食べる女 -スローフード・スローセックス-

  • 104人登録
  • 3.08評価
    • (4)
    • (13)
    • (33)
    • (10)
    • (3)
  • 26レビュー
著者 : 筒井ともみ
  • アクセス・パブリッシング (2004年3月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901976084

食べる女 -スローフード・スローセックス-の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • みんな同じような人だからどの話がどの話かわからなくなったけど
    最後の一本、女の性器はゼロから赤ん坊、
    それに比べたら男が思う形や大きさのこだわりには
    意味ないというくだりには賛成‼︎
    それ以外の何かが一番快感を作ると私も思うから
    そこだけくっきりはっきり。
    表紙の絵が嫌いだった。
    なんだか下品。

  • 筒井ともみさんの初めて本。
    結構すきかも。また借りてみよう。

  • 前回読んだ本で凄まじい読書体験をしたので、少し心ここにあらず状態の私を現実にリハビリしてくれた本でした。なので、この本を食べ物にたとえると病院食。
    ほっこり系な女性的文章で、食欲が湧く表現というよりは、より良い生活をおくりたい欲が湧く表現だったなぁと、個人的には思います。食べるということは生きるということですからね。

  • 鶴太郎が、ある番組で、この本はおすすめ。面白い。

    そんなコメントをしていたので、手に取ってみましたが、期待を

    裏切らない内容であった。

    食べること、そして異性。これはどこかでつながっていることかもしれない。

    いきなり、知り合ったおじさんが、家で料理をしては、帰っていく。

    それが続くなか、最後には。。。

    話の展開が早く、小刻みで気持ちが良い。



    「淋しいという感情を抱きしめていれば、氷の魂がとけていくように

    やがて、静かに優しい水となって体や、心の細胞を潤してくれる」



    こんな、詩的な文章も存分にあり、一気に読んでしまう本である。

  • マズローの根源的な欲求である食・性にまつわるさわやかに軽い恋愛小説。

  • 食にまつわる男と女のお話。
    う~ん、読みづらかったぁ~
    字間かなぁ~
    内容も軽い感じだったなぁ~

  • 食べることをめぐるお話。
    思ったよりすんなり読めた。
    嫌なやつの嫌な感じの描き方が嫌な感じですごくいい。

  • 図書館にて。
    お料理の描写がどれもなかなか美味しそうで楽しめた。
    でも、どれも何となく底が浅いような…。
    読み飛ばして楽しめる作品。
    装丁も素敵。

  • いろんなタイプの女性の恋物語。
    美味しそうな食べ物がたくさん出てきて
    恋愛&料理がしたくなる本でした。

  • 食にまつわる男と女。軽い話です。

全26件中 1 - 10件を表示

筒井ともみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

食べる女 -スローフード・スローセックス-を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

食べる女 -スローフード・スローセックス-を本棚に「積読」で登録しているひと

食べる女 -スローフード・スローセックス-はこんな本です

ツイートする