それでも仕事は「好き!」で選べ (Nanaブックス)

  • 312人登録
  • 3.65評価
    • (17)
    • (44)
    • (32)
    • (4)
    • (4)
  • 46レビュー
著者 : 田中和彦
制作 : ワタナベチヒロ 
  • ナナ・コーポレート・コミュニケーション (2009年7月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901491921

それでも仕事は「好き!」で選べ (Nanaブックス)の感想・レビュー・書評

  • 仕事がまるで面白くない、給料が上がらないからやる気にならない、もう辞めたいのだけど不景気だから・・・そんな若いビジネスマンの悩みを解消するには、結局、本当に「好き」なことを仕事にするしかない!どうすれば「好き」な仕事がわかるのか、どうやったら「好き」な仕事に就けるのか、結局「好き」な仕事なんて目指せないのでは?といった悩みや疑問を解消する1冊。

    著者の経歴がおもしろい。大学卒業後はリクルートへ入社。人事部人事課長、広報室広報課長を経て「週刊ビーイング」「就職ジャーナル」編集長に。転職して映画プロデューサーとして活躍した後、キネマ旬報社代表取締役専務になる。
    輝かしい経歴を持っているが、著者に特別な才能があったわけではなく、地道な努力の積み重ねや人の縁によってここまで導かれてきたそうだ。そんな著者の実体験や、仕事を通じて出合った多くの人物の経験がもとになっているので、この本はわかりやすくてかなり説得力があった。
    「趣味は仕事にしないほうがよい」という言葉があるが、本当にそうだろうか。できれば働き続けたいと思う私にとって、仕事は人生の大部分を占めるものになる。その大部分が自分が心から好きだと思えるものならば、人生はとても楽しくて素晴らしいものになるのではないだろうか。この本を読んで、その憧れが現実へぐんと近づいた。未来の自分が笑顔でいるために、今できることをやってみよう。少しずつでも前へ進もう!そんな前向きな気持ちになり、やる気が出てくる本だった。

  • 楽しくて寝食忘れて仕事したいなー。
    ワクワクしたいなー。
    そういう時期があったことは確かなんだが!
    何が「好き!」かを改めて考えるタイミングなのかも。
    みなさん、「好き!」な仕事してますか?

  • 好きは仕事にできる。
    趣味も世の中のニーズがあれば仕事になる。
    それまでの具体的プロセスを描く。
    希少価値の高い存在になる。
    ダブルワークという手もある。
    願い続けること、継続すること。

    好きを仕事にするまでのプロセスの描き方、地図の描き方が参考になった。
    やらないで後悔する人生よりも、やって後悔する。

  • ◆転職に迷った時に。
    なぜ好きという感情を優先したほうがいいか。色々と葛藤があるけれど、という前置きを書いてある。

    コピーライターの道へ歩むきっかけとなってくれた本です。

  • 変わらずに生きていくためには、
    自分がかわらなければならない

  • 「いかなる仕事に就いたとしても、その仕事で絶対に成功すると、100%保証されているとしたら、どんな仕事を選びますか?」
    色んな成功者の成功談を読んでみても、最初の一回で成功した人はほぼ皆無です。程度の差こそあるものの、全ての人が失敗や挫折やどん底の経験を経て、せいこうにたどりついています。
    「好きなことを仕事にする」という考え方を、「好きなことだけして生活する」と限定してしまうとかなり選択肢が狭まりますが、生活の手段を何かしら確保しながら、好きなことを仕事にすると考えると、選択の幅はずっと広くなります。

    エジソン「私は実験において一度たりとも失敗したことがな。ただ、一万通りの、上手くいかない方法を見つけただけだ」

    宮島達男 DeathClock

  • また読み直そうと思いました。

  • 自分が引かれたキーワードを羅列。
    ■「現実は甘くない」は「やらなかった」言い訳
    ■特別だと思っていた知識量が、別の場所では…
    ■もしどんな仕事でも成功するとしたら何をするかを考えてみる
    ■もしあと1年しか仕事ができないとしたら何をするかを考えてみる
    ■とにかくまずは、自分もやってみる。
    ■仕事のための「4つの力」と「5つの原則」

