家族への夢

  • 51人登録
  • 4.17評価
    • (10)
    • (1)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : 日本ドリームプロジェクト 
  • いろは出版 (2008年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784902097238

家族への夢の感想・レビュー・書評

  • 家族への夢という文章が集められ本になったものです。
    たしかに純粋でよいのですが、だから何?という感想もあるにはあります。ただ、ちょっと心に潤いが欲しいなーとか、自分を振り返ってみようかなとか、ちょっと頑張り過ぎている自分がいるなーといった時にはよい本だと思います。

  • 体調不良のせいか、心が乾いているからか…期待よりも感動がちょっと薄かった。
    同じ年くらいの夢にはやっぱり共感できるものがあったなぁ。
    年を重ねるなかで読んでいけたらいいな。

  • 本屋さんで出会いました。でもって、このご時世にふわふわする自分をのろいました。がんばんなくちゃ。

  • 最近、両親に
    「前の彼女と別れてから、彼女はできた??結婚の予定はあるの??」と
    遠い地・東京の実家から電話越しに聞かれる(汗)

    今年で28歳。
    一人暮らしを始めてから、かれこれ丸5年が経った。

    当初は、
    わ〜い!
    一人暮らしなら家族の目も気にせず
    自由気ままに過ごせると楽しい日々だったけど
    日常生活はそれだけで済むわけもなく・・

    自分で給料稼いで、部屋の掃除から、洗濯、ゴミ出し、お風呂の掃除、御飯に関して・・と
    実際に自らの体を動かし体感していくことは一つ。


    「お父さん、お母さん、妹、ありがとう」
    自分がいかに支えられていたのか
    いかに恵まれていたのかを実感する。
    そんな気持ちがいっぱい詰まった愛情溢れる一冊。

    そこから派生し、
    「そもそも、両親が出会ってくれて、自分を生んでくれて、本当にありがとう!」という気持ち。

    そこから派生し、
    「おじいちゃん、おばあちゃんも出会ってくれて、お父さんやお母さんを生んでくれて、本当にありがとう!」という気持ち。

    そこから派生し、その上、そのまた上の先祖へと・・
    ∞ループ状態(笑)


    そんなことを思ううち
    家族に対する憧れが大きくなってきた今日この頃。
    自分の子どもに「お父さん、ありがとう!」と言ってもらえるために、これから生まれてくるであろう未だ見ぬ自分の子どものために
    「今日も一日を大事に過ごしていこう!!」と
    思うそんな今日この頃です。

  • 家族の夢、ではなく、家族への夢、というのがいいね。
    まだまだあたくしは、書けずにいるので、羨ましく、読んでました。
    今までと、本の作り方が変わっておりました。あの大きないろんな人の笑顔の写真、好きだったのにー。

全6件中 1 - 6件を表示

家族への夢を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

家族への夢を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

家族への夢を本棚に「積読」で登録しているひと

家族への夢はこんな本です

ツイートする