「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)

  • 2520人登録
  • 3.45評価
    • (113)
    • (260)
    • (270)
    • (99)
    • (23)
  • 304レビュー
著者 : 美崎栄一郎
  • ナナ・コーポレート・コミュニケーション (2009年9月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901491938

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小山 龍介
有効な右矢印 無効な右矢印

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)の感想・レビュー・書評

  • 気づいたことがあり、★を増やしました

    タイトルの「結果」。これ勘違いしてたと思う。仕事の成果ではない。自分の思考を漏れなく拾う、常にアウトプットを出すための記録の仕方は、24時間の中から仕事とそれ以外のやりたいことに関わる時間を取るためのもの。タイトルの結果とは、自分の使いたいように時間を配分し、仕事かプライベート化の二択ではなく、どちらも諦めることなく充実した日々を送れることなのではないでしょうか。
    そして、この本のノート術&メモテクニックは表面上のもので、メモやノートにここまで創意工夫と改善検証を加えることをしているのか、という姿勢を問われているように感じました。たかがノートやメモにPDCAをここまで回す。たいていはある程度作り上げたら、スタイルとして固定化していしまう。しかし著者は、本を読む限り3年くらいで、ときにはゼロベースで仕組み作りを検討・検証・改善しているようです。これって普通にできないこと。気楽な見た目にだまされていたのでは?と思い★をふやしました。
    実は、この本を読むまでこんなにアフターに時間を使っていて本業はどうなんだろう、って思っていたんですけど、とことんPDCAを回しつくしていたら、本業の結果もバランス良くでているんじゃないかな、と思いました。

  • 自己投資にはリターンを求める。
    当たり前だけど、目的がはっきりしないと読書でもセミナーでも自分にとって役立つ情報は拾えない。

  • 中学校の時、教科書やノートが色ボールペンでカラフルな出来る奴っていませんでしたか。出来る奴はどうノートを取っているか。ポイントは2つ。
    1)学んだことを確実に成果へとつなげるには、ノートに「経験」を「記録」し、ためていくことが大切。
    2)ノートにまず今日の会議で何を決めるかを予想して書いておく。会議で決まっていくことを色分けして書いていけば会議室は競馬場となる。

  • 社会人のノート活用法について悩んでたので読んでみた。

    学生のときには時間をかけてゆっくりまとめることもできたけど、
    社会人になってからはざっくりとメモ程度にガンガン書いていくから
    結局よくわからなくなっていくもので。

    前半は実際にどういうふうにノートを記録していくか、
    後半はどう応用していくかという感じ。
    最後にデジタルツールの使い方、文具の紹介。

    書評によると前半だけで良いと言うひとが多かったけど、
    いざ読んでみると自分の場合は後半のほうが良かった。

    ・三冊ノート術
    母艦ノートに時系列に記入
    スケジュールノートにマンスリースケジュール
    メモノートに小さいタスクや気付き

    ・付箋
    横に日付and締切付箋、下にしおり付箋、上にインデックス付箋

    ・会議の中では誰がいつまでに何をやるのか予想、
     結果を訂正して記載、自分にアサインされたら
     記述内容がそのまま自分のタスクサマリーに。

    ・読書でもセミナーでも、何か一つを得れば自分のためになる。
     特に読書では何かひとつ、実践することを決めるのが大事

    ・名刺の管理
     名刺ファイルに数枚たまったらファイルごとスキャンしてノートに。
     ある程度同時期のメンバーでグルーピングされており、
     かつスキャンされてるからいくらでも書き込める

    など。

  • これまた本のタイトルに惹かれて購入した一冊。ノートをうまく利用できていなかった自分にとって読みごたえのある内容。
    今まで「自分固有の経験」をためるという発想がなかった。
    「目もノート」「母艦ノート」「スケジュールノート」と3冊使い分けるのは経験が必要だと感じた。
    仕事を進める大原則にPDCAを回すことがあるが、その記録をノートに残すことが重要。「予想」「実行」「結果」をプロジェクトごとに追記していく。
    会議でも「何を決めるか」を最初に記述しておき、「いつ・誰が・何を」予想し、結果を記述するアイデアは目からうろこ。今まで長い会議をだらだら過ごしていたが、これなら充実した時間が過ごせそう。
    些細なことでもいいから、どんどんノートに書いていく練習をしなければいけないと感じた。

