ドラゴンの眼〈上〉

  • 274人登録
  • 3.47評価
    • (24)
    • (30)
    • (83)
    • (6)
    • (2)
  • 47レビュー
制作 : Stephen King  雨沢 泰 
  • アーティストハウス (2001年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901142465

ドラゴンの眼〈上〉の感想・レビュー・書評

  • 再読。私はきっとキングが好きなんだな。

  • 12才の娘に贈った物語だと、読み終えてから知り驚いた。児童書コーナーにあったがとても小学6年生向けとは思えないくらい面白かったから。久しぶりにワクワクさせてもらった。(2013.5)

  • 舞台は一見、平和そうな王国。
    年老いた王の二人の王子は、勇敢でドラゴンの心を持っている兄と、王に似た心弱い平凡な弟。
    王国には邪悪な魔法使いがいて、王国に悲劇と混乱を招こうと陰謀をめぐらせる。

    それぞれの登場人物の心の中が細かく描かれていて、読み応えがあり、怖い場面にドキドキしたり、登場する人たちを応援したりしながら物語の世界を楽しめた。

    著者のスティーヴン・キングが愛娘に贈った初の冒険ファンタジーだそうだけど、子供向けかどうかなんて関係なく面白かった。

  • 平和な王国、王さまに王妃さまに2人の王子。
    そして悪い魔法使い。
    舞台は絵に描いたようなファンタジーの世界。

    国王暗殺の罪で塔に幽閉される兄王子ピーター。
    代わりに実権をにぎる魔法使いフラッグ。
    言われるがままに王位を継承した弟王子トーマスは、あの日
    ドラゴンの眼からすべてを見ていた。

    フラッグと父が2人で酌み交わしていたあの夜。
    あの時の父の言葉は今でも彼の脳裏に焼きついて離れないー。

    「なんだ?今日の酒は混ざりもののような味がするぞ」

    ***
    王道をいったような世界観と筋の通ったシンプルなお話。
    なのに人の無意識の部分や言い表しにくい微妙な感情を描いていて厚みがあります。
    質の高いファンタジーという感じがして、自分の中ではかなり好きな作品。

    ただ、テンポはあまり良くないかも。読むのがしんどくなるところもあります。

  • 2013年2月2日

    <The Eyes of The Dragon>
      
    装画/たむらしげる
    装幀/岡本一宣

  • おもしろかった。期待以上。さすがはキング。ホラーではないけれど、人間の怖さをじわじわ書かせたらさすが。

  • キングが子どものために書いたファンタジー小説ですが、タワーシリーズの派生ですし、オトナが読んでも十分にワクワクします。

    老王ローランドには二人の王子がいた。ドラゴンの心を持つ勇敢な王子、兄のピーター。父親によく似ている弟のトマス。
    立派過ぎる故に兄を恨む弟。そんな弟につけこみ、王国支配を目論む魔術師フラッグ。国の行く末はどうなるのだろうか――。

    上下巻ですが、字も大きくて読みやすい。そして、兄がいつものキング節でとんでもないピンチからどう脱出するのか。王道ストーリーかもしれませんが、本当にワクワクします。

  • 児童書コーナーでよく見かけて気になったまま何年も読まなかったスティーブンキングのファンタジー

    映画化するという話をきいたので読んでみました

    今のところ
    児童書とはいえ
    ちょっと色々大人向きっぽい
    中学生向きかな

    身に覚えのない罪を着せられる
    ってシチュエーションはつらい
    がんばれピーター

  • 子供向け。
    ローランドとマーテンの因縁が描かれておりダークタワーシリーズと若干関係あり。

  • おとぎ話のような始まりなのに、やっぱりキングだった。

  • ストーリー全体としては少し盛り上がりに欠けるけれども
    場面ごとの描写による高揚感はきちんとある。
    おもちゃ箱や宝石箱の中身を手に取って眺めるようなたのしみ。
    たむらしげるのイラストが、それを更に引き立てている。

