人生が変わる魔法の言葉―親と子・夫と妻・恋人たちのMiracle Words

  • 80人登録
  • 3.42評価
    • (4)
    • (7)
    • (21)
    • (1)
    • (0)
  • 19レビュー
制作 : William Glasser  Carleen Glasser  柿谷 正期 
  • アチーブメント出版 (2006年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (123ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784902222319

人生が変わる魔法の言葉―親と子・夫と妻・恋人たちのMiracle Wordsの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「●●をあげるから××しなさい!」とか、「どうして××できないんだ?!」といったように、だれかに何かをしてほしいとき、私たちは知らず知らずのうちに「アメとムチ」的な言葉を選んでしまっています。

    ウィリアムグラッサー博士は、これを「外的コントロール」と呼んでいます。博士は、外的コントロールが不幸な人間関係の元凶だと説き、「内発的な動機付け」こそが幸せな人間関係を築くために必要だと説いています。

    手っ取り早く言うと、「相手を変えようとする」のではなく、「相手と一緒にお互いの願望を分かち合う」アプローチです。

    この本は、ウィリアムグラッサー博士の選択理論心理学をもとに、普段パートナーに対して使っている何げない言葉を、外的コントロールのない言葉に置き換えて、その違いについて考えさせてくれます。

    ただ、英語の訳書なので、「たったそれだけのこと言うのに、そんな橋田壽賀子ドラマみたいな長いセリフ言うかよ?」と思える例が多く、ちょっと辟易します。

  • ケースと回答の突拍子のなさが面白い軽い読み物という位置づけ。選択理論の回答例なら争いは起こらないことは分かるが、結論が変わっている部分が多々あり気になる。

  • 自分の言い方は、相手との関係にどう影響するか。
    どういう言い方をすれば、相手との関係を良くしていけるか。

    それを考えさせられる本です。

    批判や叱責のような外的コントロールの言葉は関係を壊してしまいます。

    「なんで○○するの?」
    「どうして○○できないの?」
    じゃなくて
    「こうしてみない?」
    「私はこう思うんだけど、あなたはどう思う?」
    というようにしたいと思いました。

  • 子どもにかける言葉の参考に、と思って読んだ。ついつい自分の視点や価値観で声をかけてしまいがちなので、こういう本て大事だな、と思う。避難訓練のように、定期的に必要なものだな。

  • hiroetyさんからこーきへ届いた本。
    選択理論の概念は理解したつもりでいたのですが、実践の仕方がわからない。
    そんな私にピッタリの本でした。
    はじめに「外的コントロール」の言葉が書いてあり、ページをめくると「選択理論」の言葉が書いてあります。
    「とにかく早くして!」を連発した子育てを反省しつつ、今後の子育てに実践していきたくなります。
    子育て中のパパ、ママにおすすめです!

  • あっといううまに、読み終えてしまう本!!
    「選択理論の言葉」と{外的コントロールの言葉}の対比!!
    わたしなら、どっちの言葉を選ぶ??

    たまに、読み返すことで、周りの方との距離が良い意味で
    近くなるような気がします。

  •  本書は、ウイリアム グラッサー氏の「選択理論」を日常生活の中でどよような内容の会話をすれば良いかその具体例を紹介している。
     掲載されている会話文は「外的コントロール」にもとづくものと、「選択理論」にもとづくものを併記し両者を比較対照することによってより理解しやすいようになっている。
     掲載されている会話例は少なく一気に読めてしまうボリュームであった。
     私は「グラッサー博士の選択理論」を読み、選択理論に興味を持ったので本書も読んでみることにした。
     確かに日常会話の参考にはなるが、本書に掲載されている会話例だけでは日常生活に活用できない気がする。あくまで選択理論にもとづく会話の参考になる程度といった内容である。
     掲載されている会話の例文の中にはどうも主題とは合っていないものもありどうも納得できかねるところもあった。
     
     

  • 選択理論について知りたいと思って、読んでみた。
    外的コントロールの言葉を選択理論の創造性ある言葉に一頁ずつ置き換えて紹介する本で、わかりやすく、すぐ読めてしまいます。

    しかし、親子編においては、この言い方で伝わるの?と思ってしまう置き換えも。
    それは私が「外的コントロール」によって育てられたからなのかなぁ。
    それって、体罰を「愛があるなら」「信頼関係の元でなら」と肯定する人々と同じような心理かもなぁ。
    と、思ってみたり。

    今回は予備知識なく選択理論で検索し、図書館の蔵書としてあったものを借りたので、私が読みたい内容とは少し違ったかも。

  • 選択理論について調べたいと思い、図書館で数冊借りた。

    この本は、なぞなぞの本のように、1ページに一つだけ、日常的に家族などに投げかけている(外的コントロールの)言葉が書いてあり、

    ページをめくると、理想的な(選択理論の)言葉に書き直してある。

    自分が家族に日常的に使っている言葉が、テンポ良く直されて行くのが面白くてどんどん読み進んでしまう。

    10分ぐらいでざっと読むことが出来るので、選択理論とは何なのか、解説無しでもおぼろげにつかむことが出来る。

    この本が役立つと思った方は、「グラッサー博士の選択理論」を読むことを強くお勧めすると書いてある。

  • 保育園の研修で学んだ選択性理論。
    試しに一冊読んでみた。
    この本は一問一答な感じで選択性理論に基づく具体的な言葉かけが書いてある。
    読みやすいけど、もうちょっとその理論を知りたい。
    もう一冊読むかな。

全19件中 1 - 10件を表示

ウイリアム・グラッサーの作品

人生が変わる魔法の言葉―親と子・夫と妻・恋人たちのMiracle Wordsを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

人生が変わる魔法の言葉―親と子・夫と妻・恋人たちのMiracle Wordsを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人生が変わる魔法の言葉―親と子・夫と妻・恋人たちのMiracle Wordsを本棚に「積読」で登録しているひと

人生が変わる魔法の言葉―親と子・夫と妻・恋人たちのMiracle Wordsはこんな本です

ツイートする