エリザベスは本の虫

  • 137人登録
  • 3.76評価
    • (13)
    • (25)
    • (23)
    • (1)
    • (1)
  • 31レビュー
制作 : デイビッド スモール  Sarah Stewart  David Small  福本 友美子 
  • アスラン書房 (2003年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784900656352

エリザベスは本の虫の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こんな生活してみたい…。
    オリンピックに本読み競争があったらいいのに!

    「生まれてすぐに字を覚え あっという間に本の虫」
    ト書きのリズムがいいですね。歌うように読みました。

  • う〜ん、羨ましい!

    彼女の手にはいついかなるときも本があって。
    本以外は興味なし!といえどもしっかり美容体操を欠かさないあたり(もちろん本を読みながら)可愛いです。
    気づけば本の山、山、山。
    エリザベスが迷わずとった行動に心が打たれます。

    読書は1人で楽しむものでもあり、その感動を大勢と共有しより幸せになるものでもあり。
    本好きはもちろん、これから本を読み始める子どもにも是非読み聞かせたい一冊です。

    実在のエリザベスさんはどんな方だったのでしょう。知りたいです。
    サラさんとディビットさんはご夫婦とのこと。素敵ですね。
    ブログ【ホシノ図書館】でのレビューはこちら→<a href="http://spica88232.blog58.fc2.com/blog-entry-127.html" target="_blank">エリザベスは本の虫</a><br><br>

  • 水曜日

  • 図書館好きにはたまらんだろうな。

  • 子供の頃はままごともしない、年頃になってもデートもしない、そしてひたすら本を読んでいる。傍から見たら、つまらない人生って思われるかもしれないけれど、好きなモノは好きなんだからしょうがない。徹底して他の事に割く時間を読書にあてる、本人にとってはとても幸せな人生だったのでしょうね。

  • 読書好きの長女のために借りてきた。

    絵が好きだな。

    『帰り道がわからない。しかたがないので、家を買い、家庭教師をしてくらす』
    が好きだな。

  • すみだ

  • 伝記 なのか。

    本の虫とても共感できるけど、最後がようわからん

  • 絵が好き。

  • 本の本なのに、この躍動感はどうしたことだろう。愛する人ができることもなく、一見不幸そうに感じるけれど、なんだかうらやましく感じた。

全31件中 1 - 10件を表示

サラ・スチュワートの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湯本 香樹実
三浦 しをん
マージェリィ・W...
ジョン・クラッセ...
にしまき かやこ
有効な右矢印 無効な右矢印

エリザベスは本の虫に関連する談話室の質問

エリザベスは本の虫を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

エリザベスは本の虫を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

エリザベスは本の虫の作品紹介

エリザベスは、ものごころついたときから、本のとりこ。ままごとあそびやローラースケートなんか見向きもしないで、ひたすら本を読んですごします。読んで、読んで、読みふけった本の数々…大人になって気づいたときには、エリザベスの家の中は、どこもかしこも本だらけ。本の山はてんじょうにとどき、ドアもふさがれてしまいます。いったい、どうしたらいいでしょう?ためらうことなく、エリザベスがとった行動とは?リズミカルな文章と繊細なタッチの水彩画で、いつの世にも変わらぬ読書の喜びをユーモラスに描いた絵本。

エリザベスは本の虫のペーパーバック

エリザベスは本の虫のハードカバー

エリザベスは本の虫のハードカバー

ツイートする