    たむらしげるの作品をじっくりと見られるだけでも価値のある一冊。

  • たんたんと進む。
    冒頭から中盤までのもっていきかたは、スピード感がある。
    章の分け方もテンポが良い。

  • 邪悪な魔術師の罠にかかり罪をきせられた王子の脱出劇。はじめ場面転換が多すぎて読みにくかったが、後半は面白くなった。

  • 私がまだ中学生だった時、初めて手に取ったスティーヴンキングの本がこれでした
    この作品は娘へのプレゼントとして書かれた、作者唯一の児童向けの小説です
    児童と言っても、中高生向けですかね
    子供向けファンタジーなのに、大丈夫なのか、と思うような描写もありますし
    ドラゴン、魔法、王、といった正当派ファンタジーなのだけれども内容はすごく薄暗い雰囲気を漂わせています
    子供の時はわくわく読めて、大人になって読むと政治や彼らの人間くささといった深いところへ、側面を変えて何度でも楽しむことができます
    作者が好きな人は、どうせ子供向けだし、と読むことをやめないでぜひ手に取ってもらいたいです

  • 『スタンド・バイ・ミー』『ショーシャンクの空に』などを手がけるスティーヴン・キングのファンタジー小説です。
    実は、キング初挑戦だったりして。ホラーが苦手なのでちょっと敬遠していたのですが、これはキング唯一の児童書ということで手に取ってみました。
    娘にあてたお話を改稿したもので、とても読みやすくスリル満点の面白い児童書でした。

    ドラゴンは序盤にちょっと出てくるだけで、基本は王国の謀略ものです。
    どんなに駄目な人間でも強かったり、立派な人間でも間違ったりと、大人になる前に知っておくべき大切な事が書かれていたと思います。
    ただ、お子様から「これどーゆー意味?」って聞かれても慌てませんように。
    上巻は特に夜の生活やらキタナイ大人の実態やら、かなりダイレクトな描写があって、正直ドギマギしました……!
    かなり容赦ない内容ですが、個人的にはその強烈なアクを中和させて児童書として成立させた読みやすく易しい翻訳が絶妙だったと思います。

  • 12歳の娘のために書いたというわりには、冒頭からがんがんセックスに関わる話がでてきて、自分が娘だったらちょっと恥ずかしかったりしそう。多少描写が冗長で、だるい部分あるにはあるが、さすがスティーブン・キングと思わせるような、人物のからませっぷりはなかなかのもの。とはいえ、大人でもそれなりには楽しめるけれど、やっぱり子ども向けかな。

  • 良いファンタジー(´∀`)

  • 小学生の時に読んで難しかったのを覚えている。わからないところがあったが、面白かったのことも覚えている!

  • 個人的にファンタジーといったらこの話。大好きです。
    キングの他の小説って読んだことないのですが、推理物とかホラーとか殺伐とした物語が多いイメージがあります。
    これは間逆。しょっぱなから下ネタ(当時の自分にとっては)入るのはびっくりしたけど。
    いやもう…フラッグの残酷さ加減に惚れぼれですよね。
    このやろうと思いつつももっと活躍してくれ、みたいな。なんなんだこのかっこいい悪役。
    そういえば小学生のころこれで感想画描いたっけな。

  • 2009/
    2009/

    リスナーに紹介された本です。

  • 図書館で借りてきた。上下巻。

    ホラーの鬼才スティーブンキングの書く児童書!っていう触れ込み?で、正直どうなのよと思いながら読みました。

    世界感はファンタジーで、王様や魔法使いやら剣やらドラゴンやらが出てくる、いかにも児童書っぽい舞台設定。
    内容も、悪い魔法使いに、王様殺しの罪をなすりつけられて投獄された賢明な王子様が、その罪を雪いで王座を取り戻す話です。

    が、ぶっちゃけ児童書っつっても中学生以上くらいが対象だろうなと(笑)
    随所にキングっぽさが滲み出てて、思わずにやりとしてしまいました。

    児童書、っつって読みたいなら別の本の方がいい。
    でも逆に、キング好きなら読んで損は無いと思います。

  • なふきん、かー

  • さすがスティーヴン・キング。
    こんなファンタジーもすてき。

全47件中 1 - 25件を表示

ドラゴンの眼〈上〉に関連する談話室の質問

ドラゴンの眼〈上〉を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ドラゴンの眼〈上〉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ドラゴンの眼〈上〉の作品紹介

ドラゴンの心を持つ勇敢な王子、ピーター。魔法の水晶を持つ邪悪な魔術師、フラッグ。正義と勇気をかけた闘いが、いまはじまる!スティーヴン・キングが愛娘ナオミに贈った初の冒険ファンタジー!闇の中に隠された真実。すべてはドラゴンが知っている。

ツイートする