新装版 ほぼ日の就職論「はたらきたい。」 (ほぼ日ブックス)

  • 975人登録
  • 4.10評価
    • (102)
    • (101)
    • (46)
    • (11)
    • (3)
  • 117レビュー
  • 東京糸井重里事務所 (2010年4月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784902516326

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
川上 未映子
小池 龍之介
ロバート キヨサ...
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

新装版 ほぼ日の就職論「はたらきたい。」 (ほぼ日ブックス)の感想・レビュー・書評

  • 「はたらく」ってどういうことなのか、私も実際働くまで全然わかっていなかった。「就職」の向こうにあるものは曖昧模糊としていて、やたらと疲れる嘘ばかりの不気味な世界が広がっているんじゃないかと思っていた。
    本書では「はたらく」、「就職する」とはあなたにとってなんですか、と人事のプロ、漫画家、自由業集団、そしてなんと「矢沢栄吉」に話を聞いている。
    どれもおかしみたっぷりで、しかしながらいみじくもきちんと自分で自分の始末をつけてきた人たちの、現実的で哲学的な話ばかりだ。心動かされ、笑い、身につまされる。
    今日・明日の就職活動には役に立たないかもしれない。けれど、糸井さんが言うように「詳しそうだったり、大事そうだったりする地図よりも、遠くの灯のほうが、人を力づけられる」役割を果たす本だろう。そして、いま働いている人たちには存外、足元を照らす灯となるのではないだろうか。

  • 働くこと自体嫌いではないですが、自分の「働き方」とか
    会社の仕組みに、常に疑問を持っていました。
    自分が正しいと思ってることは、会社にとっては正しくなかったり、
    白と思っていたけど黒だったり、悪いと思っていたことが良いことだったりで
    そういうものなのかもしれないけれど、変な居心地の悪さみたいなものを
    どこの会社でも感じました。
    自分が気にしすぎなのもありますが、働くことってこういうことでいいのかなと、どこで働いてもごまかしながらやっていくしかないか・・・と思ってたときにこの本がほぼ日で紹介されていたのを思い出しました。

    働くことに明かりが差すような内容で、今の状況が変わるわけではないけれど、大変参考になりました。
    色んな立場の「働く」があるんだと、視野の広がるインタビューばかりでした。
    考え方が狭くなりかけたとき、またこの本を開いて勇気をもらいたいと思います。

  • 働くまでの経緯が色とりどりで面白い。
    すごく共感するとこもあった。


    作者の「何を大切にしてきたか」の問いの答えを、
    ときどき考えながら読んだが、一気に本著を読んだため、
    結局答えは出ていない。ぼんやりと浮かんではいる。
    それを言葉にしないと。。


    働くこと以前の、ほんと基本的なところなのかな。
    ちゃんと自分の気持ちと向き合っている。

    働くための目的が明確であることより、働くための原動力が明確であることの方が大切なんだなー、と。

  • はたらくことの本質を問う本。
    大事なのは、「大切にしてきたものはなんですか?」自分の身に振り返って考えてみたとき、まず私はこの質問を聞かれたくない、と思った。専門学校のようなところに進学して、この問いに答えず、一抜けしようとした歪みが今出ているのかなあ。将来の職種は決まっていたとしても、一度考え直してみる価値はある問い。そして、このことが問われるということを、学校で家庭でもっと教えるべきだと思った。これを問われるなら、問いながら生きていくのなら、社会って思ったほど怖いところじゃないぞ。この問いに目をきらきらさせて答えられるような人生を送りたいと思った。頭の片隅に留めておきたい問い。
    私なりの答え。他人に評価されること、他人より優れていること、だったけれど、それが破綻して新しい価値を探そうとしている。

  • 「もう、この一冊があればいっか」

    「ほぼ日」のアーカイブから就職に関連するものを集め凝縮した一冊。

    必勝法も、マナーも、面接対策も、自己PRも、キャリアプランも、「お辞儀の角度」も、もう、この一冊があればいっか。

  • 自分が働く上で大切にしているものは何か、見つめ直して、見つめ直して、行き詰まったら、そこが袋小路の様な気がする。別の路へ進む合図の様な物。

  • 自分が何にドキドキ、ワクワクするのかを考える。自分が大切にしてきたことは何か。

  • なにを大切にしている人か、それを聞くことで一緒に働きたい人かどうかがわかる。これって就職だけではなく、人と関わるときにすごく大切なことだと思う。いろんな人が話をしていたが、河野晴樹さんの言葉がすごく印象に残る。あとはみうらじゅん。おそらく仕事に悩んだときに一番相談しないのがみうらじゅんだが、彼の視点は最高だ。物事を俯瞰ではなく亜空間で見ている。ハゲてる人が年上とは限らない問題って笑 最高でした。

  • あとがきには、イトイさんが、遠くの灯のようであればいいと思った、というようなことを述べています。あそこに人がいるのがわかる、そういう気持ちさえあれば、各々が自分の足で歩いていけるでしょう、ということ。そして、その歩く行為が人生そのものであり、自律性であり、そのひとが主人公であるということなんです。

  • 何が自分にとって大事なのか

  • 就職することを独自の視点をもつ人たちに糸井重里が直接話を聞き、さまざまな考えを得ることができた。自分にとって大切なものは何かを考えてみたいと思う。

  • 「憂鬱じゃなければ仕事じゃない」が
    あまりに強烈な仕事論だったので、

    糸井重里パパインタビューによる
    平易なことばの「働くこと考」で中和したくなりました。

    やっぱりLOVEです。

    仕事を自分の手で、
    作っていくという道を選んだわたしには、
    この表紙の樹のように、どっしりとした根を張ってくれることでしょう。

    途中途中で出てくる、みうらじゅんさんのコーナーが
    ひどくバカバカしくて、これぞ息抜き。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ・糸井さんがやってきたことのひとつは、「こんなにいいものがあるけど、知ってる?」ということだと思うんですよ/河野晴樹(採用のプロ)

    ・河野:新卒の面接をやる場合、「君がさ、これまで大切にしてきたことって何?」という、ものすごく概念的な質問で十分なんですよ。「本当に大切にしてきたことは何?あるのないの?」って。「それは、言葉になってるの?」そういうことですね、聞きたいのは。
    糸井:面接官がそう思ってるんだって知ったとき、「聞いてもらえた!」といううれしさと、「やばい、聞かれた!」というあせりと、どっちかの反応しか、ないですよね。


    ・高校生までウソつきだったけど、大学生になってからはとにかく愚直に、目立ちはしなかったけど、ウソをつかずにやってきた。できるだけ、誤魔化さないようにしてきた、これって、答えとして全然OKですよね?

    ・「市場をつくる」のが、仕事ですから。それ以上、何があります?/糸井重里


    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

    ・基本的に、間違ってても言ってくれないですよ、フリーの人には。そんな優しい人、いないですね/天久聖一(漫画家)。

    ・ディズニーが「絵を描かない」と決めた判断力はすごかった、と僕は思います。なぜならそのことによって、ディズニー自身が、「自分で描いてることの狭さ」から脱出できたのですから。/高畑勲(スタジオジブリ)


    ・人が「バカだ、バカだ」って言うことをやろうとする人たちがやっぱり不可能を可能にできる。
    ぼくも、映画監督になるって言って親戚中に大笑いされましたから。李相日(映画監督)


    ・さぞ、えらそうに永田(照喜治・永田農法創始者)さんに命令した人はいっぱいいたでしょうし、バカにした人たちもいっぱいいたでしょう。そこで、永田さんは、何をしていたか?植物としゃべっていたんです、いつも。
    過酷なところで育ったミカンがなんでうまいのか?「そういうこともあるよな!」ということではすまさないで、ずうっとミカンとしゃべり続けたんだと思います。/山田玲司(漫画家)

    ・こつこつ、こつこつ、やってるのよ(笑)/糸井重里


    ・あのね、なくしたものも、ものすごいから。窮屈なのも、ものすごいから。「矢沢」辞めたいと思ったこと何度もあるからね。「矢沢」なんか、ヘドが出ると思ったことあるよ。/矢沢永吉

    ・10年間、毎日ずうっとやって、もしそれでモノにならなかったら、俺の首、やるよ/吉本隆明(詩人・思想家)

