未来は、えらべる!

  • 761人登録
  • 4.13評価
    • (121)
    • (73)
    • (50)
    • (16)
    • (2)
  • 95レビュー
制作 : 江藤ちふみ  島田真喜子 
  • ヴォイス (2010年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784899762508

未来は、えらべる!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • バシャールは何冊か読んでるけど、読めば読むほど一貫性が見えて、ビジョンがクリアになってくる。この本は具体例が多く、とても良い。

  • ワクワクすることで他人も自分も心豊かになる方法を知りたくて読書。

    最初は何だろうこの人は・・・・・と思いつつ読み進めると、途中からドドドっと雪崩のように心へ滑り降りてきた。

    ポイントは怖れ。
    そして、もっとハイヤーセレフな自分とつながること。
    自分をもっと知る努力をすることだと思う。それが未来となると。

    話の規模が大きく今すぐに理解できない部分も多い。しかし、再読するとまた違う気づきが得られると思う。

    今この瞬間をワクワクすることでいっぱいにしていきたい。
    15分集中してすぐに忘れる。忘れる=手放すことの重要性を最近感じているので、気になった一文。

    読書時間:約50分

    本書はマイミク蘭さんに紹介してもらいました。どうも有り難う。

  • 本田さんフィーリングでの質問が、かなり的を射てると思います。読者が聞きたいことが、必ずや盛り込まれているのでは。
    意識の持ち方や、心の裏側を内観するヒントがたくさん載っています。面白くて、一気に読みました。もう1度じっくり読み返して、内観したいと思います。

  • 買おうか散々迷って結局買った本。
    とても良かった!以前買ったバシャール2006よりはるかにいい。
    とにかくわかりやすい。どうやって実生活にワクワクを取り入れていったらいいか、現実的にどう行動するのか、どう夢を実現するのかがとてもわかりやすく書いてある。
    バシャール2006は固くて読みづらく、紹介した知人も「う~ん」という感じで、バシャール関係の本はもういいかと思っていましたが・・。
    何回も読み直したい本。
    迷っているのでしたら、ぜひ!

  • ■願望を叶えたかったら「15分集中して忘れる」「集中して忘れる
    ■それをチェックするには、「情熱を行動に移す」「できるときはいつも」「最大限に」「期待なしに」ということだと。
    ■それと「確信する」こと。「できる」「そうなる」「可能だ」と確信することが重要。
    ■お金は作物を育てるように考える。作物は食べずに置いておいては腐らせる。「タネを蒔いたら、養分を与え、実らせる」こと。お金も動かさないと育たない。動かし、育てること。循環させることだと。
    ■お金の価値から、豊かさを象徴する別なものに価値を与えるようにすればお金だけに固執しなくなる。
    ■経済危機ではなく、「経済チャレンジ」ということ。
    ■ネガティブというのは観念がつくりだしていることにすぎないと・・。

  • 不思議な書籍。

    僕が目に留まったのは

    謙虚な人は傲慢
    できない自分を周りに認めさせている

    ワクワクすることをする
    そこに勇気はいらない

    ソウルメイトに出会うには
    自分自身との関係を良くする

    パラレルワールドの考えは
    とても面白かったです。

    ワクワクする未来行きへの列車に乗る


    「経済危機」
    →「経済チャレンジ」

    人生の目的は最大限に
    自分自身を生きること。

  • 本田健さんのユダヤ人大富豪の教えを読んだ時、ビジネス書とスピリチュアルと言われる物が一つになったと感じたのを憶えています。そこにバシャールの存在があったとは!!(^-^)/この本は質疑対応式ですが、わかりやすくやはりワクワクする本でした。それぞれの世界。

  • 4月 ワイキキの朝日を背中に受けながら
    読み終わりました。

    今想えば、この本をきっかけに
    今の私の歩みがあります。

    そんな きっかけを起こす
    素晴らしい1冊です。

  • 科学では証明できない高次元の原理原則をバシャールと本田健の対談形式で解説した一冊。バシャールが選んでいる言葉が抽象的で特徴的なので伝えたい意図を理解するのに少し時間がかかる。メッセージが本質的でとても深い。仏陀やキリストと同じレベルのメッセージのように感じた。

    「ワクワク=無条件の愛との調和」、「運命とは生まれる前に選択したテーマ」といったメッセージや「パラレルワールド」「ハイヤーセルフ」といった価値観は新しい観念を与えてくれた。是非読んで欲しい一冊。

  • 読みながら、自分のこれからについて非常にワクワクしてきた本。
    新しく気付いたことや、学んだことに気付いたとしても、その勇気が行動に移らないのは、怖れが完全に払しょくされていないからだ、というメッセージに日ビッときました。本当に価値観に触れて感動したのなら、それに従う行動をとってこそ、当たり前だと。その行動をとるために、新しいものに触れたときに抱えている恐怖を分析して、捨て去るように心と行動を持っていく必要があるのだと。凄く大きな気付きになりました。
    これから、パラレルワールド化が進む世界の中で、自分という存在を輝かせるために、常に自分の行動を振り返りながら、ワクワクへと向けていきたいと感じました。運命を選ぶために、自分の観念の仕組みを特定して、改善していこうと思います。

全95件中 1 - 10件を表示

本田健の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
スペンサー ジョ...
ロンダ・バーン
村上 春樹
トニー・ブザン
デール カーネギ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

未来は、えらべる!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

未来は、えらべる!を本棚に「積読」で登録しているひと

未来は、えらべる!の新書

ツイートする