魂とは何か さて死んだのは誰なのか

  • 118人登録
  • 4.10評価
    • (18)
    • (9)
    • (14)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 池田晶子
制作 : わたくし、つまりNobody 
  • トランスビュー (2009年2月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901510738

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
池田晶子
池田 晶子
池田 晶子
村上 春樹
池田 晶子
三浦 しをん
池田 晶子
ヴィクトール・E...
池田 晶子
池田 晶子
有効な右矢印 無効な右矢印

魂とは何か さて死んだのは誰なのかの感想・レビュー・書評

  • 私としての存在の不思議と、私が私であり他者と隔絶していることの表現として「魂」に行き着いた池田さんの本。理解できないものを理解できないものとして理解するという考え方、解釈不要論など人の論理癖の行き過ぎに警鐘を与えています。「その人を考える」で自分以外の存在を池田さんがどう考察しているのか話しているのも興味深いです。その時にも「魂」から理解に乗り込もうとしています。個人的にはその先の対談で言っていた「横軸で物を語るっていうのは、事実ではなく、価値を語っているんだと思います。」というくだりがすごく好きです。彼女は価値ではなく事実を論理でとことん追及する人だからこそ、読んだ後の爽快感がたまりません。形而上学や哲学、差異学、自分探しなどに興味がある人にオススメ。

  • 恥ずかしいことにここにかかれていることの、5%も理解は出来なくて、「なぜ生きているのか」と言われても生きてるから生きてるんじゃない?と考えもせずに答えてしまう。でも本当はそういうことじゃなくて、池田さんのところに届いた若い人の手紙の中にあったある日突然何かがわかる、その感覚がわたしにはまだ来てないから、それが欲しいので、世間の常識に凝り固まったわたしの頭でそれでも考えたい。

  • ペンネーム:フライングマンさんからのオススメコメント
    いわゆる哲学に分類される本。考える本。
    「何で私は私なの」「死にたくない」「生きたくない」
    一度でも思ったり、考えたりしたことがあるあなたに読んでほしい。
    「生(ある)」と「死(なし)」の当り前であるところの驚き、当り前であるが故の確信に至ること、まちがいなし。
    まずは読めるところから読んでみよう。

    ちなみに・・・
    本のサブタイトルの『魂とは何かさて死んだのは誰なのか』は著者の墓碑銘からきています。


    OPACへ ⇒ https://opac.musashino-u.ac.jp/detail?bbid=1000024766

  • 魂について語らうことの難しさを感じながら、書くことによって考えを進めていく思索者としての試みに感服しました。

  • 池田晶子さんの死後、未発表原稿、書籍未収録原稿を集成した「「私」「魂」「死」をテーマにした3冊のうちの1冊。
    魂をテーマにしているのが本書。
    この本では、読者からの手紙や生前に親交があった著名人とのエピソードなどが多数収録されている。
    著者が言うところの「わかる人にはわかる」、の具体例になっている。
    私自身、その領域へは行けないようだが、行けないのはわかる。
    なので、もう少し、時間をかけて考えてみようと思っている。

  • 読むたびに発見してしまう

    こんなにも しなやかに
    こんなにも 自由自在に
    こんなにも 染みこんでくる

    テツガク とは
    こういうことであったのです

  • 「死とは」「私とは」「魂とは」のシリーズは圧巻である。

    このクレバーな著作に対して何をかいわんやだ。

    この中でひとつ、犬は犬という衣を着ている魂・・・と書いてあった。
    そんなペットが身近にいてよかったと思う。

全8件中 1 - 8件を表示

魂とは何か さて死んだのは誰なのかを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

魂とは何か さて死んだのは誰なのかの作品紹介

その人はなぜその人なのか?〈魂〉と名付けた不思議な気配を、哲学が辿りついた感じる文体で語り出す。
 旧版『魂を考える』(1999年、法藏館刊)を大幅増補改訂。『私とは何か』(講談社刊)『死とは何か』(毎日新聞社刊)と共に著者の思索を凝縮する。

魂とは何か さて死んだのは誰なのかはこんな本です

ツイートする