ADD/ADHDという才能

  • 22人登録
  • 3.63評価
    • (1)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 片山奈緒美 
  • ヴォイス (2003年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784899760580

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ADD/ADHDという才能の感想・レビュー・書評

  • NEET問題解決できそうな本。
    ADD・ADHDって別に病気じゃないけど?なんか勝手にレッテル貼られただけだけど?
    基本的には芸術的な才能に特化してるらしいよ・・・?誰でも当てはまるとは言わないけど…。
    短期集中力特化型だから普段ボーっとしててもご愛嬌だよ。
    その分守るものは守るんだから!><

    個人的にはとっても救われたけど、
    ファーマーに対してちと攻撃的過ぎるのが難点な本…。

    み・・・みんな、なかよく…。

  •  現在存在するホモ・サピエンス以外の人類はドコに行ったのか? 永遠の謎のテーマ。この本は、農耕民族と狩猟民族に例えてADHDを説明してる快書。ヒラメキちゃんの先祖がハンターだった! と思うのはなんだかカッコイイ♪
     そーいえば、ちえ子はO型で、元は狩猟民族だから肉を食べるとヤセると言われたことあった……。カンケーない?

全2件中 1 - 2件を表示

ADD/ADHDという才能の作品紹介

当事者と非当事者の違いを、ハンターとファーマーに例えることで明快にした、まったく新しいADD/ADHD像。「即応性」「機敏さ」「すばやい状況判断」など、自身もハンター(当事者)である著者が語るADD/ADHDの個性と可能性。

ツイートする