明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト

  • 484人登録
  • 3.58評価
    • (28)
    • (44)
    • (46)
    • (10)
    • (6)
  • 63レビュー
著者 : 原田伊織
  • 毎日ワンズ (2015年1月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901622820

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高野 和明
池井戸 潤
北野 武
又吉 直樹
百田尚樹
三浦 しをん
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリストの感想・レビュー・書評

  • 視点をかえて見る幕末・明治維新。
    なるほど、これは読んでみて良かった。
    ただ、前半三分の一ほどで感じた内容が全てで残念ながら後半は蛇足の感を否めなかった。

  • 「勝者史観」
    政体の変革時には、新政体の正当性を示すために、前政体の否定、破壊を伴う。
    信長による寺社への弾圧と室町幕府の破壊しかり、秀吉による信長遺児たちへの行為しかり、家康による豊臣家滅亡しかりである。
    それを大事の前の小事ととらえるか、それとも重大な問題ととらえ、忌むべきものと考えるか。
    司馬さんが常々言っていた「明治維新から日露戦争までは良かった。昭和に入ってから魔法にかかったようにダメだった」は、所詮は結果論であり、歴史の連続性を無視しているように感じていたが、本書を読んで、それが長州の狂気に端を発して、正に歴史的に連続している事を知って、完全に腑に落ちた。

  • 勝てば官軍
    社会の安寧を維持するため、人間社会が紡いできた各種規範。
    大人の世界の話である。
    そんな大人の規範の重みを理解できないというか、無知というか、どうしようもないはねっ返り。
    塩野七生さんのベネティア共和国1千年の歴史の終焉を思った。
    コルシカ島生まれの田舎者は、ベネティア共和国がとってきた外交政策の意味が理解できなかったとしている。

    長州のはねっ返り、組織としての統率が無きに等しい奇兵隊。
    西郷の憂鬱。
    きちんとした事実資料に基づく明治維新という過ち。
    その引き継がれた資質は安倍政権にも影響が?

  • 確かネットで流れてきて興味を持ったのが初め。
    祖先が山川捨松であることも、現首相が山口県出身なのも、おおいにこの本を読むきっかけとなった。
    レビューを読んだ時は「そんなワンピースみたいな話があるわけない」と思いつつも既に読む腹は決まっていたので購入し読み始めた。
    数ページ読み進めると、著者がこれまでどれだけのデータを集めてきたか、どれだけ文献を読み込んだかがありありとわかった。
    『歴史とは血の通った人間が作り上げてきたものである(大意)』
    という著者の主張には大きく首肯する。
    (時折著者の政治的スタンスを押し付けてくるのが煩わしいが。)
    著者の頭の中には人物が存在し、それが勝手に動くのだろう。
    「◯◯はこのような人物であったからこう考えた可能性が高い」
    と言った文言が散見される。
    その著者の情熱に唸るわけだが、それよりも驚いたのが、『正史』を紐解いていっても、『学校で習う明治維新』は不可思議なことばかりであるということである。
    不可思議というか整合性が取れない。
    尊王攘夷の流れから、徳川家が潰れ、朝廷に政権が渡ったのになぜ西欧化を目指したのか。
    この観点からでもどんだけでも突っ込みどころがある明治維新。
    今まで疑問も抱かずによくここまで来たものだ。と思う。
    著者の意見を鵜呑みにするわけではないけれど、正史を疑ってかかることも非常に重要だと感じた。
    理解しきれていないところもあるのでもう一度読み直したい。

  • 幕末に関していろいろ本を読み始めてから(特に初歩的な本が多かったのですが)感じていたさまざまな疑問が半分ぐらい氷解しました。
    そして、「歴史って(勝者によって)こうして作られるのか~」ということもわかりました。
    「吉田松陰ってすごい人」っていうのは後世で薩長が自分たちを正当化した歴史のために祭り上げられたとか、
    奇兵隊はならず者の集まりとか、しかも高杉晋作ははならず者の親玉とか・・・なんとなく感じていたことを半ばボロクソに近いぐらいの書き方でした。これ大丈夫かしら?と本気で心配します。
    攘夷を唱えながら御所を襲撃するという論理思考はわけわからん、という意見には賛成。

    ただ、薩長が仕切ったせいで太平洋戦争の悲劇が起こったというのは言い過ぎというか飛躍しているような気がします。これについてはここに至る思考プロセスをもうちょっと詳しく書いてほしいですが別著にしたほうがいいんでしょうねきっと。

