松下幸之助から未来のリーダーたちへ

  • 154人登録
  • 4.24評価
    • (20)
    • (23)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 21レビュー
  • アチーブメントシュッパン (2010年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784902222852

松下幸之助から未来のリーダーたちへの感想・レビュー・書評

  • 松下電器の長 松下幸之助のインタビュー、書籍等からの抜粋で構成されている。
    松下幸之助の言葉が1ページあり、具体的なエピソードが数ページ補足するという流れ。

    一言一言は当たり前のことなのだが、重く説得力がある。その精神は多く共感する。
    その通りに行動すれば、尊敬されるリーダーになれそう。

    ちょいちょい読み返したい本。

  • 「”もし転んでも、そこに転がっているものをつかんでやり直そう”という積極性、根性をもつ」
    この積極性、この根性、今の自分になかった。
    思う通りに進まない現状に一人悩んでいたけれど、この言葉に自分が恥ずかしくなりました。
    そして、「何ごとも結構という気持ちが大切」の言葉で気持ちが非常に楽になりました。

    これからは「何ごとも結構」と現状を素直に受け入れ、「転んでも何かを掴んでやろう」という積極性と根性をもっていこうと思いました。

  • 松下幸之助さんの格言というか名言集の解説本であり、大変参考になる教訓を勉強出来た。

    もう一度二度読み直したい。

  • 経営の神様と言われた方の言葉はやはり含蓄があるとおもった、これからの時代に、そのまま当てはまるかは色々だから、なんと言えないけど。

  • 読み易い本。経営の神様の言葉を、今の言葉で解説しているので理解が深まる。

  • エピソードと名言がたっぷり。松下幸之助入門にはとても良いと思う。松下幸之助ならではのとても「日本人的」なエピソードだから同じ経営でも心を打つではなく心が温まるお話が多かった。

  • 2014.2.16
    松下幸之助の金言

  • 松下幸之助さんの教えが素晴らしいから、語録をまとめた本もたくさん出ているのだとは思う。いつの時代にも当てはめられること、現代ではそのテンポは許されないのでは、と思うことが読んでいて感じられた。

  • 現在のパナソニックの凋落は日本人として悲しいものもありますが、事実としてこのあとも受入、見届けなければいけません。創業者である松下幸之助氏からは経営者として学ぶべき点がたくさんあります。この本からもたくさんの学びを得られました。皆さんにも是非おすすめしたい一冊です。

  • 定番中の定番、松下幸之助先生に関する本。
    経験自体に差があるわけでは無く、その経験から生まれた感動の大小がその経験を左右する。だから大きな感動を得られる様に、感受性を日々磨かねばならない…正にその通り。
    歳を重ねれば重ねる程、反省が多くなってるのは良い事なのかな…。(笑

  •  松下幸之助さんの考え方はすごくいいと思います。この本では、『責任を果たす』、『熱意を持つ』、『衆知を集める』、『人を育てる』、『先頭に立つ』、『みずからを高める』の6つの章に各項目が分けられて構成されています。項目の中では、社員や取引先の相手に対して、松下氏がどのように言葉をかけ、その意図はどうだったかについて書かれています。
     経営者として、どのようなことを心がければいいのかということで『未来のリーダーたちへ』というタイトルになっているのだと思いますが、書かれていることはどんな立場の人にでも通用するような気がしました。『責任を果たす』という部分は会社である程度の地位にある人には必要な心構えであると思うし、『人を育てる』という部分は新人教育を担当しているような人も読んでいて参考になると思います。『熱意を持つ』という部分は夢を追いかけている人は誰でも勇気になるようなことが書かれていると思うし、『みずからを高める』という部分は学校の授業で教えてもいいのではないかと思うくらい生きていく上で心がけたいと思うことが多く書かれています。
     本の中で、松下電機は社員を育てることに重点を置いていたということが書かれています。本1冊になるくらい、社員とこういうやりとりをしたということが残されているので、それは言葉だけじゃないということがよくわかります。そのため、『人を育てる』という部分は、本当にいいエッセンスが詰まっていると思います。
     『部下の根本的な資質を見極め、生かす』『部に応じた人を求める』という項目が『人を育てる』という章の中にあります。これは、今の社会ですごく必要なことじゃないかなと思います。人間はどうしても人の短所ばかりを気にしがちです。それと同じで、いい人を集めようとして採用された人が期待外れだとがっかりして嫌になります。これはどちらも相手の長所を見落としているということだと思います。相手の長所を探して、それを仕事に生かせるようにしてあげること、それは今の会社に求められているのではないでしょうか。
     もちろん、短所ばかりを見ないで長所を見るというのは、人間関係を構築する上でも必要なことだと思います。長所をたくさん見つけてあげれば、次第に嫌な部分がそれほど気にならなくなると思います。それは、相手を受け入れるってことなのかなと思いました。

  • 松下幸之助翁の様々な講演、著作からの言葉を著者であるPHP総研の佐藤悌二郎氏が解説したもの。
    解説はともかく、翁の言葉は繰り返し読んで意味を考え続けていきたいと思う。そして自分も自らの言葉を紡ぎ出していこうと思う。まずは毎日の日記に自分の考えを書くことから始めよう。

  • 松下幸之助氏の名言、エピソードがわかりやすくまとめられています。読みやすくて心に響きました。
    ”やはり衆知というものは、集めるというよりも、集まってくるというのが、より自然で好ましい姿であろう。そのためには、衆知を集めなくてはならないという心持ちと、それにふさわしい謙虚な態度をいつまでももっていることが大切なのだと思う。”というフレーズには特に感銘を受けました。謙虚な姿勢と衆知を集めようとする意欲を持つことを肝に銘じます。

  • 『そのために社長は給料がいちばん高いんだ。社長の給料というのは、早くいえば心配料みたいなものや』




    松下幸之助の暖かいエピソードがたっぷり♪

  • 非常にモチベーションが上がる一冊です。松下幸之助の言葉には明確な根拠があるわけではないのでうが、「なるほど、そういう考え方もできるのか」と、違った方面から考えるきっかけとなります。特に、目の前の仕事だけに没頭してしまっているとき、効果があります。また、彼の言葉の中に出てくる「衆知」は、異なる方向性を持った人たちが集まる「組織」をどのように動かせば良いのか、その要となるキーワードの様に思えます。
    一度読んだだけではうまく咀嚼できない部分も多いため、忘れた頃に何度も読みたくなる本だと思います。

  • 珠玉の名言集。ひとつひとつの言葉が心に沁みます

  • 人を活かす60の叡智
    どの叡智から読んでも心に響きます。
    まさに指導者の指導者たる所以。

  • 二回目!非常に素晴らしい本。
    やはり、経営に迷いが生じた時は幸之助さんの本を読んで在り方を修正すべきだと思った。

  • 強く要望、要求する

    簡単そうで難しい
    言えそうで言えない

  • エピソードと解説付き。
    初心者向け。

全21件中 1 - 21件を表示

松下幸之助から未来のリーダーたちへを本棚に「読みたい」で登録しているひと

松下幸之助から未来のリーダーたちへを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

松下幸之助から未来のリーダーたちへのKindle版

ツイートする