SPEC magazine

  • 83人登録
  • 4.29評価
    • (11)
    • (5)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
  • ACCESS (2010年12月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (155ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784901976862

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

SPEC magazineの感想・レビュー・書評

  • 堤監督の描くハンドラの函の底には______。

    マイノリティの反乱。
    "必要悪"は本当に"必要悪"なのか。
    一人ぼっちの孤独の王(キング)ニノマエ。
    名前を捨て、顔を捨て、自分の存在を捨て、
    存在しない存在として在り続け、国に尽くす津田の切なさ。

    「事実」は"人の外部にあるもの"で
    「真実」は"人の内部にあるもの"。

    「真実」を疑い、「事実」を追う、
    事実と真実の果てしない戦いがSPECの根底なのか。

    「事実」が「真実」にすりかえられる瞬間を
    見逃してはならないと奔走する瀬文と当麻。
    すべてのフィルターがはずされて
    あぶり出されるたった1つの事実とは…。

    始まりには終わりがあり、終わりはまた始まり。
    終わらないSPECの戦いの先にある正義の在りようが楽しみ。

  • SPEC 8 話までを踏まえてラスト 2 話を語る.主要なキャスト・スタッフへのインタビューは「公式解体新書」に比べると軽い.ラストを知らされていないので語れない部分が多々あるのだろう.それに対してこの「マガジン」では,評論家など外からの視点で SPEC を語る部分がメインになっている.

    すでに結末を知っている読者にとっては的外れにとれる議論もあり,評論家としては厳しい評価にさらされるところだろう.そもそもこの本はドラマの撮影中に編集・発行されたわけで,植田プロデューサー・堤監督は後出しジャンケンでどのようにでも評論を裏切ることができたともいえる.当麻とニノマエの最後の対決から逆算したという植田プロデューサーの言説を信じればもともと外していたとも言えるのだが...

    いずれにしても読み応えがあるのは「公式解体新書」.当麻ではない戸田恵梨香やちょっとフェミニンな瀬文ではない加瀬亮のグラビアなど,違ったビジュアルに興味がある方はこちらをどうぞ.グリッドに張り付いた文章のレイアウトなど読みにくいブックデザインもあるので,やはりビジュアル先行と考えたほうがいいだろう.

  • 高まる!!

    公式曰く、エロディープサブカル本。
    戸田さんがかっこいい。

    写真がたくさんあってキレイ。

  • p.79「ビーバーのようなかわいい歯をした大食い少女の勇気は世界を救えるのだろうか。」
    3ヶ月間、当麻&瀬文コンビが好きすぎました。

  • はまりまくっているSPEC!
    写真がきれいだし、読むとこもたくさんあって楽しめました☆

全6件中 1 - 6件を表示

SPEC magazineを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする