ブイヨンの気持ち。 (ほぼ日ブックス)

  • 361人登録
  • 4.41評価
    • (88)
    • (44)
    • (22)
    • (0)
    • (1)
  • 62レビュー
著者 : 糸井重里
制作 : ほぼ日刊イトイ新聞  長野ともこ 
  • 東京糸井重里事務所 (2009年4月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784902516265

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小川 糸
宮部 みゆき
三浦 しをん
村上 春樹
湊 かなえ
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ブイヨンの気持ち。 (ほぼ日ブックス)の感想・レビュー・書評

  • 私はにゃんこもわんこも、嫌いではないけど、とくに好きなわけでもない。
    自分ちのにゃんこが好きなだけで、世間一般のイヌネコがぜんぶかわいいとは思ってないのです。

    でも。
    ブイちゃん、かわいい。
    もちろん、彼女がかわいいのは、天才コピーライター糸井さんの目と言葉を通しているからなんだけど、分かっていても、ハマってしまう。
    会社のパソコンの壁紙も、ブイちゃんです。
    ちょっとアホです。

    写真やコメントにも癒されますが、写真から糸井夫妻のブイちゃんやお互いへの愛情を感じて、幸せな気分になれます。

    また、犬と暮らすとはどういうことなのか、糸井さんの見解が力の抜けたやさしい言葉で綴られています。

  • もーほんまにぶいちゃんがかわいすぎて。家族の仲の良さが伝わってくる。犬を飼うということをここまで真剣に考えて、ちゃんと実践して愛情をそそぐ糸井さんと樋口さんを尊敬します。

  • 糸井さんの飄々とした語り口は好きだー。あっという間に読んでしまったよー

  • 「ブイヨンの日々」も持ってます。糸井さんの本て 私の場合、最初から読み進めるより 思いついた時に 適当な場所を開けて読むことが多いみたい・・

  • 犬好きはもちろん、そうじゃない人もきっとほっこり楽しめる本♪
    とにかくブイヨンちゃんが可愛くて可愛くて。犬の表情って人間のそれと同じで、本当に豊か。私自身、犬を飼ってみてそう思うようになった。本当に、笑顔になるんだよー。
    また糸井さんのコメントが絶妙!!途中途中で出てくる文章も素敵です。
    私も、うちの子が幸せでいられるようにこれからもがんばろう。たとえば、ボールとかね!

  • ブイちゃん、元気いっぱいでかわいい!ボール大好きなのね。
    お父さんと一緒に寝ているのもかわいい、微笑ましい!くっつきたくなるのね。

    愛犬とお散歩にいっぱい行きたくなった。
    愛犬をより観察したくなった。
    愛犬を、ヨシヨシといっぱい撫でたくなった。

  • コピーライターの糸井重里さんが
    ウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」に綴っていた“気まぐれカメラ”をまとめたもの



    愛犬・ブイヨンの可愛い写真と、糸井さんの言葉が良い良い☆

    おとうさん(糸井さん)も人間のおかあさん(樋口さん)も、犬をちゃんと見ている方々だし

    なにより!ブイちゃんの様子から、愛情いっぱいもらってるのが伝わってくる

    犬好きは、思わず「そうそう!」とうなずいてしまう


    おとうさんの寝相も見どころwwwwww

    お気に入りの1冊になった



    糸井さんご夫妻の“飼い主の心”は、本当に素敵。
    犬のこと、ちゃんと考えていて

    こういう飼い主さんが増えて欲しい と切に願う

  • 有名コピーライター糸井重里さんが主宰する、ほぼ日刊イトイ新聞の人気コーナー[愛犬ブイヨン]。
    糸井さんが日々撮った、ブイヨン写真日記と犬にまつわるエッセイを収録した本の第一段。

    写真のコメント、ブイヨンが本当にそう呟いているように読めるから不思議。
    やさしい言葉であたたかい雰囲気の本だけど、エッセイでは時に鋭い発言もあり、犬を飼うことについて読む度考えさせられる。
    もう、何回読んだかわからない。
    ほっこり癒されたり、思わず唸ったり、気づけばまた読み返している。

