怪談 FINAL EDITION (studio voice BOOKS)

  • 40人登録
  • 3.47評価
    • (1)
    • (7)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 小池壮彦
  • INFASパブリケーションズ (2009年9月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784900785939

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
加門七海、立原透...
加門 七海
中野 京子
小池 壮彦
有効な右矢印 無効な右矢印

怪談 FINAL EDITION (studio voice BOOKS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 渋い!
    タタリでコロコロ人が死ぬのもクール

  •  過去に発表した怪談作品の中からいくつかを選りすぐって加筆・訂正し、更に書き下ろしを加えた最終版(FINAL EDITION)。新聞のコラムのような、余計な盛りをしない、淡々とした筆致は、レンガというか、コンクリートの塊というか、酷く乾いていて硬質的な印象を受ける。頁数以上の重みを感じるのは、気のせいか、筆致のせいか、それとも――。

     読み進む内に、読む者の気を重くする、そんな怪談集。

  • 隣の更地とチャットルームのリナが好きだった。
    読後数年経った今でも覚えている。

  • 下関などを舞台とした作品です。

  • 怪談というジャンルにあって、ここまで冴えた筆をつかえるなんて。

  • 不思議な話が満載です。怖い話、ぞくっとする話が満載。創作ではないところが怖いくて不思議な本

全7件中 1 - 7件を表示

怪談 FINAL EDITION (studio voice BOOKS)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

怪談 FINAL EDITION (studio voice BOOKS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

怪談 FINAL EDITION (studio voice BOOKS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

怪談 FINAL EDITION (studio voice BOOKS)を本棚に「積読」で登録しているひと

怪談 FINAL EDITION (studio voice BOOKS)はこんな本です

ツイートする