    これ登録の際に知ったのですが、「明治維新の過ち」会津版というのも出ているのですね。そっちも読んでみたいです。

  • 日本書紀だって勝者の記録。
    推古天皇なんて、「古(いにしえ)を、推し量れ」と読めるでしょ。『帝紀」とか『旧辞』とか焼かれたはずの歴史書が出てきたらすごい事になるんじゃ?
    本書では、勤王の志士やら松下村塾、坂本龍馬等々の実像を見せてもらった気分。
    幕末好きの芸能人が語る言葉が虚しく聞こえるようになったよ。
    ただ、江戸のシステムにも問題はあって、自身の権力を正当化する儒教的な教育・支配は結局、行き詰まるに違いなく、江戸時代の過大評価は禁物だ。

  • 子供の頃からずっと違和感を感じてきた日本史の1つがこの時代、明治維新だった。
    読み始めると目から鱗、というより腑に落ちた感じがした。

    内容は少々過激に感じるかもしれないが、薩長土肥を英雄視した明治維新を学校でも、小説でも、映画でも植え付けられてきた常識からかなり反するため、多くの方は強い違和感を覚えるだろうと思う。

    個人的には読了後、明治維新を否定することも、薩長土肥の英雄たちをさげすむ気持ちも生まれなかった。
    しかし、会津から見た明治維新を知り、明治維新に興味を持つようになった。

    会津の明治維新をもっと知って、いずれは会津を訪れたいと思っている。

  • ※私たちは、長州を核とする勝者の言に従いその後の時代を「近代」と呼び、今日の行き詰まりを迎えているのである。(原田伊織著)

  • 題名の通りの内容だ。

    題名だけ人目を引く荒い本かと思ったら、極めてしっかりした内容だった。

    常識化している司馬史観に対するこういう批判的検証は重要だ。
    倒幕から先の大戦までの連続した流れがよく見える。

    吉田松陰を神格化している長州の人にとってはトンデモ本なのだろうが。

  • 55
    秀逸である。
    幕末以降の歴史が再検証されなければいけない時期に来ているのでは?
    一体歴史学者は何をしていたのか?
    小説家に翻弄されて、この50年遊んできたのか?

  • 幕末モノは、昔は鞍馬天狗や新撰組の映画で、今はテレビで目にすることが多いが、何かスッキリしないものを感じてた。何故、吉田松陰をあそこまで祭り上げるのか?
    この書はそれに解答を与えてくれそうで読み始めた。
    著者なりの解釈・筋道を与え、納得しやすいものである。(事実か、どうかは別として!)
    曰く:
    そもそもの元凶は、かの水戸黄門のモデル光圀が作った水戸学!これがテロリストの教科書となった。
    その水戸学を、信奉したテロ指導者、吉田松陰!
    高杉晋作、久坂玄瑞、等のテロリスト!
    極めつけは、周防大島の漁師出身の世良修蔵!この男のことを極めて口穢く、罵っている!

    とにかく、著者の怨念がこもりすぎて、ウザイ!
    士族出身だからか、他を見下した表現が気になった。

    また、大東亜戦争まで、長州の責任とは、言い過ぎだろう!

    しかし、司馬史観を見直す上では参考になる良書と思う。

  • みんなの意見を聞きながら 皆で相談しながら というのは、学校のホームルームの場だけにとどめるべきであって、これを熾烈な生き残りをかける企業競争の場に持ち込んだら、残念ながらその組織=企業は確実に死ぬのである。

  • 明治維新を様々な角度から読み解いていくことは、必要だと思う。司馬さんの小説はよく読むが、このように違う視点は大切。個人的には、スタンフォード大学フーバー研究所の西先生のお話も合わせていくと明治維新が見えてくる。

  • 今、私達は、長州薩摩政権の書いた歴史を物差しとして時間軸を引いている。そもそもこの物差しが狂っていることに、いい加減気づくべきであろう。

    すっかりファンになってしまった!

  • あんなに沢山の本を調べて
    コアなネタを仕入れ、全体の
    流れで納得しかけたのに
    この本に全部書いてあった

  • おもしろさ、最高

  • 久々、眠りを忘れる本。

    半藤一利の幕末史を読んだ際に、薩長のみを奉じる靖国といいくだりなど、やはり明治以降の日本人の歴史観にはどうも薩長閥によるプロパガンダが、散りばめられたような胡散臭さを感じた。しかし、幕末ものはその後あまり手に取る事なく、読んでも説を助長するものには出会わなかったのだった。

    だからなのだが、ここにきて、目一杯楽しめたという感じだ。そもそも浦賀に黒船が来たが、黒船とはコールタールのことであって鯨油船である上、それ以前にも幾度か日本と接触があった。驚いたのは、徳川慶喜が王政復古の大号令の撤回を求めたこと。慶喜が諸外国に幕府による外交権保持を認めさせたこと。

