往復書簡 初恋と不倫

  • 540人登録
  • 4.00評価
    • (35)
    • (26)
    • (25)
    • (5)
    • (0)
  • 40レビュー
著者 : 坂元裕二
  • リトル・モア (2017年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784898154618

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
ヨシタケ シンス...
又吉 直樹
エラ・フランシス...
三浦 しをん
西 加奈子
大竹 昭子
有効な右矢印 無効な右矢印

往復書簡 初恋と不倫の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人の隙間を捉えているような本でした。
    不思議な気持ちになりました。

  • とてもとても悲しくなった。
    この人は、真剣に生きている人の人生の一部としての恋愛を書くから、現実味がある。
    あたたかくて、つらい。

  • これは...こんなに先の読めない、起承転結が何回あるんだろうみたいな、ジェットコースターみたいな話が2つも書けるなんて天才だと思う。初恋の方も素敵で、ロマンティックで良かったけど、不倫の方を読みきると初恋のこと忘れちゃうくらい、パンチ効いてた。関連があるようでなかった豆生田の設定も素敵。すとんとは落ちない展開もいくつかあったけども、そんな違和感も感じさせないくらいのスリル感じが最高だった。
    ●絶望って、ありえたかもしれない希望のことを言うのだと思う
    ●人間の心で制御出来ないのは、嫉妬とプライドだ。だけどその二つがない人間には何も出来ない。それは生きるための糧でもあるから
    ●大切な人を守りたいのなら、その人の手を引くだけでは足りない。その人の周りの環境もかえなくてはならない。
    抜き出してみると、初恋の方は名言ばっかりだ。響いた。

  • 往復書簡。メール。読みやすい。映像が浮かんでくる。

  • ダヴィンチのプラチナ本で紹介されてたので読んでみました。
    脚本家・坂元裕二さんが描く朗読劇「不帰(かえらず)の初恋、海老名SA」と「カラシニコフ不倫海峡」。


    会話だけの構成なんですが
    面白い、短いけどなんだか濃かった。

  • 往復書簡ってだけで胸アツなのに、中身がまた、これ。村上春樹を易しくした具合の。話が横道にそれる感じが好き。ズレてしまった愛情が好き。

  • 坂元さんの小説は初めて読ませてもらったけど、言葉選びや物語の間がとても好き。
    この小説はメールや手紙の文章のみで成り立っていて、でもそれだけでも背景がちゃんと頭の中で成り立つ。
    読んで思ったのは大人になるとなぜストレートに物事を言えなくなるんだろうな。今そこで言うべき事、やるべき事を言わない、やらないだけで後悔したり最悪な事態を引き起こす。人生は常に綱渡りですね。
    今日他人の身に起こったことは自分にも起こるんだよ。
    そうだよな。

  • 会話みたいなかんじで構成されてて、読む前は違和感ありそうだなあと思ってたけど、そんなことまったくなくて、一瞬で引き込まれた。

    1つめ
    周りも全部変えなきゃいけない。
    濃い。そっか。だから殺して、自分も死のうとしたんだ。そうしないと三崎さんのこと完全に守れないから。お互い助けられたことがあって、それを忘れてなくて、なんか辛かった。きっとこのあと会えただろうけど、会うところも見たかったな。

    2つめ
    なんか、ズンっときた。でもこっちは会うことができてた。それは初恋じゃなくて、不倫なんだけど。

    坂元さんの書く台詞がすきだ。繰り返して言うかんじ。いい。
    わたしは1つめの話のほうがすきだった。

  • 読みやすかったです。
    思ってたよりドラマティックな展開。
    でも坂元裕二が作る2人の会話は
    やっぱり好きな感じのやつです。

  • 手紙、書きたくなる。
    よかったー。
    のんちゃん、ありがとう。

全40件中 1 - 10件を表示

往復書簡 初恋と不倫を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

往復書簡 初恋と不倫を本棚に「積読」で登録しているひと

往復書簡 初恋と不倫の作品紹介

「カルテット」「最高の離婚」「Mother」の坂元裕二、最新刊!
おかしいくらい悲しくて、美しく残酷な、心ざわめく2篇の恋愛模様。

- - - - - -
<不帰の初恋、海老名SA>

「わたしはどうしても、はじめのことに立ち返るのです。団地で溺れたわたしと同い年の女の子のこと。
わたしだったかもしれない女の子のこと。」

初恋の人からふいに届いた手紙。
時を同じくして目にしたニュースでは、彼女の婚約者が運転する
高速バスが横転事故を起こし、運転手は逃走中だと報じている――。
- - - - - -
<カラシニコフ不倫海峡>

「僕たちは捨てられた。問題は、さてどうしましょうか。ということですね?」

アフリカへ地雷除去のボランティアに行くと言い残し
突然旅立った妻が、武装集団に襲われ、命を落とした。
一年後、後を追おうとしていた健一のもとに、一通のメールが届く。

〝あなたの妻は生きていて、アフリカで私の夫と暮らしている〞

同じ喪失を抱えた2つの心は、徐々に近づいていき――。
- - - - - -

メールや手紙、二人の男女が綴るやりとりのみで構成された、息を飲む緻密なストーリー展開。
生々しい感触と息遣いまで感じられる、見事な台詞術。
「台詞の魔術師」 坂元裕二がおくる、忘れえぬ恋愛物語。

切なさに胸が痛む、ロマンティックの極北。

往復書簡 初恋と不倫はこんな本です

ツイートする