よせやぃ。

  • 36人登録
  • 3.55評価
    • (1)
    • (4)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 吉本隆明
  • ウェイツ (2007年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901391856

よせやぃ。の感想・レビュー・書評

  • 2012年26冊目。

    故吉本隆明さんと本の編集グループによる5回に渡る雑談を集めた本。
    歴史・思想の知識が足りずついていけない部分も多かったが、
    強調ポイントを平易な言葉で繰り返し語る吉本さんの独特な語り口のおかげで、エッセンスは強く残った。

    人間が理想の可能性を描き得る能力である『人間力』と、
    「明日お前が大臣になってみろ」と言われて、今自分のいる場所ですぐ答えられる準備の力『構想力』、
    これを半分の人が持つようになったら自然に社会が変わっていくという考えがとても印象的。
    賛否や実現可能性云々ではなく、自分をしっかり持つこと、なんだなと感じた。

    「私は聞かれたら答えますが、あまり大声では言わない方で」という言葉が多かった。
    亡くなる前に語りきれなかったこと、後世に残ることなく閉ざされてしまった知恵が、いったいどれだけあったのだろう。
    ご冥福をお祈りいたします。

  • -読中-
    『共同幻想論』に挫折して手にとった一冊。まぁ、さらっと読める感じかな。その分、大切なことを見落とさないようにしないと。

  • 「まえがきにかえて」が、吉本隆明信者過ぎて余計だった気もしますが・・。

  • 中学の恩師の塾長からいただいた一冊。
    半分くらいで挫折。哲学的でちょっと難しめだけどまた読もうかな。

    塾長も著者の一人として加わっている。

全5件中 1 - 5件を表示

よせやぃ。を本棚に「読みたい」で登録しているひと

よせやぃ。の作品紹介

「雑談をしませんか」ということから始まって、本書はできあがった。インタビューをしたのは、大学時代から断続的ではあるが関係が続いている5人。5回にわたるインタビューでは、各人が聞いてみたいことや疑問に思っていることを愚直にお伺いした。だからこそ、吉本さんには自由奔放に語っていただくことができ、これまでに類を見ない内容になっていると自負している。

よせやぃ。はこんな本です

ツイートする