朝日新聞がなくなる日 ―新聞・テレビ崩壊! (WAC BUNKO)

  • 29人登録
  • 2.91評価
    • (2)
    • (0)
    • (5)
    • (3)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 宮崎正弘
  • ワック (2009年11月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784898316139

朝日新聞がなくなる日 ―新聞・テレビ崩壊! (WAC BUNKO)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ぶっちゃけ、
    わし個人的には、インターネットがあれば、新聞もテレビもいらない。

    どっかの国や政党にとって都合のいいニュースはいっぱい報道するくせに、
    都合の悪いことはいっさい報道しない・載せない・隠すテレビや新聞。
    とても民主国家のマスコミとは思えない。
    マスコミは本来、公正・公平でなければならないはずなのだが。。。

    大手マスコミの殆どがヨイショする政党は、
    景気回復の具体策がない→景気が一向によくならない→
    マスコミの広告収入が減る→経営危機
    というふうに自分で自分の首を締めているがなんとも皮肉でザマーミロである。

    いちおうJAPAN TIMESを今でもとっている。
    しかし、年々ページ数が少なくなっているようだ。
    毎週月曜日に掲載される求人広告欄は3分の1ページも埋まらないほどの閑古鳥。
    3~4年前だって日本の経済は決して調子良くなかったけど、
    求人欄は毎週2~3ページ分ぎっしりあった。
    今の不景気は不景気でもかなり悪いレベルであることをビジュアルで体感できる月曜日。

    JAPAN TIMESも朝日新聞と似たようなスタンスなので、
    某国や某政党への文句は基本的に書かないし、
    鯨を捕ることにも反対らしい。
    最近話題の自爆SSに対しても同情的。

    だからと言って、読者のわしがリベラルな人間かというとハズレである。
    確かに数年前までかなりリベラルだったけど。
    日教組の自虐的歴史教育の洗脳が解けたし、
    テレビもあまり見なくなったし、
    いろいろ調べ物したらずいぶんと考え方も変わりました。

    もともと最近のニュースを英語で表現するとどうなるかに興味があってとり始めた。
    記事は参考程度。
    同じ事件でも左寄りにバイアスがかかかるとそういう書き方なるのかと、
    一種のブラックジョークとして接しているだけ。

    朝日新聞と同様にJAPAN TIMESがなくなる日もそう遠くないかもしれない。

  • ネットで情報が無料で手に入る時代、朝日新聞の考えは既に古くなっているということを中心に、今のマスコミなどの問題を扱った本。

    他の方も書いているが、タイトルよりも、今のマスコミや報道関係、社説などの問題を扱った本とした方が正しい気がする。

    マスコミなどの問題に関心がある人にはお勧めの本。

  • タイトルがちょっと違う気がします。朝日新聞と言うより欧米と日本のマスメディアの崩壊。長く既得権益に居座り初心を忘れたギョーカイ人の失敗をまとめたものです。まあ面白かったですが、宮崎先生にしては感情に傾き過ぎな気が。読みやすくしたのかもしれませんけど。

  • マスコミ全般に言える話を朝日新聞に押し付けている部分がままある。イデオロギーによる感情論があまりにも先行しすぎているように感じる。タイトルを見て興味をそそられたが、内容は悪口ばかりで少し落胆した。もう少し論理的に論じて頂けると説得力が増すと思う。

  • 題名は絶妙だ。これに惹かれて購入したが、中身は少々期待はずれだった。

    前半は09年末までの新聞界の動き。後半はジャーナリズム論という構成。後半は右派的な立場から、朝日だけでなく、NHKも批判している。いずれにしても、新しい視点はないように思えた。

    それにしても、新聞界は謙虚に批判を受け止め、新しい時代にふさわしいメディアにしていかなければいけないだろう。もう少し前向きな意見が欲しかった。

  • まだまだマスメディアが好調であった学生時代、朝日新聞販売店で働いていたという著者が、「朝日新聞よ、さようなら」という言葉で締めくくっている。

    マスコミの堕落、インターネットの出現によりマスメディアの価値が下落しているにもかかわらず、適切な対応をしようとしない新聞・テレビ業界。

    過去の成功体験から脱却できない、そして、真実を伝えないマスゴミ。

    情報消費者からまったく見放されているのだ。

    著者の豊富な体験から色んな角度で、朝日新聞がなくなる要因が書き示されている著作。

  • 右翼系評論家
    日本だけでなく、欧米でも印刷メディア離れが進んでいるそうで、新聞は広告チラシのために購読、確かにそうかも。
    日本の情報処理能力、インテリジェンス能力のなさ、確かにそうかも。
    中国、ロシアの覇権構造、確かに。
    南京虐殺のデッチ上げ、ここは熱がこもっていて、引いてしまった。 歴史は戦勝国側に有利に記録されるので、ある程度の誇張は仕方ないのではないか。

全8件中 1 - 8件を表示

宮崎正弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

朝日新聞がなくなる日 ―新聞・テレビ崩壊! (WAC BUNKO)の作品紹介

インターネット革命は予想以上に迅速で強烈だった!学生が新聞を読まなくなり、新聞を購読する世帯が激減した。若者の多くはインターネットだけで国際情報まで簡単に仕入れてしまうのである。新聞、雑誌、書籍に限らず日本の活字メディアは、生き残りの道を模索する作業に遅れをとっている。

朝日新聞がなくなる日 ―新聞・テレビ崩壊! (WAC BUNKO)はこんな本です

ツイートする