ひとり仕事術

  • 109人登録
  • 3.18評価
    • (5)
    • (6)
    • (23)
    • (3)
    • (3)
  • 15レビュー
著者 : 中本千晶
  • バジリコ (2005年10月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901784825

ひとり仕事術の感想・レビュー・書評

  • フリーランスとしての当たり前のことが書かれていました。
    個人事業主としてはどんなものかわからない人には良いかもしれない。
    しかしあまり参考になることは特段ありませんでした。

  • 【No.207】「激しい競争社会で生き残るには、自分の実力を淡々と養っていくしかない。人一倍勉強したり、本を読んだり、人に会ったり、旅をしたり、やんちゃしたり。全部当然のこととして捉え、実践している」「予測できることに対する準備なら誰でもやっている。しかし一流の人は”予測できないこと”に対する準備も怠らないもの」「雑談やちょっとした愚痴を聞いてもらえる人間関係を確保しておくことは、心の健康のために大事なこと」「遊んでいるときに仕事のことを考えない。何かをしている最中に次のことに意識が行っていると集中できないし、疲れてしまう」「休めるときはとことん休む。ONとOFFの落差が大きければ大きいほど、仕事でも力が発揮できる」

  • 会社勤めではなく自分でビジネスを行っていくという面で、これからヨガや英語を教えたいと思う中で参考になりました

  • フリーランスの仕事をされている方の実態がすごくよくわかる本でした。
    意外と規則正しい生活をされている方が多いようですね。

  • 分かりやすいので読み進めやすい。

  •  組織に属さずに一人で仕事をするのは気楽なもんだろうと思っていましたが、組織に属さないということは、組織の強みを利用できないというデメリットもあるのだと重い知らされました。
     ひとり仕事の現実。
     一人で仕事をすることに関心がある方も、その気がない人でも、読んで勉強になる仕事術の本です。
     
     著者は実際にひとり仕事をやっておられる方のようです。
     著者紹介を見ると、何と東大法学部卒業。
     山口県で育って山口県の高校を出ているようです。
     地方の高校から東大法学部に入ったんや。
    “ひとり東大合格勉強術”も経験済みなんですね。
     
    “地方高校出身でもできるひとり仕事術の本”
    ということか。
      http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20120426/p1

  • 一人で仕事をしている訳ではないので、なんとも言えないが
    いつかそういう活動をしたら経験する事が解説されているのだろうと思う。

  • p.97まで読んだ。いったん図書館に返却(5/22)

  • 損をしないと身に付かない自由業の常識。この著作は自由業デビューが将来の選択肢にある中学生からサラリーマン、そして自由業で生計を立てている人に生産性を高めるために知っておくべきアイデアを提供する。

  • 某遊べる本屋さんに置いてあって買った本。
    フリーランス的に生きる人向けに
    様々なアドバイスが書かれている。
    おもろい。しか〜し、使う言葉の端々から独特の匂いが…
    と思ったら元リクでしたよ著者。w

  • 起業するうえで役に立つかと思い読んでみました。

    仕事に関することだけじゃなくて、一日の生活も自分でマネジメントしなくはいけないこと、また人とのつながりも大切であることがわかりました。

    もちろん独立した時の仕事に関することも書いてあり期待していた通りでした。

  • 今読んでます。

  • 一時期流行った個人起業向けの本。心構えなどが分かる。会社勤めの人にも考え方が参考になる。会社に頼る時代ではないと思うので、全ての人に向けた本だと思う。

  • 独立した考えで仕事をすすめる術。読みかけ。

全15件中 1 - 15件を表示

ひとり仕事術に関連する談話室の質問

ひとり仕事術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする