「太平洋戦争」は無謀な戦争だったのか

  • 38人登録
  • 3.14評価
    • (0)
    • (1)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : James B. Wood  茂木 弘道 
  • ワック (2009年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784898311370

「太平洋戦争」は無謀な戦争だったのかの感想・レビュー・書評

  • アメリカの軍事専門家による太平洋戦争の研究。海戦のタイミングは抜群だったという。幾度も米軍は苦境に立たされていたにも関わらず、日本軍はそれを生かせなかった。その軍事的な再考察。広げすぎた兵站。いったん立ち返る可能性。満洲と太平洋戦線、それは陸軍と海軍の意見対立。興味深い論説だ。

  • 大東亜戦争に関するWhat If?について書かれた書籍である。
    この手の書籍の多くは、真珠湾攻撃の際の備蓄タンク攻撃やミッドウェーでの兵装転換など、トピックスや戦術面をテーマにしていることが多いが、本書は戦略面にフォーカスしている。

    主な内容は以下のとおり。

     ①南方作戦完了後は、防備を固める
     ②潜水艦による、通商破壊作戦をとる
     ③シーレーンを確保する
     ④特攻隊をより早期に結成する
     ⑤陸軍をより早い段階で太平洋の戦場に投入する

    ②、③は指摘の通り。④は大いなる誤解である。日本人は止むに止まれなくなり特攻隊を結成したのであって、決して最初から意図したものではない。①、⑤の指摘も説得力はあるが、戦争終結を見据えた戦略を描くことができなかった日本政府と陸海軍部が、意思統一して実行できたであろうか。

    また、著者は①~⑤を実行すれば勝利していたとは考えていない。ただ日本がより抵抗できていたならば、違った形での講和もあり得たのではないかと提起している。

    本書の指摘には、頷かされる箇所が多く、良書である。

  • 決して無謀ではなかった。地政学的にも、自国のリソースを活用すれば、と言う裏付けいくつか。どっちにしても勝ち目はなかったといえばなかったんだが。
    訳文ならではのいまいちな日本語と、原文の思い込みと、訳者の思い入れが交錯してるんで読みやすくはない。

  • 翻訳モノなので、日本語にやや違和感があるのは否めない。

    陸軍の兵力を太平洋に投入すべきだったとか、
    潜水艦による通商破壊をすべきだったとか、
    そういうところの主張はもっともだったと思う。

    だからこそ、それゆえに、
    どうしてあんな戦争をしてしまったのか、
    その答えは出てこない。

全5件中 1 - 5件を表示

「太平洋戦争」は無謀な戦争だったのかを本棚に「読みたい」で登録しているひと

「太平洋戦争」は無謀な戦争だったのかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「太平洋戦争」は無謀な戦争だったのかを本棚に「積読」で登録しているひと

「太平洋戦争」は無謀な戦争だったのかの作品紹介

米国人歴史学者が検証した「太平洋戦争」の真実。

「太平洋戦争」は無謀な戦争だったのかはこんな本です

「太平洋戦争」は無謀な戦争だったのかの新書

ツイートする