アート・インダストリー―究極のコモディティーを求めて (Arts and Culture Library)

  • 95人登録
  • 3.96評価
    • (8)
    • (8)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 辛美沙
  • 美学出版 (2008年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784902078176

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
椹木 野衣
村上 隆
村上 隆
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

アート・インダストリー―究極のコモディティーを求めて (Arts and Culture Library)の感想・レビュー・書評

  • 現代アート(アーティスト)を商品として、とても現実的なお話をされている。もちろん、マクロな視点としての現代アート界の現状や歴史に対する記述も、非常に内容が濃い。個人的には、美術館の経営やマーケティングについての記述が印象深い。

  • アートの世界の現実的なところが描かれていて勉強になった。

  • 英語のビジネス書を和訳したような文体。
    実務的な内容も多くてとても参考になった。
    繰り返し読み返すべき本だったと思う。

    日本の文化遺産を貨幣に変換する、というのは悪いことではないし、日本が世界に自国文化を発信できる手段になるのだと思った。

    第二章は三人の美術関係者へのインタビューだったけれど、私のようなちょっとアートに興味があるレベルの人間では存じないような、ミーハー性・派手さの薄い、かゆいところに手が届く人選で良かった。初めて読む話題が多かった。

    【アートの価格を決める要因】
    ・アーティストの名前
    ・作品のタイトル
    ・メディア(ex,oil on canvas)
    ・サイズ
    ・制作年
    ・所有者の履歴
    ・展示の履歴(ギャラリー、美術館)
    ・掲載された新聞、雑誌、カタログなどの出版物履歴

    【PRの5つの機能】
    ・セールスプロモーション(価格の設定や営業活動など売上に関わる活動)
    ・デザイン、外観や外見、ディスプレイなど、商品やサービスに他する理解力を深め、より魅力的にみせるプレゼンテーション
    ・パンフレットやニューズレターなどコミュニケーションツールとしての出版物であるパブリケーション
    ・メディアリテーションとしてのパブリシティー
    ・不特定多数のマスを対象とした宣伝広告

    【プレスリリース】P280
    メディアとのコミュニケーションの基本的なツールで、メディアの理解を得、掲載してもらうことを目的に発行される文書のこと。独特のスタイルと形式がある。
    リリースの目的はメディアへの掲載なので、文章は簡潔に感情を入れないように、MECEに。

  • 現代アート市場とかどうやってお金が動いて成り立ってるかの概要をざくっと知るためにとてもわかりやすくて読みやすい1冊。タイトルからするとアートインフラ系に携わる人向けっぽいけど、作家活動をしてる人にこそ必要な内容かと(私は活動してないけど)。東京芸大のアートアドミニストレーションか何かの講義で使われた本。アート業界、作家がまったくわからないという人でも、作家と代表作品を集めた入門系の本を1冊事前に読むだけで難なく読めそう。

  • アート・インダストリーの現状Overview、アートの仕事の最先端を走る3名へのインタビュー、東京芸術大学 アート・アドミニストレーションの授業、と三部構成。分かりやすい。
    経済とアート、相容れないと思っているのは日本人だけかも。

  • 本当にそうだよね。。。と思う一冊。

  • アート・インダストリーのマニュアル

  • 芸大の非常勤講師でもあり、経営者でもあるお方。

    アートマネジメントを学ぶ上での待望の一冊。

    アーティストがしかるべき実践的な手法もこの本にかかれている。

全8件中 1 - 8件を表示

アート・インダストリー―究極のコモディティーを求めて (Arts and Culture Library)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アート・インダストリー―究極のコモディティーを求めて (Arts and Culture Library)を本棚に「積読」で登録しているひと

アート・インダストリー―究極のコモディティーを求めて (Arts and Culture Library)の作品紹介

周縁からメインストリームへ-アートの世界は変わった。まずはそのスタンダードとなっているルールを知ることだ。しかし、ゲームのルールを知るものは、ルールを教えない。ならば、せめて遊泳術を身につけよう。でないと簡単に溺れることになる。

アート・インダストリー―究極のコモディティーを求めて (Arts and Culture Library)はこんな本です

ツイートする