往復書簡 初恋と不倫

  • 379人登録
  • 4.04評価
    • (20)
    • (13)
    • (10)
    • (4)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 坂元裕二
  • リトル・モア (2017年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784898154618

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

往復書簡 初恋と不倫の感想・レビュー・書評

  • ‪対話劇「不帰の初恋、海老名SA」「カラシニコフ不倫海峡」のシナリオだが、手紙(メール)の交換だけで展開。場面設定も状況描写もなく、会話だけで進むドラマに引き込まれる。ドラマ『カルテット』にあった小ネタも随所にあり魅了される。‬

  • 往復書簡ってだけで胸アツなのに、中身がまた、これ。村上春樹を易しくした具合の。話が横道にそれる感じが好き。ズレてしまった愛情が好き。

  • 一つ一つの台詞が、人間くさくて、あたたかで。ちょっと、ユーモアもきいていて。坂元裕二さんがあたたかなひとだということが、すーぐ、伝わってくる。

  • 会話劇なのでとても読みやすいです。読了後は良い意味で、とても悪い!!でもそれが坂元さんらしいとも思います。
    しかしこれ、朗読劇だったのですね。しかも今を時めく高橋一生お兄さんも出演なさっていたという・・・再演求む!(場違いのコメントでスミマセン)

  • 有名なドラマの脚本家の作品。元は舞台のための作品なのかと。
    これは映像にした方がわかりやすい、文章は往復書簡だがその意味はない気がする。まわりくどいんだよなぁ。
    初恋をテーマにした方は、刹那さと狂気が入り混じっていて往復書簡としても面白い。
    不倫をテーマにした方は後味悪い、主軸となる人物以外の人物たちに、ただただ腹が立つ。

  • 2時間ぐらいで一気に読んでしまった!

    「その人の前を通り過ぎるという暴力。
    それは多分金槌で頭を叩くこととそう変わらないことなのだと思います」
    という言葉が印象に残った。

    自分はただ通り過ぎただけでも、もしかしたら他の人にはダメージを与えてるかもしれない。

    あと、無視とか無関心とか、そんな言葉も浮かぶ。

    みんなそうやって生きてる。
    悲しいことがあっても、たくさんの人は生き続ける。


    2回目読むかな!


  • なんとも言えず切ない気持ちになりました。著者のドラマは「それでも生きて行く」しか見たことはないのですが、不思議な気持ちになりました。ほかのドラマも見たくなりました。

  • 著者のドラマにも通ずる”会話の妙”。
    会話劇、登場人物はふたつともふたり。
    活字で読んでも面白いものはドラマになっても面白い。
    実際、舞台で演った朗読劇だったんだね。

  • 内容は結構めんどくさいんだか、書簡形式なので読みやすい。好きな人には、たまらんのだろうが、個人的には少し違う

  • 朗読劇として上演されていたのを知らないで読みました。最初の半分は好きです、多分初物として触れた感覚が良かったのかも。声に出すことで、会話させることで生きる文章ってやっぱりあるんだなと思った。

  • Twitterで万城目学さんが絶賛してたので…
    確かに面白かった。ぐいぐい引き込まれてジェットコースターのように展開して読むのを止めるのが難しかった。
    題名のようなふんわりした恋愛小説の類い感ではなく、会話だけで物語が進んで行くので色々と状況を判断しつつ謎もあり展開がめまぐるしい
    ラストはどちらもちょっと、うーん、、、

  • 「僕と君はただ同じクラスだというだけです。話したこともないし、君のことをなんにも知りません。君も僕のことをなんにも知りません」中学校のクラスメイトへ出した手紙には、こんな返事が返ってきた。強い拒絶が感じられる文面だが、彼の意に反して、2人の手紙のやり取りは長く続くことになる。やがて大人になって、2人は手紙で再開するのだ…。(不帰の初恋、海老名SA)
    ***
    「カルテット」「この恋を思い出してきっと泣いてしまう」などの脚本で知られる坂元裕二氏の著作。かつて上演された脚本に手直しを加えたものだそう。短編2作が入っており、どちらも手紙のやり取りのみでストーリーが進行する。

    坂元氏ならではの言葉のやり取りがとても好きだ。「その話、どこにつながるの?」と思うような遠回しなたとえ話や、相手の話を華麗に受け流す相づち。手紙という、話し言葉に限りなく近い文章だからこそ、その魅力が映像を見ているように味わえたような気がする。

    公演が見たかったなぁ。高橋一生も出演したとなればなおさら!

