最後の思想―三島由紀夫と吉本隆明

  • 12人登録
  • 2.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 富岡幸一郎
  • アーツアンドクラフツ (2012年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901592819

最後の思想―三島由紀夫と吉本隆明の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 富岡幸一郎『最後の思想 三島由紀夫と吉本隆明』アーツアンドクラフツ、読了。鎌倉文学館での講演録をまとめた著者の三島、吉本論。左右に単純に配置できない二人の思想を読み解くという構成ながら、よくいえばオマージュとしての文芸批評だが、氏の所論の集成の真ん中。ちょとしょっぱかった。

    氏は、ミシマとヨシモトから何を間なんだろうか、、、。

    バルト論もしかりなのだが……orz

全2件中 1 - 2件を表示

富岡幸一郎の作品

最後の思想―三島由紀夫と吉本隆明の作品紹介

"果て"まで歩いた二人の冒険。三島由紀夫『豊饒の海』『日本文学小史』、吉本隆明『最後の親鸞』などを中心に、同じ戦中派として一身で二生を経た二人がそれぞれ辿りついた最終の地点を探る。

最後の思想―三島由紀夫と吉本隆明はこんな本です

ツイートする