2015年 中国の真実 (WAC BUNKO)

  • 13人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 宮崎正弘 石平
  • ワック (2014年9月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784898317044

2015年 中国の真実 (WAC BUNKO)の感想・レビュー・書評

  • 近頃、中国の侵略を近未来を舞台に描いた小説を読むことが多くなったので、本書を手にとって、勉強してみようと思った。
    中国の幹部は、200兆円ものカネを海外に持ち出し、共産党幹部の子息たちも環境汚染が著しい中国本土から海外に移住させているという。
    軍人の楽しみとして、役職が師団長以上になったら、どんな女に手を出してもいっさい罪に問われないというルールもあると聞くと、もはや現代ではない。空いた口が塞がらない。そんな毛沢東でさえ好き放題を黙認してきた軍を習近平は無謀にも締めつけている。だから中国の崩壊が起こるとしたら軍事クーデターの可能性もあるという。
    中国のGDP成長率が7%強だというのにエネルギー消費量の上昇率が4%強でしかない。つまり発表された成長率はインチキであるとか。厚顔無恥な観光客など、少々目障りか耳障りであったとしても、どうということないが国を挙げての無軌道で破廉恥な出鱈目ぶりはやはり看過できない。

全1件中 1 - 1件を表示

宮崎正弘の作品一覧

宮崎正弘の作品ランキング・新刊情報

石平の作品一覧

石平の作品ランキング・新刊情報

2015年 中国の真実 (WAC BUNKO)の作品紹介

中国経済の破綻は秒読みに入った!気鋭のチャイナ・ウォッチャー二人の最新予測!

ツイートする