  • 『カルテット』でも登場した「ボーダーかぶり」「おでん」「グーチョキパーのうた」がでてきてにんまりできる。面白かった。

  • するすると引き込まれていったけどまだなんか消化できてない。一筋縄ではいかぬ。

  • 2017/7/15:手紙やメールのやりとりだけの文章。全体的に悲しい話だけど、ユーモアもあって、ちょっと笑っちゃったり、読みやすくてすらすら読めた。

  • 『不帰の初恋 海老名SA』

    中学生の初恋が壮絶な展開
    ぐーちょきぱーの歌がこんなに恐ろしいなんて

    『カラシニコフ不倫海峡』

    複雑に入り組んで
    笑えない話なのに
    すこしのユーモアと
    ちょっとオカルト要素も
    あーでもこのひとが書くとなんて
    嫌な感じじゃないんだろか


    2作とも起承転結が素晴らしかった
    このドラマ、実写でも見たい
    いろんなひとの声に変えて読んだ
    これ、上演すればいいのにって思ったら
    もうだいぶまえにしてやんの
    脳内キャスティングの高橋一生でてやんの
    でもキャスティング知らずに読了できてよかった

  • 『Mother』『それでも、生きてゆく』『最高の離婚』『カルテット』等のテレビドラマ脚本で有名な坂元裕二さんの作品。
    2012年9月、2014年6月、7月の3回にわたって開催された朗読劇が書籍化されたものです。お話が二編収録されていて、「往復書簡」のタイトル通り、どちらも一組の男女の「手紙」のやり取りのみで物語が進みます。

    手紙の送り主・受取人が誰なのかもわからない状態から、やり取りが進むごとにわかっていく事実の驚き、緊張感の漂うスリリングな展開から目が離せない。
    しかしそれ以上に「体育館の電球はどうやって取り替えるのか」「ハリネズミ お風呂」などの本筋とは関係のない些細なやり取りがおかしくて笑ってしまう。

    「不帰の初恋、海老名SA」は、中学生時代の初恋からの『それでも、生きてゆく』を思い起こさせる逃亡劇。
    「大切な人がいて、その人を助けようと思う時、その人の手を引けば済むことではない。その人を取り巻くすべてを変えなければならない」
    うーん、重い覚悟…。

    「カラシニコフ不倫海峡」は、アフリカに行った妻に先立たれた男と、その男に接触する謎の女のお話。当初はまったく噛み合わなかった会話が徐々に通じていく。別々の場所と時間に、二人で映画や動物園や駅弁祭りに行く場面がたまらなく好き。

    坂元ドラマ恒例の「手紙」を延々と読むことができます。坂元ファンは必見です。

  • 生きにくく生きている人の掘り下げかたが、やさしい。カルテットもそうだった。問題のあるレストランもそうだった。その中でイキイキと交わされる会話、言葉。可笑しくて笑っちゃうところもあるのに、しゅん、とさみしくもなる。可笑しさとさみしさが、いつか温かいものに変わる感じ。おもしろかった!!

全19件中 1 - 19件を表示

往復書簡 初恋と不倫を本棚に登録しているひと

往復書簡 初恋と不倫を本棚に「読みたい」で登録しているひと

往復書簡 初恋と不倫を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

往復書簡 初恋と不倫を本棚に「積読」で登録しているひと

往復書簡 初恋と不倫の作品紹介

「カルテット」「最高の離婚」「Mother」の坂元裕二、最新刊!
おかしいくらい悲しくて、美しく残酷な、心ざわめく2篇の恋愛模様。

- - - - - -
<不帰の初恋、海老名SA>

「わたしはどうしても、はじめのことに立ち返るのです。団地で溺れたわたしと同い年の女の子のこと。
わたしだったかもしれない女の子のこと。」

初恋の人からふいに届いた手紙。
時を同じくして目にしたニュースでは、彼女の婚約者が運転する
高速バスが横転事故を起こし、運転手は逃走中だと報じている――。
- - - - - -
<カラシニコフ不倫海峡>

「僕たちは捨てられた。問題は、さてどうしましょうか。ということですね?」

アフリカへ地雷除去のボランティアに行くと言い残し
突然旅立った妻が、武装集団に襲われ、命を落とした。
一年後、後を追おうとしていた健一のもとに、一通のメールが届く。

〝あなたの妻は生きていて、アフリカで私の夫と暮らしている〞

同じ喪失を抱えた2つの心は、徐々に近づいていき――。
- - - - - -

メールや手紙、二人の男女が綴るやりとりのみで構成された、息を飲む緻密なストーリー展開。
生々しい感触と息遣いまで感じられる、見事な台詞術。
「台詞の魔術師」 坂元裕二がおくる、忘れえぬ恋愛物語。

切なさに胸が痛む、ロマンティックの極北。

往復書簡 初恋と不倫はこんな本です

ツイートする