働く。―社会で羽ばたくあなたへ

  • 127人登録
  • 4.00評価
    • (14)
    • (16)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
  • 27レビュー
著者 : 日野原重明
  • 冨山房インターナショナル (2010年4月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (139ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784902385878

働く。―社会で羽ばたくあなたへの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 99歳の医師から20代の若者に向けたメッセージが詰まった一冊。「人は生きていくうちに、その人になっていく。」から始まり、本書には、就職活動で悩む若者を支えてくれる印象的な言葉がたくさん散りばめられています。就職活動をこれから迎える方、就職活動中の方に、ぜひ読んでいただきたい一冊です。
    (物質科学専攻 M1)

  • 御存じ日野原先生が大学生と語り合った本

  • 自分用キーワード
    レーニン「働かざる者食うべからず」 ウィリアム・オスラー カーリダーサ「黎明への挨拶」 森本薫『女の一生』 アリストテレス「習慣とは繰り返された運動である」 音楽療法 ヘンリ・ベルグソン 神谷美恵子『生きがいについて』 アルフレッド・テニスン「わたしは、わたしが出会ってきたものの一部である」 

  • 展示期間終了後の配架場所は、開架図書(3階) 請求記号 159.7//H61

  • 人生の支えとなり、また、導きともなる言葉にあふれた一冊。

    働き始める時に、その意味は、わからない。
    続けていく中で、その意味と出会っていく。

    備えておくこと。
    プリンシプルを持つこと。
    決断すること。
    行動すること。
    変化をおそれないこと。

    ひとつひとつの言葉が、沁み入ります。

  • 決断する自分を信じぬく。この言葉にはっとした。
    誰かのために生きているのではないのだ。人の目を気にして、他人の評価を基準にしてはいけない。信じるは自分であり、信じれる自分になることにベクトルを示すのだ。
    人は一生をかけて自分の人生をかける価値のある仕事を模索する存在なのだろう…日野原先生の言葉だからか、一際心に染みた。…ってやはり人で判断している自分がいる。
    どんな一歩でもいいから勇気をもって踏み出しなさいと背中を押してもらい、頑張ろうと元気になった。
    これからだ。

  • 読み物としてはいまいちだったなー。座談会形式でしたが、メンバーのほとんどが「日野原さんはすごいです!日野原さんの言う通りです!」みたいな感じで、もっとこう反論してみたりはせんのか!?と思ってしまいました。私がひねくれているだけかもしれませんが(笑)せっかくいろんなタイプの人がいる座談会なのだから、もうちょっと様々な角度から見た意見とかも欲しかったです。

  • 若いうちに読みたかったなあ…。やっぱり長く人生を歩んで来た方の言葉はしみます。

  • 行動することが何よりも大切。決断のプリンシプルを持って、変化を恐れずに行動するほうがいい。決断はその時の岐路にしかすぎない。進みながら考えればいい。

  • 読んでから時間が経ったので内容忘れちゃいました(^^;
    なかなか良いこと言うんだな、と思った記憶はありますが。

全27件中 1 - 10件を表示

日野原重明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
ロバート キヨサ...
スペンサー ジョ...
村上 春樹
朝井 リョウ
ヴィクトール・E...
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

働く。―社会で羽ばたくあなたへを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

働く。―社会で羽ばたくあなたへを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

働く。―社会で羽ばたくあなたへを本棚に「積読」で登録しているひと

働く。―社会で羽ばたくあなたへの作品紹介

就職活動に挑む若者たち、いま、その意味を問い直す人たちへ。九十九歳の現役医師の提言。

働く。―社会で羽ばたくあなたへはこんな本です

ツイートする