうしましょうか。ということですね?」

アフリカへ地雷除去のボランティアに行くと言い残し
突然旅立った妻が、武装集団に襲われ、命を落とした。
一年後、後を追おうとしていた健一のもとに、一通のメールが届く。

〝あなたの妻は生きていて、アフリカで私の夫と暮らしている〞

同じ喪失を抱えた2つの心は、徐々に近づいていき――。
- - - - - -

メールや手紙、二人の男女が綴るやりとりのみで構成された、息を飲む緻密なストーリー展開。
生々しい感触と息遣いまで感じられる、見事な台詞術。
「台詞の魔術師」 坂元裕二がおくる、忘れえぬ恋愛物語。

切なさに胸が痛む、ロマンティックの極北。

ツイートする