英語をやっていて、本当によかった。―吉越流ビジネスマンのための英語塾 (WAC BUNKO)

  • 216人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (14)
    • (29)
    • (12)
    • (2)
  • 27レビュー
著者 : 吉越浩一郎
  • ワック (2009年4月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (209ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784898316009

英語をやっていて、本当によかった。―吉越流ビジネスマンのための英語塾 (WAC BUNKO)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 英語の勉強というよりも、国際社会でのものの考え方の本。やる気になった。

  • ロジックとGNN(義理、人情、浪花節)、仕事と私生活ともに大切であることを実感し、行動する。人は自分一人だけでは、人生を豊かにすることはできない。他人とのかかわりの中で成長するもの。
    リーダー:方向、デッドラインを示す。

  • この本は単純に英語を話せたらいいよ、というものではなく、英語を通してビジネスとはどうあるべきかを分かり易く解説してくれている。そして、もう一度本気で英語を勉強しようと改めて思わされた。

  • ・アメリカ人はロジック。結論ありきで、手の内情報をすべて打ち明けた上で、対等なディスカッションを行う。
    ・ホウレンソウは通用しない。
    ・ノルマではなくミッションを課すのが一流だ。

  • 数ヵ月前から英語の勉強をはじめていたんですが、自分で感じるほどの成果がでずに悩んでいたところに見つけた本です、

    英語の勉強法がズラズラっと書かれている本かと思いきや、勉強の心構えについては2割くらいしか書かれておらず、著者が英語を学び仕事に活かされた経験談と、日本と諸外国の文化の違いがツラツラっと書かれていました。少しかたすかし。。。


    しかし、それはそれでなるほどなぁと思うこともあり、結果的には勉強をやる気になってきたので、結果オーライ?


    今の仕事のやり方に悩んでいる方なんかは、外国人のものの考え方に触れることが出来て参考になるのかもしれません

  • 英語を習得する素晴らしさを説いた本

    ポイントは何故英語を学ぶのか?をはっきりすること

    これにより学び方はかわってくる。

    この本はビジネス英語を必要としている人には
    いいきっかけになります。

  • 「残業ゼロの仕事術」でおなじみの吉越氏が書かれた英語についての書籍。といっても、英語の参考書でもないし、英語の勉強法が書かれている本(私は最初、そうかと思った)でもない。英語を学ぶことで見えてくる世界観や仕事への可能性、外国人と日本人のものの考え方について書かれている本といえると思います。<br />外国人のロジック思考、日本人のあいまい文化、それぞれのよいところ、イマイチなところに触れながら、物事の捉え方や生き方について触れているところがいい。リーマンショック以後、日本企業はこれから待ったなしでグローバルなビジネスを考えないと生き残れないということが如実になってきた昨今。英語は嫌いとか、英語は苦手とか思わずに、英語に触れることの拒否反応から脱却するにはどうすればいいのかという一考になると思った本でした。

  • 英語でコミュニケーションができることは
    「仕事」「プライベート」ともに役立つことを
    事例を交えて紹介しています。

    エピソードが面白い!
    英語学習に挫折しそうな時に読み返したい本。

  • 英語の勉強方法を教えるものではなく(そういった記述は一箇所だった)、
    外国語をやっておくことでこんなにこんなにいいことがあるよ、ということを並べている。
    外国語を勉強しよう、と思うきっかけ作り、意欲を鼓舞する、といった使い方に適している。
    とても読みやすいので気楽に読むことができた。

  • 内容としては英語を使うメリットが、というよりは、外国人とコミュニケーションをとる、とりわけ、外国人とビジネスを行う時の考え方、発想が書かれています。

    日本では、英語が出来れば外国人と意思疎通がとれると思われがちですが、本書を読めば、英語はただのツールであり、外国人とコミュニケーションをとるためには、語学力以上のものが必要と言う事が分かります。

    常にアンテナを張っておき、広く見識を深めておくことが必要なんですね。

全27件中 1 - 10件を表示

吉越浩一郎の作品

英語をやっていて、本当によかった。―吉越流ビジネスマンのための英語塾 (WAC BUNKO)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

英語をやっていて、本当によかった。―吉越流ビジネスマンのための英語塾 (WAC BUNKO)を本棚に「積読」で登録しているひと

英語をやっていて、本当によかった。―吉越流ビジネスマンのための英語塾 (WAC BUNKO)の作品紹介

最先端の仕事には英語は欠かせない!英語ができると、仕事の幅も広がる!情報は常にアップデートし、最先端の情報にしておかないと、世界中のライバル企業から取り残される。そして、最先端の情報の多くは英語で書かれているのが現実だ。また、ビジネスマンが英語を使う場面は、会社の重要局面の場合がよくある。英語ができるかどうかが、チャンスをつかめるかどうかの大きな差となる。

英語をやっていて、本当によかった。―吉越流ビジネスマンのための英語塾 (WAC BUNKO)はこんな本です

英語をやっていて、本当によかった。―吉越流ビジネスマンのための英語塾 (WAC BUNKO)のKindle版

ツイートする