子供たちは何を食べればいいのか―子供のからだは家族が守る!

  • 61人登録
  • 3.54評価
    • (4)
    • (5)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 松田麻美子
  • グスコー出版 (2003年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901423045

子供たちは何を食べればいいのか―子供のからだは家族が守る!の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こんな人にオススメ
    子育てをする上で、どんな食事が良いのか知りたい
    牛乳を最高の栄養食品と信じてる人
    牛肉が好きな人
    卵が好きな人
    マーガリンが好きな人
    健康になりたい人

  • よかったです。以前にこの方の本を読んでとても納得し、実践しようとしていたけれど、だんだんとまわりに流されたりとかして妥協したり、果物高いし、なんて朝から米でごまかしたりしているうちに、ほとんど何もできてないような感じになっていたなー。自分の事も含め、もう一度きちんとしよう、と思った。人間の子供は1歳まで母乳で育つようになっている!そして米とか小麦は1歳まで食べさせるなというのが、この本からの収穫。そうそう、アレルギーが、とかいうけど米アレルギーは少ないとかで最初はおかゆってなってるけど、別にいらないよな。チンパンジーとかも野菜、果物たべてるし、胃腸がそうなってるっていうので、すごく納得したので、離乳食の最初は、野菜&果物に決まり!
    日本人は果物=果糖=血糖値上げる、とか体冷やすとかすぐいうけど、そんなわけないな、とこれも納得です。私自身もいい母乳のために、いい食事をしよう!と思い直しました。

  • 人間は、もともとはフルータリアン(果実食主義者)であった。炭水化物や動物性タンパクは、消化に負荷の大きい食べ物であり、腸内で対流することで、腐敗する。健康な体づくりのための7つの条件
    1.新鮮な空気を吸うこと
    2.純粋な水を飲むこと
    3.体の生理機能・構造上、最もふさわしい食べ物をとること
    4.毎日適度な運動をすること
    5.十分な休養と睡眠をとること
    6.日光を豊富に取り入れること
    7.心の平静を保ち、ストレスを溜め込まない自己管理

  • つわりの時は読むだけで気持ち悪くて・・・。でも、すぐ見られるよう、本棚から出しておいた。

  • ナチュラルハイジーンという食事法を推進する書。文章は粗悪です。恣意に走りやすい主婦層の不安を扇るような文脈で、「正しい食事さえ摂っていれば人間は160歳くらいまで生きられる」等、事実無根と思われる吹聴も含まれます。ナチュラルハイジーンの食事法も、食文化というものを排除した次元でしか成立しにくいように思い、全面賛同はできませんでした。ただ、だからと言って現在の自分の食生活が決して褒められたものではないという、謙虚な気持ちにはなりました。また、子供の食生活をきちんと考えていこうと思うきっかけになりました。本書に出てくるナチュラルハイジーンのレシピで、特におやつに関してはぜひ参考にしたいと考えています。

  • お子様がいるママや、これからママになる方にお勧めの本です

  • ナチュラルハイジーンを学びたくて読んだ。


    食事メニュー例が、子供のしか載っていなかったので、

    大人バージョンもどっかで探そう

  • 分類=食生活。03年7月。

全8件中 1 - 8件を表示

松田麻美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
ジェームズ アレ...
デール カーネギ...
エンリケ・バリオ...
デール カーネギ...
デイル ドーテン
スペンサー ジョ...
ロンダ・バーン
ロンダ・バーン
有効な右矢印 無効な右矢印

子供たちは何を食べればいいのか―子供のからだは家族が守る!を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

子供たちは何を食べればいいのか―子供のからだは家族が守る!を本棚に「積読」で登録しているひと

子供たちは何を食べればいいのか―子供のからだは家族が守る!はこんな本です

ツイートする