  • 犬好きがなごんでしまう本。最近、手軽に素人がネットを使って写真集を作る機会が増えたが、そのはしりかも。ちょうど持ち運びに良くて手に馴染むサイズだし、すてき。

  • 糸井夫妻とブイヨン君の生活を拝見しているようで、とっても心温まる一冊でした。ブイヨン君がとってものびのびと、周りの人達もそれ以上に楽しんでいて、とっても居心地のいい場所だと、自分も犬の目線で感じてしまいました。犬好きにはたまらない一冊ですよ!

  • 糸井さん夫婦には、こんなかわいいわんちゃんがいるなんて…
    見れば見るほど、ブイヨンの魅力にハマってしまう一冊。

  • 可愛いですね。犬が好きな人なら思わずニッコリしちゃうような本です。295ページもあって、見ごたえあります。

  • 糸井さん、樋口可南子さん、そしてブイちゃんの毎日が、写真を通して垣間見れます。間にある幾つかのコラムで、ブイちゃんを迎え入れるまでのエピソードや、ブイちゃんについての会話、思いなども掲載されていて、気まぐれカメらのファンには必見です。「家族っていいな」「普通の毎日に感謝!」と、読むたびにすがすがしい気持ちいなります。

  • んふ。んふふふふふふふ。

  • 糸井重里氏の愛犬ブイヨン。
    ほぼ日で更新される写真をみて一目ぼれ。ようやくエッセイ集を購入して読みました。
    可愛いです。

  • 私が飼ってた犬は数年前に病気で天国へ。
    知り合いの方がペットロスから飼った犬への愛を語るのを聞いて
    なんとなく手に取った本。
    すてきな本でした。重ねてしまうところもあるけど。
    読んでて涙が出ました。

  • ユーモアと愛に溢れた本。ブイヨンの可愛らしさと、糸井夫妻の優しい視線に癒される。

  • 糸井さんところのブイヨンちゃんの日常。やっと買えて、やっと読めました。かわいくてほっこり。

  • 読んだ、というよりは楽しんだ一冊。犬好きにはたまらない一冊でしょう。
    犬好きでなくても手元に置いて、時々読み返し癒されたい気分になると思います。

  • ブイちゃんの可愛さ 糸井さんの愛情いっぱいでユーモラスなコメント。 私の大切な1冊になりました。

  • ちょっとずつ、ちょっとずつ…
    毎晩、ちょっとずつ大切に読もうと思ってたら、いつの間にか一気に読んでしまった。

    さいごにちょっとだけ、泣いてしまいました。
    昔飼っていた、我が家の犬を思い出して。

    それくらい、この本から犬と人間の幸せを感じたのだと思います。

    糸井さんちと愛犬ブイヨンの写真日記です。

  • いい本だ。
    いい犬だ。
    いい愛だ。
    運動とかご飯とか睡眠とか色んなものが行き届いている。
    糸井さんのうつぶせ寝が新鮮。リードは、犬と手をつなぐ方法という解釈、とても好き。
    ブイヨンが全速力で走っている写真が、どれも好き。
    愛犬家は読むべし。

  • 「犬と暮らしたり、犬を幸せにできるという自信なんてなかった」

    糸井さんと同じように、犬を幸せにできなかったという後悔がある。
    だんだん犬を飼ってもいいのではないか。
    いっしょに幸せな暮らしができるのではないか。
    と思えてきた。

    犬を飼うことに前向きにさせてくれた本。
    そっと背中を押された、そんな本です。
    「犬を幸福にできなくなったとしたら、自分たちを幸せにできなくなったとき」
    ぼくもスタートの決意を忘れないようにしたい

全62件中 1 - 25件を表示

ブイヨンの気持ち。 (ほぼ日ブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ブイヨンの気持ち。 (ほぼ日ブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする