おにいさまへ… 1 (フェアベルコミックス)

  • 45人登録
  • 3.41評価
    • (4)
    • (5)
    • (23)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 池田理代子
  • フェアベル (2006年10月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784902026283

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

おにいさまへ… 1 (フェアベルコミックス)の感想・レビュー・書評

  • なんてたって少女漫画!!!!全力で耽美!!

    女の子は綺麗で清潔で高貴なもの、男の子は野蛮で不潔で低俗なものってはっきりと描かれていると胸が熱くなります。そうはいっても女の子は恐ろしいしあるいは醜いし。でもステキだし。

    華やかな人々が人知れず不器用にいろんなものと闘っている様は実に美しい。そして儚い所がまた堪らない。

  • オルフェウスの薔薇よりも
    おにいさまへの百合の方が耽美色が強くて好きである。
    ってか、池田ワールドって濃い。
    おにいさまへは舞台が日本だもんでなかなか笑えてしまう。
    でも、あーいう思い込みの激しさがあの時の少女漫画の王道だったんだよねー
    プペちゃんと呼ばないで、サン・ジュスト様。

  • 主人公が可愛い。
    かなり詰め込んだ話だけど心理描写さすが☆

  • 「ベルばら」でおなじみの池田理代子の作品。
    名門お嬢様女子高・男装の麗人・あこがれのお兄様との文通など、たまらない設定の数々。

    真面目に読んでも、突っ込みながら読んでも楽しめると思います。
    文庫で2巻

  • ※単行本:全2巻

  • 池田理代子先生描くところの濃ゆい濃ゆい女子校世界。
    『ベルサイユのばら』『オルフェウスの窓』という2大歴史大ロマンの間にひっそりと連載されたこの作品。
    壮大なスケールを誇る代表作と比べて、あまりにも矮小で毒気に満ちた人間関係を濃密に描いたこういう世界も、作者の得意とするところである。

全7件中 1 - 7件を表示

おにいさまへ… 1 (フェアベルコミックス)を本棚に登録しているひと

おにいさまへ… 1 (フェアベルコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

おにいさまへ… 1 (フェアベルコミックス)はこんなマンガです

おにいさまへ… 1 (フェアベルコミックス)のコミック

ツイートする