    などなど。
    作者の実体験を踏まえた地に足のついた自己啓発本。
    好きな仕事をするという夢を、ただきれい事で終わらせずに、好きな仕事に至るための遠回りも道なのだと論ずる点が印象深い。
    読後感がよかった。

  • 私自身、今好きなことを仕事にしていると思ってはいるが、この本を読んでみて、改めて現在の仕事(のやり方)について考えるいい機会になった。
    特に心に残ったのは「好きなことを仕事にしている自分の姿を具体的にイメージすること」「人生に無駄なことなどない。決して目の前の仕事から手を抜かない」という点だ。
    さらに、この本のメインである「好きなことを仕事にしている人に共通する4つの力」は必読。
    1.楽天力
    2.関係構築力
    3.継続力
    4.目標設定力

  • 著者の田中和彦さんが何度も言っているコトバ【『やっておけばよかった』の人生と『やっておいてよかった』の人生はちょっとの差かもしれないけど、結果としては大きな差になる。】これは響きました。後者の方がいいに決まってるけど、踏み出せない自分に背中を押された感じ。

  • 好きなモノを仕事にするということ。仕事を好きになるということ

  • やらない後悔より、「やってよかった」と思える方がいい、
    反復したい言葉。

    無理だよ、といってくる人はたいてい
    やったことない人、は納得。

    分かりきっていることが多い気もしたが
    行動を見直したくなり、前向きになれる。

  • 自分の死ぬ時間を決める。残時間で考える。
    本当に好きなこと見つける法則
    1 優先順位 限られた時間で何をする
    2 蓋を取り除く 絶対に成功すると分かっていれば何をするか
    3 過去から 長期休暇に何をしているか
    4 第三者から 人に訊く

  • 仕事でむしゃくしゃいらいらして、投げやりな気持ちになったので、
    積ん読になったままだったのを読んでみた。

    好きなことをスキルにしておければ、今までやってきた仕事との掛け合わせで、代わりのきかない人材になれる。
    やるかやらないか迷うならやるべし。
    降ってきたチャンスは逃すな。

    自分の好きを振り返ることと、
    今までの仕事を職務経歴書に落とし込んでみることをすることは、
    自分の人生の地図を書く上で必要かも。

    凹んでた自分には、ちょっと前向きな気持ちになれました。
    たくさんメモする部分、マークをした部分があったので、時々読み返したいと思います。

  • 転職するための原動力&ヒントとなる本。
    少し抽象的な内容もあるが、まずは書いていることを一つずつ試してみよう。
    迷ったり、本当にこの仕事か?と思ったら立ち戻りたい一冊。

  • 著者の年齢と体験談が率直に書かれていて共感しやすかった。

    内容は、自己啓発系の本で読んだことがあるものばかりでしたが、著者の言葉で、色々な方のリアルな経験をもとに書かれているため、頭に入ってきやすいかった。


    この本から一番伝わってきた内容は、
    「常に自分の仕事に全力で取り組むことが、自分の財産になる。」
    というものでした。

  • <閲覧スタッフより>
    どうすれば好きな仕事が見つけられるのか?どうやったら好きな仕事に就けるのか?どうせ好きな仕事なんて目指せないのでは?・・・など、仕事選びの悩みや疑問に答えてくれる本です。好きな仕事・やりたい仕事がある人もない人もぜひ読んでみてください!
    --------------------------------------
    所在番号:就資||366||ソレ
    資料番号:91033673
    --------------------------------------

