マーケティングは愛 (銀座ママ麗子の成功の教えシリーズ)

  • 73人登録
  • 3.88評価
    • (14)
    • (7)
    • (19)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 高橋朗
  • ナナ・コーポレート・コミュニケーション (2005年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901491280

マーケティングは愛 (銀座ママ麗子の成功の教えシリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 易しくマーケティングを学びたい方に

  • マーケティング入門書。読み物として面白い。このシリーズは好きです。

  • 以前からマーケティングには興味があったのですが、読んでもわからなかったり、フレームばかり出てきて、実践的に使えなかったり、意外と本を選ぶのは難しい分野でした。
    ところが自分のコーチより紹介されたこの本は、物語形式でマーケテング初心者にはたいへんわかりやすいものでした。
    もし、あなたがマーケティングの初心者でしたら、この本をご一読することをお勧めします。

    私は「売れる商品とはどのようなものか」を知ることを目的に読みました。確かにひとことでマーケティングを語るなら「愛」であるということがよくわかりました。
    お客様は、製品(モノ)がほしいのではなく、商品(コト)がほしいのです。コトとは「やりたいこと」。
    お客様のやりたいコトをかなえるモノが「商品」なのです。

    よくターゲットは一人に絞れと言われます。
    私にはその意味がよくわかりませんでした。
    しかし、「コト」をかなえるためには、すべての人の願望を聴くわけにはいきません。私は誰の「やりたいこと」をかなえるためにこの「モノ」を売るのかが分からなければ「商品」は作れないのです。
    それがわかっただけでも一読の価値がありました。

    物語形式でとても読みやすいです。ぜひどうそ。

  • 売れないヘアワックスの担当者らが、銀座のスナックに経費で入り浸る話。

  • 5年以上前に購入したものだけど、今読み返しても勉強になる。
    文句なしでおもしろい。初心者向け。

  • 小説仕立てですぐ読める。第1作目。

  • マーケティングの入門書としては、小説調で書かれてるのですごく面白いし読みやすい。

  • 銀座ママ麗子の成功の教えシリーズ1冊目。
    マーケティングを非常に分かりやすく説明しています。
    面白くて一気に読みました。

  • 「クライマーズハイ」を読んで、新聞記者になりたくなるのであれば、これを読んだら広告代理店、コンサルティング会社に入社したくなる、そんな本です。
    大学生活でもっとも影響を受けた本です。
    後輩に貸す前にもう一度読んでみました。
    文句なしの5つ☆。

    コンセプトの重要性。2WAYコミニケーションの大切さ。商品と製品の違い。ターゲットの絞込みの大切さ。モノではなく、コトが大切だ。

    なんのこっちゃと思う人は是非読んでください。マーケだけではなく、人との接し方、日頃コンビニにで買うものにまで、自分の視点が広がること間違いなし。

    最近、忘れがちであった麗子ママの教えを再びインスパイアされ、気合が入る。

  • 全ての商業活動はマーケティング。知っててそうするのと、知らないでするのでは、導かれる結果に違いがでることが感じられる赤本。簡単に読めるおすすめ本。

全10件中 1 - 10件を表示

マーケティングは愛 (銀座ママ麗子の成功の教えシリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マーケティングは愛 (銀座ママ麗子の成功の教えシリーズ)はこんな本です

ツイートする