工学のための最適化手法入門 (工学のための数学)

  • 21人登録
  • 2.86評価
    • (0)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 天谷賢治
  • 数理工学社 (2008年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901683562

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

工学のための最適化手法入門 (工学のための数学)の感想・レビュー・書評

  • 中規模の図書館で読む。便利な本です。線形計画法はこの本から読むべきです。入門者には抜群です。それだけです。

  • Amazonのレビューでけちょんけちょんにされている本書.全100ページちょっとで説明不足は否めず,誤字・脱字もあることから,本書だけで最適化を学ぶのはさすがに無理.だが,図が豊富で直感的に理解しやすいことから,副読本として用いるのには使える.非常勤講師として最適化の講義を受け持つことになった私には参考資料として十分使える.

  • 題名の通り、工学系の分野において頻繁に使われる最適化手法がたくさん載った一冊になっていると思います。内容は広く使われている手法ばかりなので、最適化手法について学び始めた方はまずこれを読んで見るとひと通り理解出来るのではないかと思います!
    入門書だけに細かいアルゴリズムが書かれているわけではありませんが、図を数多く載せているので、直感的にその手法の特徴を捉えることが出来ます。手法間の比較についても触れられているので、より特徴を理解しやすくなっていると感じました。
    (2012ラーニング・アドバイザー/シス情KOBAYASHI)

    ▼筑波大学附属図書館の所蔵情報はこちら
    http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=1323848&lang=ja&charset=utf8

全3件中 1 - 3件を表示

工学のための最適化手法入門 (工学のための数学)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

工学のための最適化手法入門 (工学のための数学)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

工学のための最適化手法入門 (工学のための数学)を本棚に「積読」で登録しているひと

工学のための最適化手法入門 (工学のための数学)はこんな本です

ツイートする