エル・スール

  • 105人登録
  • 3.83評価
    • (9)
    • (14)
    • (11)
    • (2)
    • (0)
  • 24レビュー
制作 : Adelaida Garc´ia Morales  野谷 文昭  熊倉 靖子 
  • インスクリプト (2009年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (131ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784900997219

エル・スールの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • エリセ監督の映画が好きだが、原作では父への娘の視線に批判が混じっており、よりリアルに感じた。母との溝も、皮膚がヒリヒリと痛むようなエピソードと共に描かれている。閉鎖的な空間に滞留する空気は重く、これといった理由がないのに、あらゆることが原因になっている、顔のないお化けのような苦しみがあった。映画にはない、南への旅のエピソードが、少女の行く道に光を投げかけていたのが救い。

  • 小説の完成度に驚き、
    作者がエリセ監督の元奥様だとあとがきで知り、更に驚いた。
    他の著書は翻訳本出ていないのですね…残念です。

  • 翻訳物とは思えない、ストレスのない日本語に感動。

  • 読み終わってみればわりとシンプルな女の子の成長物語。とはいえ親子関係を持たない読者はいないわけで、「親がどうであっても子供は親が好きで必死で、でも成長すれば距離を置いて見られるようになる、うむうむ」とシンプルな感想を持った。

    語り手の女の子が賢くて、べたべたせずに過去を振り返っていることに気分がすっとした。親父はどうしようもなく弱いクズであるが、母親はともかく娘が損なわれなかったのがほんとうによかった。本書が原作になった映画もこれから観る。

  • スペインが舞台。亡くなった父に語りかける昔の思い出話など。スペインの地名や風景と、語り口調が独特の世界を生み出す。

  • 自分のなかでも評価がはっきりしないところがあるけど、繊細で良い作品だと思う。読み終わったあとにじんわりと残るものがあるし・・・。孤独を一度受け入れて、自分の立ち位置を確立していく主人公は力強くみえて好き。

  • 自分にとっては特別な映画「エル・スール」
     何回映画館で見たことか覚えていないくらい。
     映像と音楽、そして多くは語られない物語、これらが融合して至上の作品となっている。
     要約すれば自ら命を絶った、父親について、娘が振り返るという話であるけれど
     父親の存在がミステリアスで単純な理解を許さない
     不思議な力を持ちながらも、全てを喪ってしまった存在。
     何十年経ちながらも記憶の中から薄れ去ることはない

     この本は、映画製作当時に監督のヴィクトル・エリセと一緒に暮らしていた、アデライダ・ガルシア=モラレスによる原作。
     映画ではほとんど描かれることの無かった母親との関係が詳細に語られている部分は異なるけれど、概ね映画は忠実に原作をなぞっているようだ。
     しかし、映画では語らないことによって物語を創り上げており、より複雑な印象を残している。
     そうはいっても、この本は、補足するもの、理解を促すもの足りえているし、何よりもこういった形で映画を次の世代に繋げていくきっかけにはなるのでは…

  • そんな訳で読んでみたんです。。。

  • 「ミツバチのささやき」の原作

    「ポネット」ジャック・ドワイヨン

  • バルセロナ、フランスなどを舞台とした作品です。

全24件中 1 - 10件を表示

エル・スールを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

エル・スールを本棚に「積読」で登録しているひと

エル・スールの作品紹介

父の死を契機にセビーリャへと赴いた少女が出会ったものは…。内戦後の喪失と不安感を背景に、大人へと歩み始めた多感な少女の眼を通して浮かびあがる、家族の秘められた過去。映画『エル・スール』製作当時、エリセの伴侶として彼に霊感を与えたアデライダ・ガルシア=モラレスによる、時代を超えた成長小説。

ツイートする