免疫、その驚異のメカニズム―人体と社会の危機管理 (ウェッジ選書―「地球学」シリーズ)

  • 10人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 谷口克
  • ウェッジ (2000年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784900594357

免疫、その驚異のメカニズム―人体と社会の危機管理 (ウェッジ選書―「地球学」シリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 疫学という医学の分野がある。
    わかったようで、わからない学問で、科学のようで、数学、物理学とは異なる価値判断をしている。
    免疫の疫は、疫学の疫なので、免疫がわかったようで、わからないものであることもなんとなく想像できる。
    第二章は、医学者と、経済学者、地球物理学者との鼎談である。
    全体を読んで、免疫について、いかにわかっていなかったかは、わかった。
    主要組織適合抗原(MHC)、生理活性物質(サイトカイン)といわれても、初耳だった。

全1件中 1 - 1件を表示

免疫、その驚異のメカニズム―人体と社会の危機管理 (ウェッジ選書―「地球学」シリーズ)を本棚に登録しているひと

免疫、その驚異のメカニズム―人体と社会の危機管理 (ウェッジ選書―「地球学」シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

免疫、その驚異のメカニズム―人体と社会の危機管理 (ウェッジ選書―「地球学」シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

免疫、その驚異のメカニズム―人体と社会の危機管理 (ウェッジ選書―「地球学」シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

免疫、その驚異のメカニズム―人体と社会の危機管理 (ウェッジ選書―「地球学」シリーズ)の作品紹介

神秘的な働きが解明されつつある免疫、そのシステムは社会変革のキーワードでもある。川勝平太(経済史家)・松井孝典(科学者)が問題の本質を提起する。

ツイートする