追悼の政治―忘れえぬ人々/総動員/平和

  • 21人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Ernst J¨unger  川合 全弘 
  • 月曜社 (2005年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901477147

追悼の政治―忘れえぬ人々/総動員/平和の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あらゆる民族の統一という憧憬はわからなくもない。国境は流通を妨げ、故に局地的な不平等を齎す。歴史的多様性を保護しつつ、領土政策的統一をなさねばならない。それには戦争という治療が必要と、つづめれば平和のための戦争を肯定している。これじゃどれほど煌めきある洞察をしていようと全くダメ。きもちわるい。ユンガーは長生きした(享年103)。後に彼の政治思想が修正されたことはざっくり解説に触れるのみ。ただ、時代の体験者と未体験者との隔たりがあるのかもしれない。体験者であるユンガーの大きな悲哀を感じずにはいられなかった。

  • 「総動員」の途中まで読んだ。

全2件中 1 - 2件を表示

追悼の政治―忘れえぬ人々/総動員/平和の作品紹介

本書は、ユンガーの政治的エッセイの中でもとりわけ論争の的となっている四篇「忘れえぬ人々 まえがき/あとがき」(一九二八年)、「総動員」(一九三〇年)、「平和」(一九四五年)を「追悼の政治」というテーマの下に独自に編集した、オリジナルのエッセイ集である。

追悼の政治―忘れえぬ人々/総動員/平和はこんな本です

ツイートする