無意識と出会う ユング派のイメージ療法—アクティヴ・イマジネーションの理論と実践1

  • 21人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 老松克博
  • トランスビュー (2004年5月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901510219

無意識と出会う ユング派のイメージ療法—アクティヴ・イマジネーションの理論と実践1の感想・レビュー・書評

  • ユングのアクティヴ・イマジネーションの技法を、分かりやすい言葉で解説しているシリーズの第1巻です。著者自身の臨床経験の中で現われたアクティヴ・イマジネーションの実例を参照しながら、とくに「アクティヴ」であるとはどういうことか、という点について、詳しく説明がなされています。

    ユング心理学についても一通り解説されているのですが、アクティヴ・イマジネーションに関係するところを中心に、簡単に触れられているだけなので、同じ著者の『アクティヴ・イマジネーション―ユング派最強の技法の誕生と展開』(誠信書房)など、他の本で補う必要があるかもしれません。理論的なことよりも、実際にアクティヴ・イマジネーションをおこなうための手引きといった性格の本ではないかという印象を受けました。

全1件中 1 - 1件を表示

無意識と出会う ユング派のイメージ療法—アクティヴ・イマジネーションの理論と実践1を本棚に「読みたい」で登録しているひと

無意識と出会う ユング派のイメージ療法—アクティヴ・イマジネーションの理論と実践1を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

無意識と出会う ユング派のイメージ療法—アクティヴ・イマジネーションの理論と実践1を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

無意識と出会う ユング派のイメージ療法—アクティヴ・イマジネーションの理論と実践1を本棚に「積読」で登録しているひと

無意識と出会う ユング派のイメージ療法—アクティヴ・イマジネーションの理論と実践1の作品紹介

ユング派精神分析のもっとも重要な技法「アクティヴ・イマジネーション」を、ごく初期の事例にしぼって解説し、いつ、どんな場合に、どう導入するか、解釈の仕方、注意事項などを具体的に示す。
 分かりやすい事例をもとに、どうすれば実践できるかを具体的に説く初級篇。

無意識と出会う ユング派のイメージ療法—アクティヴ・イマジネーションの理論と実践1はこんな本です

ツイートする