  • 学生の時は覚えるためにノートを使うが、社会人は忘れるためにノートを使う。
    仕事ではたった一つのことをしているのでは無く、同時にいくつもの事をマルチタスクで行っている。
    同時に仕事をこなすには、目の前の仕事に集中する必要があり、そのためには、タスクを記憶しておくのでは無く、書き出して忘れる事。

    読書を仕事の上での活用を意識するのであれば、本の情報をどう活用するかに重点をおくべきである

  • "見える化して改善点を明らかにする
    効率的な方法や失敗の理由がわかる
    経験知となる

    社会人のノートは「忘れる」ために使う

    付箋を活用する

    高級ノートでモチベーションを上げる

    1コンテンツ1ページが基本

    日付を入れる

    テープのりで実物を直接貼る

    ・資格を取るためのノート術
    ◯目的の明確化
    何のために資格を取るのかを考える
    ◯資格の活用
    取った後の自分の姿をイメージする
    ◯期間設定と計画立案
    資格取得までの期間とプランを立てる

    スケジュールノートには勉強時間をとっておく


    裏写りしないペン
    消せるボールペン
    リングノートのリーグの中に入れるペン
    ノック式蛍光ペン"

  • 奥野宣之さんを意識してるのかな。個人的には何年も前に読んだ奥野さんの著書の方がしっくり来て、楽しく読めた。

  • メモノート、母艦ノート、スケジュールノート+付箋

    母艦ノートは、PCでアウトプットするための下書き
    キャンパスノートのA5サイズ

    スケジュールノートはキャンパスダイアリー A6サイズ 薄いもの
    マンスリーで一元化、スケジュールは紙で管理

    一項目1ページ、時系列で、日付を入れる

    黒い印刷には青ペンで追記、
    テープ糊 ドットライナーテープ糊はがせるタイプで実物を貼る

    付箋を表紙裏に貼り付けておく

    コーネルメソッド=ノート、キーワード、サマリーの3つに分ける。

    毎週木曜日をバッファーとしてとっておく

    自己投資は目的を明確にする、資格の活用、期限設定をする

    仕事ノートと勉強ノートを同じノートにする
    後ろのページから書く

    読書はアクション書評を書く=アクションプラン、実行しないと意味がない

    ノートはイメージ検索、表紙をデジタル化して探す
    ノートの中身をスキャンする、テキストファイルを作って同じフォルダーに置く

    ノートパソコンを書見台にしてデジカメで撮影

    www.note272.net

  • できる人、効率のいい人は記憶するのではなく、メモ帳に記録するという文を別の場所で見たので、読んでみる。
    「あとでこれをやろう」と思いついたk十を忘れて、二度三度手間になることが少なくない。それに前にも同じことをやったが、どのようにやったのかを覚えていないこともある。経験が活かされないままのことが多い。
    この本に書かれていることを全て実行するのは難しいが、ポケットにメモ帳を入れるぐらいはやっても良いかもしれない。

  • 母艦ノートのイメージがつきにくい。具体例が複数あるが、使い方・位置づけが定まっていないように見え「メモノート,スケジュールノートとは別に情報整理用にもう一冊持て」くらいの情報しか得られなかったと思う。要するに臨機応変にやれということなのか。
    文房具,ツールの情報が豊富な部分は興味が持てた。

  • 2017/02/02再読
    メモや日記、思いつきは左から書く
    勉強は右から書く
    →本を読みながらのメモも右から書くと価値のありがちな情報が右にまとまるかしら

  • 早く職場に行きたい、めっちゃ仕事したい。めっちゃ勉強したい。

  • ノートを持ち歩く
    そこになんでも記録する

    いつでも使えるよう裏表紙に付箋を貼っておく

    webのスケジュールはプリントして持ち歩く

    ノートをスキャンして保存する

    表紙にポストカードなどを貼ってビジュアルでわかるようにする

    読書ノートは、そこからのアクションをメモする

  • 美崎さんの本は、とても分かりやすい。

    3冊ノート術。
    ○メモノート
    ○母艦ノート
    ○スケジュールノート

    何冊になるかは自分で試行錯誤することになるが、参考になった。

  • 読んだ内容をすぐに仕事に使ってみるというところは、参考になった。

  • タイトルは何を書いてるかだが、どのようなツールにどのように書いてるかが正しい。ちょっと物足りない内容。

  • メモノート 断片メモ キーワード
    母艦ノート 貼り付ける パソコンを作業する時もそばにノートを置いておく

    PDCA 予想実行結果 かかった時間を記録
    ノートに経験をためる

    スケジュールノート 3W(When,What,Where)
    メールのスケジュール管理 タグ ☆ヤフーからグーグルへ転送してタグで管理
    スケジュールをチームで共有 紙ほどアクセスが手軽なものはない ☆本の内容が古い(2009年・平成21年9月発行)

    山の手の会 月1回山手線の異なる駅で違うテーマを設けて社会人が勉強

    自己投資はリターンにこだわる
    資格 目的 活用 期限設定と計画立案
    勉強ノート 仕事ノートの後ろのページから書く

    本の内容を自分の仕事の中ですぐ使う
    要点をまとめるだけならブログを購読すれば良い

    セミナーノート リターンがなければ無意味→何を持って帰るかあらかじめ書いて臨む
    持ち帰ること 今抱えている問題をメモ

    グーグルPicasa 画像整理

  • ひと言で言えば…
    企画や営業にノートを活用したい人向けの1冊。

    感想は…
    文章が少し硬い感じなのもあり、読了に時間が掛かりました(苦笑)
    ノートと名刺を使ったアイデアは良かったと思います。
    それ以外については…微妙としか言えないです…。
    ビジネスマン向きの本かもしれませんね。

    ノートを使ってアイデアや企画を活かしたい人が読むには、良いかもしれません…。

  • 母艦ノートと普段遣いのメモ、という少なくともこの2つを使うようになったのはこの本のおかげ。情報整理する上でのひとつのベースを教えてもらった本。

  • とくに目新しいこともなく、ページ数から期待した割に内容の薄い本だが、いいことも書いてある。読書はまとめや感想よりも活用に重点を置くべし、と。
    だから取り敢えずこの本に書いてあるとおりやってみようと思う。

  • 良いことが書いてあるけど、とても真似できそうにない。筆者も何かアクションができれば良いと書いている。ノートに予想を書くことをやってみよう。

  • 【No.106】「給料を上げたいのであれば、生産性を上げるべき。休みが欲しいのであれば、効率を上げるべき」「会議がつまらない理由は、何も決まらなかったり、何も実行されなかったりして、徒労感が募るから」「自己投資において何より大切なのは、どういう成果を得るために、時間とお金をかけているか。これを明確にすること」「本を読んだら、必ず一つ、そこから何か自分が実行することを決めている。そうすることで、他人の体験を凝縮した優れた本の内容を、自らの経験に変えることができるから」「セミナーや勉強会に参加する場合、この場所で”何をもって帰るか”を先にイメージする。今、自分が直面している課題の懸念事項などをノートにメモしておくと、不思議なことにセミナーを聞きながらその問題の解決法や新しい企画を思いつくもの」

  • 自分がやることをメモする。
    行動するために読む。
    付箋の使い方いろいろ。

全304件中 1 - 25件を表示

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)に関連するまとめ

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)はこんな本です

「結果を出す人」はノートに何を書いているのか (Nanaブックス)のKindle版

ツイートする