ケンケンと愉快な仲間たち

  • 11人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 高桑慎一郎
  • イーハトーヴ出版 (1995年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784900779020

ケンケンと愉快な仲間たちの感想・レビュー・書評

  •  アメリカのハンナ・バーベラ・プロダクションが作った「Wacky Race」を「チキチキマシン猛レース」にして大盛況を誇った仕掛け人による回顧録。

     アメリカから輸入したものにそのまま翻訳を充てるんじゃなくて、ちゃんと日本風味に演出しないと昭和40年台の日本人には受け入れられなかったのだ、という話です。で、そのためのアドリブ、やりとり、苦難、色々。

     今は亡くなった野沢那智、広川太一郎、神山卓三なんてメンツを見ると、この辺の尊敬すべきメンツは、好き放題やらせてくれる現場があって、むちゃくちゃなものを求められていて、それで後の大きな仕事になっていったんだなぁーって、しみじみする。

     本自体は高桑本人による自慢アワーみたいな感じなので、あんまり読んでいて気分がいいわけでは、ない。「昔はよかった」であり、「今の若者は……」である。

     この「好き放題やらせてくれる環境」というのが、今ァないんだろうなぁ……。

  • オリジナルのシャザーンが召し使いではなかった、とは知らなかった。

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする