12の星の物語

  • 68人登録
  • 2.94評価
    • (1)
    • (5)
    • (18)
    • (5)
    • (2)
  • 15レビュー
著者 : 薄井ゆうじ
  • アクセスパブリッシング (2002年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (199ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901976008

12の星の物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やっぱり、教科書に載ってた『さそり座カレンダー』が一番好きです

  • 4-901976-00-1 199p 2002・12・23 1刷

  • 思った以上にファンタジー

    不思議な世界


    慣れるまで少し時間はかかるけれど
    とても好きな雰囲気

    各章で
    とってもきゅんとなる
    一文が必ずある本だった

  • おとぎ話、というのが一番合った表現なのかな。訳の分からない設定の中に放り込まれて、その中で楽しんで、頭が慣れた頃にまた放り出される感じ。それを12回。水瓶座の話とやっぱり蠍座の話が好き。あと射手座も結構好き。

  • ユーモラスな話、ちょっとブラックな話。

    星座のいろんな短編集。

  • 12の星座を題材にした短編集。
    「なんだこれ?」というのが多く、私には理解しがたい内容でした……

    蠍座と獅子座の話が印象に残っています。
    乙女座は意味不明でしたが面白かった。

    2012 2/3

  • やっぱり薄井さんの作風は好きだな。この広い宇宙で起こるちょっと不思議な出来事。切なくて心温まる短編集。挿絵が可愛くて絵本感覚で読めました。

  • 12の星座それぞれを題材にしたファンタジー小説

  • ■0961.
    <読破期間>
    H21/6/11~H21/6/12

    <本の内容>
    12の星座に秘められた12のハートフル・ストーリー。
    どこにもない世界の誰でもない人たちの物語。でも実は、あなた自身の物語…。

  • 短編でしよたよー。

    面白いのもあれば、そうでもないのも…

    お羊座とおとめ座が好きだなぁ♪

全15件中 1 - 10件を表示

薄井ゆうじの作品

12の星の物語に関連する談話室の質問

12の星の物語を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

12の星の物語を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

12の星の物語を本棚に「積読」で登録しているひと

12の星の物語はこんな本です

ツイートする