不可能美術館―盗難! 破壊! 失われた至宝の数々

  • 38人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
  • U-CAN (2014年9月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901366809

不可能美術館―盗難! 破壊! 失われた至宝の数々の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 長い年月のなかで絵画や彫刻、写本など、姿を消した作品、形を変えた作品、破壊された作品、隠された作品、所有者を転々と変えオリジナルが失われた作品は多々ある。それらは複製などによってそれが存在した事実のみが残された。そういったオリジナルを目にするのが“不可能”になった作品たちを視覚的に蘇らせたのが本書美術本。

    まずはそのユニークな視点に脱帽。当然のように知らなかった作品からオリジナルがこの世にないとは知りえなかった作品まで古今東西多彩な作品揃えとなっている。掲載された数は決して多くはないが、絵や写真がただ羅列されるだけでなく個々の解説があるのが嬉しい。その上で主旨の通り何故オリジナルが失われたかの説明が掲載されている。
    名立たる芸術家たちの作品が盗みに盗まれ手に負えなくなった犯人の母親が運河に投げ捨てるなどとんでもないエピソードだが、事実なのだから仕方がない。作品を楽しみつつ、同時に美術界を取り巻く闇のようなものも読み取れるのがやるせなくも興味深い。

    不可能美術館に並べられた作品たちに想いを馳せつつ、現存している美術作品たちを想う。年月を経て、人の手を渡り海を渡り大切に保管され、時に技術をもって修復され今尚私たちの目を楽しませている。作品の一つ一つに重みを感じ、作者と作品を守ってきた人々に敬意を感じた。

  • 破壊されたり、改ざんされたり、あるいは私蔵や死蔵されたりと芸術作品は様々な事情により一般大衆の目の前から消えていく。変わってことも、消えていくこともまた芸術作品の宿命なのかもしれない。

    芸術作品は所有者個人の財なのか、それとも公共のものなのかという問いを再度考えざるを得ない。そして、たぶん、芸術作品の所有者はヴェニスの商人のシャイロックのようなものなのだろうなと思うのである。

    模写や写真などの当該作品の図版だけでなく、盗難にあった美術館の外観や、盗品の捜索の様子、また彫刻が置かれ壁画が描かれた建造物の写真もあり、とても面白く読めた。

  • 【資料ID】159285
    【分類】708.7/D87
    芸術のコーナーに並んでいます。

  • 今となっては接する事が不可能な美術品や、クリストなどのその時限りのARTを紹介している。
    収穫はラファエロの「若い男の肖像」とフェルメールの「合奏」が観られたこと。
    ラファエロの作品は第二次世界大戦のどさくさで行方不明になったらしく、余り上等ではない図版が載っている。
    サインがなく、真作ではないと言う説もあるそうだが、図版みただけでも、これはラファエロの作品に違いないと思える。そこらへんの画家に描ける絵ではない。
    行方知れずになっている多くの巨匠作品がもっと発見されるといいなと思う。

  • 琴線に触れるテーマ。破壊され、盗まれ、隠され、様々な形で失われた芸術作品を紹介する企画は素晴らしい。解説文は不親切。経緯を全てわかってる人のオシャレな書きぶりなので、事件や社会的背景を知らない人にとっては理解しづらい。図版も、サイズを小さくして良いのでもっと数を増やしてほしい。

  • 図書館で拝借。
    美術展などは年に数回行くか行かないか程度の
    超ライトなファンだけど、こちらは深い知識がない
    自分でも楽しめた。

  • 形あるものは、、、

    ユーキャンのPR
    「盗難や破壊、私蔵、上描きなどにより、今日ほとんどアクセスできない作品ばかりを集め、リアルでは絶対に「不可能」な「美術館」を紙上に開館。
    作品の貴重な写真とともに、その作品がだどった数奇な運命(読み応えのあるエピソード)が楽しめる1冊です。
    本書の出版を記念して制作した特製キャンバストートバッグがついた数量限定のセットです。

    (本書まえがきより)
    数多の絵画、彫刻、タペストリー、写本、宝飾品…。
    美術館や博物館を訪れる人の大半は、目の前に展示されている美術品がそこにあることの奇跡に、気づくことはない。
    しかし、目の前にある作品は、いずれも稀有な幸運に恵まれた、ごくごく少数派なのだ。
    盗難や破壊をまぬがれなかった多くの作品の残像(ゴースト)が、美術館には満ちている…。
    本書は、選りすぐりの美術品が辿った、時に小説よりも奇なるエピソード――幸運か、はたまた不運か、そのいずれかで作品の存滅が決した決定的な出来事――を、作品の貴重な写真とともに紹介する試みである。」
    「書籍」不可能美術館―盗難! 破壊! 失われた至宝の数々 セリーヌ・ドゥラヴォー... - ユーキャンの就職活動の神様アプリシリーズ
    https://www.facebook.com/kamiapps/posts/820354947982245

全8件中 1 - 8件を表示

不可能美術館―盗難! 破壊! 失われた至宝の数々を本棚に「積読」で登録しているひと

不可能美術館―盗難! 破壊! 失われた至宝の数々の作品紹介

盗難や破壊、私蔵、上描きなどにより、今日ほとんどアクセスできない作品ばかりを集め、リアルでは絶対に「不可能」な「美術館」を紙上に開館。
作品の貴重な写真とともに、その作品がだどった数奇な運命(読み応えのあるエピソード)が楽しめる1冊です。

不可能美術館―盗難! 破壊! 失われた至宝の数々はこんな本です

ツイートする