  • 学校で学ぶ歴史というのは、どうしても年代史というか年表を字面で追う感じがして、「生きた歴史」がなかなか見えてこない気がします。社会人になって、中国の春秋戦国時代の小説を読むようになって、その時代の生きた歴史が見えてきた気がします。学校の日本史では、近代は最後の方になるので、駆け足で進んだ記憶があって、あまり頭に残ってません。明治維新もこんな状況だったのかと思うと、いまのISとさほど変わらないのでは?という気もしてきました。
    ○○維新なんて言葉があったりしますが、歴史を知っていれば恥ずかしくて使えなくなってしまいますね。そういったことを思ってしまう内容でした。

  • 幕末に活躍した長州藩の志士たちは、テロリストであり、その黒幕は吉田松陰である。高杉晋作は井上馨や伊藤博文、奇兵隊などの鉄砲玉を従えたチンピラ。そんな狂気集団が偶然、時代の流れに乗ってしまい、あれよあれよと日本の支配階層にはまってしまった。

    やがて長州テロリストたちは日本陸軍の中枢を占め、勝手に世界大戦を始めてしまう。

    幕末の長州を何よりも愛する司馬遼太郎とそのファンがからすれば、卒倒しそうなハナシだが、確かに吉田松陰と言う人物は胡散臭い。司馬遼太郎著「世に棲む日日」を読んでも、吉田松陰が一体何をしたのか、何がすごいのか、よくわからなかった。

    しかし、天下の司馬先生が記した小説にそんなツッコミは禁句。本書はそんなモヤモヤをふっ飛ばしてくれる斬新な内容だ。とはいえ、読むべき部分は前半だけだろう。後半は著者の感情的な発言が過剰だ。

  • 古事記から始まって、どの時期の歴史書も自分の都合のいいように編纂し教えてきたのだが・・・
    近代も?さももう無いかと思いきや!!
    嘘の歴史解釈があるのだな----!
    賊軍も勝てば官軍か!

  • <目次>
    第1章 「明治維新」というウソ
    第2章 天皇拉致まで企てた長州テロリスト
    第3章 吉田松陰と司馬史観の罪
    第4章 テロを正当化した「水戸学」の狂気
    第5章 二本松・会津の慟哭
    第6章 士道の終焉がもたらしたもの

  • 「歴史は勝者によって書き残され、敗者の歴史は上書きされる。」これ、真実なんだろうと思う。大河ドラマや司馬小説もあって、吉田松陰や高杉晋作、久坂玄瑞など長州の志士たちはいわばアウトローでヒーローような印象だが、どうもそうではないらしい。胡散臭い陰謀論に与する気はないが、幕末から太平洋戦争終結まで、なぜそれまで極めておとなしい国民だった日本人が変わってしまったのかが分からなかったが少し繋がった気がする。司馬遼太郎はその時代を「異胎」とか「魔法の森」と言い、なぜかその前後の日本人と分断されていると表現しているが、考えてみれば急に分断されて別の民族のようになるわけがない。ここは長州のアウトローたちが「天下」を狙って行動したと考えると割と説明がつく。「尊皇」といいながら二条城に砲弾を撃ち込み、「攘夷」といいながら維新後は諸外国と交易を開く。必要のない戊辰戦争を続け、長岡や会津を蹂躙する。そのまま帝国陸軍に連なり、勝手に大陸で戦火を広げ、無理な大戦に突入し、特攻隊の悲劇を生み出した。これは知っておいてよかった。

  • 歴史とは、勝者が自分の世を正当化した記憶、ということか。明治維新を新たな角度で見直すことができたのがよかった(そもそも明治維新という言葉自体が後に作られた言葉であると言う)。

    狂気で先を考えない長州が、弥生時代から始まり室町で花開き江戸自体で定着した日本の良き文化を滅ぼして、今の日本のようにしてしまった、という内容。
    今の世で生まれ育った身としては、何とも言えない。

    感情を全面に感じさせる文章が少々、鼻につく感はあったが、おもしろかった。

  • 明治維新を新たな観点で検証する切り口は面白いと思ったが、あまりにも悪意に満ちた筆跡に読むにつれて興ざめしてしまった。

  • 異端の幕末動乱史、
    日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト、
    明治以降とは、長州薩摩のようであり、平成の妹も引き継がれている、幕末維新に関わる歴史とは長州薩摩の描いた歴史、子供の頃から教えられ学んできた歴史、

    グラバー商会、アヘン戦争を推進して中国侵略を展開したジャーディンマチソン社の長崎代理店、薩長同盟の背景、坂本龍馬はその手先、

    長州薩摩は、徳川政権を倒すために天皇を利用、尊王攘夷と言う大義名分、

    林忠崇、 琴となり 下駄となるのも 桐の運

全63件中 1 - 25件を表示

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリストを本棚に登録しているひと

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリストを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリストを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリストを本棚に「積読」で登録しているひと

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリストの作品紹介

いまも続く長州薩摩社会。偽りに満ちた「近代日本」誕生の歴史。

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリストはこんな本です

明治維新という過ち―日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリストのKindle版

ツイートする