情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)

  • 3725人登録
  • 3.14評価
    • (125)
    • (331)
    • (785)
    • (217)
    • (76)
  • 592レビュー
著者 : 奥野宣之
  • ナナ・コーポレート・コミュニケーション (2008年3月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901491761

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
デイル ドーテン
小山 龍介
ロンダ・バーン
ジェームズ アレ...
有効な右矢印 無効な右矢印

情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)の感想・レビュー・書評

  • 買うよりも、借りた方がいいかも・・・。

    これを読んで、実践するかどうかといわれれば微妙…。

  • 日記やメモ、アイデアなど全てを1冊にまとめようという内容。
    メリットとして、情報が分散しない、複数のノートを持ち運ばなくて良い。毎日3行書くなどのルールがないため、ルールを破る心配がない。
    いろんな情報が有機的にまとまり、相乗的なアウトプットになるなど。
    確かに、これまで3行日記を書いていて、数日間サボってしまって、無用な罪悪感を感じたりしていた。
    ルールを決めずに気楽に書くことで、書くことがより容易になると思う。
    今後、読書記録も1冊のノートにまとめるか・・・?

  • 情報を(PC使いながら)1冊のノートにまとめる方法とネタやアイデア活用法の本。

    ノートのまとめ方かと思いきや、ネタやアイデアの活用の仕方も後半ぐらいにあっていろいろ参考になりました。
    1冊にまとめるのは無理そうだけど試そうと思うものは試そうと思います。

  • 2014年時点では著者の言ってることがほとんどスマホとEVERNOTEでできるようになっっている。けれど、以前参考になるノウハウはなかなかある。

  • 私は凄くいいな、と思ったので実践中。索引作りもまったく苦にならない程度です。ちなみに、私は「紙Copi Lite」で索引をつくっています。(このフリーソフトだけでもいける気がするけど、私は紙が好きなので両方使っています。)

  • そんなことせんでもEvernoteというのがありまして

  • 著者が言うように自分にあったやり方で自分流にやっていけば良いと思う。
    私も極力1冊でまとめてそれらをいつでも持ち歩きたい派だ。私の場合はB5のルーズリーフにスケジュール帳、ネタ帳、読書ノート、日記を挟みオールインワンで持ち歩いている。ルーズリーフなら可変式に分類できるし、たまったら分類ごとにファイリングする。さすがにどこに何が書かれているかまではわからないが、後でぱらぱら見直すことは可能なので情報は完全に死なない。
    とまあ、やり方は違えど著者が言わんとしているところが、自分なりに少しでもできていたことに驚き、嬉しかった。
    ただ、見出しの付け方がまちまちだったので、著者推奨の6ケタ年月日「タイトル」は取り入れたいと思う。少しでも後から見やすいように・・・。

  • 自分にはあまり参考にならなかったかな。今はEvernoteとかが出てきて、情報をまとめるってことはやりやすくなったかな。この人はそれがない時期に自分で索引を作っていたみたいだけど、とてもそんなことはできそうにない

  • 自分には少し合わないなと思う

  • ノートの「使い方」など我流だったので参照した中の一冊。全編筋道立ててその理由を説明。全てを真似せずとも各人参考になるテクニックがあるはず。著者の人生に対する哲学的な事柄も各所に有り。目を通して損はない本。

  • スマートフォンになってからも、なんだかんだでメモをとることが
    多く、メモのとり方や保存の方法などは役に立つのかなと思う。
    エバーノートなどなど、クラウドサービスが簡単に使えるとはいえ、
    アナログで残さないといけないことや記録は結構あるものだと感じる。

  • スケジュール、日記、メモ、電話帳…と分類せず、時系列で一元的に記入することで、情報を管理するというもの。1冊のノートへの集約を徹底することで、百科事典のように「必ずある」状態が作れるのが魅力である。しかし、ノートの代替わりや索引の作成に時間と手間がかかるのが難点。また、ビジネスで多用されるA4サイズの文書については、はさみとのりで切り貼りしなければならず、再利用性が低い。本書が推奨する百円ノート方法の長所を自分流にアレンジできれば、これ以外の方法を実行する人であっても参考となる良書であろう。

  • 3年前に書かれた本だから仕方ないのかも知れないけど、ここに書かれていることはスマホ+EVERNOTEでほぼ実現できてしまう。
    その点、以前読んだ『100円ノート「超」メモ術』の方が紙のノートを使うメリットがあるので見るべき点は多いように思う。
    とは言え、タグやタイトルの付け方は参考になった。

    図書館にて。

  • 奥野宣之著「情報は1冊のノートにまとめなさい」Nanaブックス(2008)
    *家の中でも発見の機会はあります。テレビに限らず、家族との会話、窓からみえる風景、隣の家の物音、何にでも興味をもつことが大切です。
    *書いて残すことより、書いて忘れて、頭をクリアにすることの方が重要です。そうして日々着想を得ていく中で、ぽっといいアイデアが出てきたら、その都度アウトプットしていけば良いのです。

  • ノート一つに自由にまとめる手軽さを売ってる反面
    「ノートはA6」などルールが意外と多い。
    内容を踏まえ自分なりにアレンジすると良いと思います。

  • ○ なんでもノートに書き付ける。
    ○ 分類はしない。時系列を守る。

     ・年中行事の記録がすぐに調べられる。
     ・ハガキ・資料・新聞を貼り付けて保存できる。
     ・不安を書き付けてカウンセリングに使える。
     ・「情報の発酵のタネ」→いずれネタとして使える
     ・メモからネタに育てる。大量のメモから一つのアイデア。
     ・メモ癖からレスポンス人間になれる。
     ・紙ベースで考えることの重要性
     ・断片情報がつながる瞬間がある。

  • 何でもかんでもノートに書いていく、または貼っていって、その内容の索引をパソコンに入れとけばいいのだよという内容。そのパソコンへの入力が面倒なんだけど…。

  • これから自分で手帳を作ることを決めた作品。
    ある意味僕の先入観をぶった切ってくれた作品。

    この作品との出会いで僕の手帳人生が変わりそう。
    出会えてよかった!

  • ノートの書き方な本は大好きで立ち読みすることが多いですが、
    なぜか勢いで買ってしまったのがこの1冊。
    思わず100円ノートを買ってきてしまったけど、
    奥野さんのこの通りにはもちろんできずに、でもテープ糊は大好きな文房具になりました。
    結局スケジュール帳に何でも糊で貼るようになり、
    どちらかというとほぼ日手帳的なものが出来上がりつつある今日この頃。

  • 評判は良かったですが全体的にピンとこない本でした。

  • とてもシンプルとは言えない情報整理術です。ノリやハサミなんて常にもって歩けないです。

    まえがきで説いている通り、世にはたくさんの情報整理術に関する本が刊行されいますが、実践するのに負担が重過ぎてなかなか支持される決定版はでていません。本書もその1つです。アレンジさえも出来なかった。

    結局は、自分で思考錯誤を繰り返しながら、編み出した手法こそが、自分自身にあっており、完璧な情報整理術であるということです。

全592件中 1 - 25件を表示

情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)に関連する談話室の質問

情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)に関連するまとめ

奥野宣之の作品一覧

奥野宣之の作品ランキング・新刊情報

情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

情報は1冊のノートにまとめなさい 100円でつくる万能「情報整理ノート」 (Nanaブックス)はこんな本です

ツイートする