宗教の教科書 12週

  • 25人登録
  • 3.55評価
    • (3)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 菅原伸郎
  • トランスビュー (2005年1月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901510295

宗教の教科書 12週の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 知人に借りた.宗教とは何なのかについて,わかりやすくまとめられている.入門書に最適.

    ・宗教とは,信じるものではなく気づくもの.疑った末に「そういうことか,合点承知」と了解するもの.すごいしっくり来るし,宗教とはこうあるべきではないかと思った.

    ・国学者・本居宣長は恵まれて育ったために,自信の源氏物語研究では仏教の暗い闇を読み取ってれていないという話は面白い.ある程度人生苦労しないと理解できないこともあるのよね,きっと.
    QT)宣長のなんと素朴で健康なことか.傷とか懐疑とかにもっとも縁遠い魂だった

    ・宗教理解の4段階: 迷う→気づく→建てる→還る

    ・著者が元新聞記者だからか,文章が軽快で飽きない.それなのに内容がしっかり入ってくる.すごい.

  • 宗教って何だろう。それがわかれば、何が変わるのだろう。人生を深く考え、よりよく生きるために。

  • 「宗教」という言葉のイメージの払拭から

  • 「信心」それはそれで良いのだけれど妄信的すぎると公序良俗公共の福祉に反する場合もあるかもしれない。ともかく本書の第7週の「信」ではなく「覚としての宗教」第8週の「生前の浄土」「有形の神の国」への導きはそれこそ目から鱗!自らが変わることへの最大のポイントと読んだ。禅なら「悟る」浄土宗なら「往生」キ教の「回心」

全4件中 1 - 4件を表示

菅原伸郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

宗教の教科書 12週の作品紹介

朝日新聞に「こころの頁」を創ったもと学芸・宗教記者が、豊富な取材体験を生かし、いま宗教をどのように考えればよいのかを、具体的に分かりやすく説く。
 「入門する」「祈る」「迷う」「救われる」「気づく」「浄土と神の国」「殺すなかれ」「宗教理解の四段階」など、12 回の名講義。

宗教の教科書 12週はこんな本です

ツイートする