勝負に強い人がやっていること―ここぞという時に結果を出す考え方・行動の仕方 (Nanaブックス)

  • 27人登録
  • 3.45評価
    • (1)
    • (3)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 松本整
  • ナナ・コーポレート・コミュニケーション (2007年7月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901491686

勝負に強い人がやっていること―ここぞという時に結果を出す考え方・行動の仕方 (Nanaブックス)の感想・レビュー・書評

  •  著者は、ブロ競輪選手として引退するまでの24年間、常にトップクラスの競輪選手として生き抜いてきた、正真正銘の勝負師です。
    「人生の勝負に勝つためには、一人の人間が生まれてから死ぬまでの限られた時間を、いかに生きていくべきなのかを考える必要がある」と述べています。

     詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=2443

  • 著者は
    競輪選手として
    45歳までガッツリ現役であった方。

    姿勢や考え方に
    野球の工藤投手と共通項を感じる。
    大事なことは収斂していく。。

    勝つことへの姿勢
    プロとは、こういうものだと教えてもらいました。


    それとともに
    いや、それ以上に得たモノ


    自分が授かった命に失礼のない生き方をしよう!
    見えない砂時計を背負って生きている。


    よく人生は有限だ、死を想え
    と聞きますが、あまり実感のなかった今まで。

    うん、体の一部となりつつある感覚。
    「頭ではなく、心で理解できた!」
    (ジョジョの奇妙な冒険にこんなセリフあったナ(笑))
    この感覚めっちゃ気持ちイイ♪

    この感覚を忘れぬよう
    意識せずとも、自身の姿勢となるよう
    刷り込み作業続けていきまーす。

  • さて、今年読んだ本の中でベストな本の一つに上げられる本を紹介します。
    筆者のプロフィールは以下。
    Q)松本整(まつもと・ひとし)
    1959年、京都市生まれ。1980年、競輪選手としてプロデビュー。2004年、高松宮
    記念杯(大津びわこ)をG1最高齢記録(45歳)で優勝した直後に引退。G2ふ
    るさとダービー4連覇(1996~1997)。生涯獲得賞金:11億6796万4588円。
    現在、クラブコング株式会社・代表取締役、特定非営利活動法人日本運動能力
    研究所 ・理事長、順天堂大学スポーツ健康科学部・協力研究員(UQ

    この本の衝撃を受けた一文は

    「プロフェッショナルにとって努力をするっていうのは服を着ているようなもの」

    っていう一説。
    自分は比較的結果に重視を置いて、プロセスにそれほど価値を
    見出さずに生きてきたけど、それでもどこかで
    これだけ準備したから良いだろとか考えてたと思うんです。
    だから、この本を読んで頭をガツンって殴られたような衝撃を受けました。

    努力は服を着ているくらい普通の事。
    プロフェッショナルになろう。
    結果で語れる人間になろう。

    という事で、この本はかなりお勧め。
    価値感を共有できる人にはお勧めします。

  • 【No.114】競輪選手として45歳という最高齢でG1レースを制した松本整さんの著者。「努力は服を着て歩くようなもの」「いつ何どきチャンスがきても、つかみ取るための準備が必要。そのための努力は努力の枠を超え、プロにとっては当たり前の生活習慣というところまで高める必要がある」「心臓が動いているから生きているのではない。自分の思い描いた人生を、生きようと挑戦することが、生きているということ」

全5件中 1 - 5件を表示

勝負に強い人がやっていること―ここぞという時に結果を出す考え方・行動の仕方 (Nanaブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

勝負に強い人がやっていること―ここぞという時に結果を出す考え方・行動の仕方 (Nanaブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

勝負に強い人がやっていること―ここぞという時に結果を出す考え方・行動の仕方 (Nanaブックス)はこんな本です

勝負に強い人がやっていること―ここぞという時に結果を出す考え方・行動の仕方 (Nanaブックス)のKindle版

ツイートする