  • タイトル通り、好きなことを仕事にするための考え方、生き方を説いた本。

    個人的には、すごくコンパクトに、でも効果的に読者をサポートしてくれる良書だと思う。
    なぜ好きなことを仕事にしたほうがいいのか、好きなことはどう見つるのか、趣味と仕事は違うということ、好きなことを仕事にするためのキャリアの考え方、好きなことを仕事にしている人の考え方・姿勢・・・。

    非常によく整理された章立てだし、程よく実例が混ざっていて分かりやすい。
    何より、多くの人に好きなことを仕事にしてほしいという著者の思いが、無駄のない本文の裏からにじみ出ている。

    いま全く好きなことが分からない、という人にはどう読めるのかわからないが、少なくともぼんやりと「やりたいこと」を持っていて実現への一歩が踏み出せていない人には、いいキッカケになる本だと思う。

  • 好きを仕事には否定的な意見が多いし、こんなの力がもとからあるからだろ。とか色々おもうけど読んでみて、そうじゃなくてやってみてからもの言えよ!って思えた。

  • 非常に読みやすく、前向きになれる本です。

  • "「現実は厳しい」→そもそもやったこともない人が言いがちなこと"
    すごい納得、自分がそういうタイプだから^^;
    ほんとはああいう仕事がしたかったなぁ…とか、好きな仕事が出来るほど現実は甘くないとか思ってる人にこそ、オススメしたいです。
    自分にスイッチが入る本。

  • 仕事は「好き」で選ぶなんて…と思ったけど、読んでいて、本気度が足りないんだなと思った。

    ●たとえば、もしあなたが「1ヵ月以内に5キロ痩せたら1億円プレゼントする」 と言われたら、どうしますか?
    1億円が目の前にあったと仮定しても、あなたにはダイエットが無理でしょうか?「何が何でもやってやる」と、頑張ればいい、ただそれだけなのです。
    ●最初から「なりたいもの」だった人など誰1人もいません。
    ●「やっていないこと」と「できないこと」は一緒ではありません。
    ●「辞めた方がいい」という意見は、たいていは「何もやらなかった」、もしくは「何もやっていない」人の意見です。
    ●「変えられないものに対して悶々とするくらいなら、変えられるものにエネルギーを使ったほうがよっぽどいい」

  • 好きを仕事にしたい人
    好きなことをあきらめた人
    本気でいきたい人
    絶対に成功したい人
    やりたいことがわからない人
    好きなことをみつけたい人
    好きなことを仕事にしたら嫌いになるのではと思っている人
    異業種、職種に転職したい人
    人生後悔したくない人

    勝手ながら、上記に当てはまる人に特に読んでもらいたいです。

  •  なるほどなぁ……。
     読み終えると気持ちが前向きになる一冊。

     さすが海千山千の出版業界を生き延びてきただけあり、本の構成が分かりやすく説得力があるところが見事。

  • 仕事に少し慣れてきて、とにかく閉塞感でいっぱいになってた時期に読んだ。

    がむしゃらに「会社のためにはたらくな!飛び出ろ!」と説くのではなくて、
    今あるもの、今なくて欲しいもの、変化によって得るものと失うもの、
    ひとつひとつを冷静に書いてくれた上で、
    「それでも仕事は好きで選べ」という書き方に好感が持てました。

    時々読み返してます。

全46件中 1 - 25件を表示

それでも仕事は「好き!」で選べ (Nanaブックス)に関連する談話室の質問

それでも仕事は「好き!」で選べ (Nanaブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

それでも仕事は「好き!」で選べ (Nanaブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

それでも仕事は「好き!」で選べ (Nanaブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

それでも仕事は「好き!」で選べ (Nanaブックス)の作品紹介

「好き」に向かって動けばあらゆる問題がクリアになる!4つの力と5つの原則で人生を変える。

それでも仕事は「好き!」で選べ (Nanaブックス)はこんな本です

それでも仕事は「好き!」で選べ (Nanaブックス)のKindle版

ツイートする