噫無情(ああむじょう)〈前篇〉 (世界名作名訳シリーズ)

  • 20人登録
  • 3.88評価
    • (3)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : 黒岩 涙香 
  • はる書房 (2005年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784899840602

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

噫無情(ああむじょう)〈前篇〉 (世界名作名訳シリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 涙香による『レ・ミゼラブル』の翻訳(というよりリライトというほうがしっくりくる)。枝葉を切り取ってる分、原作より展開は早い。この時代の翻訳は人物名まで日本語にしてあるのがいいんだよなぁ(ちと無理なところもあるが)。

  • ご都合主義をものともせぬ、原作の物語のおもしろさは今更言うまでもないだろうが、その筋立て自体のおもしろさを、これ以上にないほどシンプルかつリズミカルな語り口で示した黒岩涙香はすごい。講談あるいは歌舞伎芝居を思わせるが、原作自体が歌舞伎芝居になりそうな物語なので全く違和感はない。

  • 完訳とはまた違うリズム感、スピード感があり、楽しんで読めました。
    頭に入りにくいフランス語の人名が蛇兵太(ジャベール)、本田圓(ほんだまるし=ポンメルシー)などに変えてあるのも、おもしろく感じました。

  • 明治の文体でありながら、
    こんなに読みやすいとは・・・。

    黒岩氏のユーモアさ溢れる訳に感動しました。

全4件中 1 - 4件を表示

噫無情(ああむじょう)〈前篇〉 (世界名作名訳シリーズ)の作品紹介

本書はフランスの作家ヴィクトル・ユゴーの長編小説『レ・ミゼラブル』(一八六二)の黒岩涙香訳『噫無情』(一九〇六)を、新しく版を起こして再現した新組出版である。

噫無情(ああむじょう)〈前篇〉 (世界名作名訳シリーズ)の単行本

ツイートする