往復書簡 初恋と不倫

  • 391人登録
  • 4.08評価
    • (22)
    • (13)
    • (10)
    • (4)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 坂元裕二
  • リトル・モア (2017年6月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784898154618

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

往復書簡 初恋と不倫の感想・レビュー・書評

  • 2時間ぐらいで一気に読んでしまった!

    「その人の前を通り過ぎるという暴力。
    それは多分金槌で頭を叩くこととそう変わらないことなのだと思います」
    という言葉が印象に残った。

    自分はただ通り過ぎただけでも、もしかしたら他の人にはダメージを与えてるかもしれない。

    あと、無視とか無関心とか、そんな言葉も浮かぶ。

    みんなそうやって生きてる。
    悲しいことがあっても、たくさんの人は生き続ける。


    2回目読むかな!


  • なんとも言えず切ない気持ちになりました。著者のドラマは「それでも生きて行く」しか見たことはないのですが、不思議な気持ちになりました。ほかのドラマも見たくなりました。

  • Twitterで万城目学さんが絶賛してたので…
    確かに面白かった。ぐいぐい引き込まれてジェットコースターのように展開して読むのを止めるのが難しかった。
    題名のようなふんわりした恋愛小説の類い感ではなく、会話だけで物語が進んで行くので色々と状況を判断しつつ謎もあり展開がめまぐるしい
    ラストはどちらもちょっと、うーん、、、

  • 『カルテット』でも登場した「ボーダーかぶり」「おでん」「グーチョキパーのうた」がでてきてにんまりできる。面白かった。

  • するすると引き込まれていったけどまだなんか消化できてない。一筋縄ではいかぬ。

ツイートする