    ・春になったら、いろんな現場に
    新人たちが新しいことをするために向かって行くと思う。
    何もできないことを知るために、これからの一年がある、と言っても過言ではない。かっこよく「何もできないやつ
    」になろうね。/糸井重里

  • なぜはたらくのか。なんのためにはたらくのか。はたらくってどういうことか。答えは出ないけど、何人もの考え方を読んでいるうちに、そのヒントが得られる気がする。

  • 『はたらく』に関して、ときに緩く、ときに真剣に議論された対談集。就職について、心にフォーカスしていることが特色。

    優良企業の見分け方〜とか、内定を取る方法〜とか、キャリアの積み方が〜などの本がほとんどですが、人間としての正直なきもちが綴られています。

    自分の正直な気持ちがわからなくなったときに、巷にあふれるマッチョな話につかれたときに、スキルノウハウの話にあきあきしたころに・・そんなあなたにはこの本を処方します!

    ちなみに、電子書籍版は巻末に『はたらく』に関する、様々な人の言葉が載せられています。このボリュームが本当にたっぷり。この部分こそ、書籍版に欲しかった...!

  • 就職活動に際して大切なのは、自分は何を大切にしているか、してきたかということ。

    様々な立場の方の声として、このことが伝わってくるのは自分にとって少し勇気になりました。

    それと同時に、様々な立場の方が、「何が正しいのか分からない」と言ってくれることも、自分にとって勇気になりました。

    これを免罪符にいわゆるマニュアルを全く学ばなくていい、というわけではないと思いますが、この1冊で正直になれたような気がしました。

  • 15.nov.10

    図書館で借りたけど、途中で読むのやめた。
    途中に入ってるみうらじゅんのコーナーがふざけすぎてるし、いいなと思う言葉に出会えなかった。
    いろんな人がいろんな働き方してるよ、ってことが言いたかったのかな。

    転職活動中だから借りたけど、もういいや。

  • ほぼ日コンテンツを先に読んでいて、手元にも欲しいと思い購入。

    本として出版されたのは7年以上も前というのに、内容は全く古くない。

    はたらくこと、はたらくを楽しむこと。働くことや、社会に出ることについて、辛い、嫌な面ばかりクローズアップされがちだけれど、仕事から得られる満足とか、喜びとかも確かにあると、社会人になったからこそわかる。

    転職したてのこの時期に、再読できて良かった。また時々読み返したい。

  • 働けない以外は
    みんな働いてる!

    いい人生をおくりたい。
    そん思いから働くはうまれている。

    素直な本、脱がせてくれる一冊。

  • しりあがり寿
    上の人が「これ、ほんとに大丈夫なの?」って聞いてくることありますよね。そのときって、もう理屈とか裏づけとかじゃなくて、上の人は「任せてください!」って言ってほしがってるわけですよね。

  • どんな業種でも、共通するものがある。「働く」ということを広い視野で色んな人の立場から考えさせてくれる、そんな一冊。就活前にもう一度読みたい。

  • 本は、相手の背景・考え方を知ることが出来る貴重な資材だと感じています。
    この本には、テーマ「就活論」を軸にした、対談者の経験に基づいたありのままの考え方を知る事が出来ました。
    特に、就職活動とは縁がなかった矢沢永吉や板尾創路などアウトサイダーな人々の話には、現在就活中の自分が何故就職活動を行っているのか深く考えさせられるものがあります。
    矢沢永吉「自分の人生の生き方を時代・国・他人のせいにして生きてはいけない」
    天久聖一「たまにはキャパを超えたものも引き受けないと、力になっていかない」
    板尾創路「着地点がわからない仕事を引き受けると楽しいんですよ。あー自分でもここに着地したか!ってなって」
    チャンスはいつも唐突に自分の手に負えない感じでやってくる!何事にもチャレンジやね!
    後は、採用のプロと糸井重里の対談などもあるので、就活の心の持ち方も大変参考になりました。就職活動生にお勧め!

全117件中 1 - 25件を表示

新装版 ほぼ日の就職論「はたらきたい。」 (ほぼ日ブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新装版 ほぼ日の就職論「はたらきたい。」 (ほぼ日ブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新装版 ほぼ日の就職論「はたらきたい。」 (ほぼ日ブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新装版 ほぼ日の就職論「はたらきたい。」 (ほぼ日ブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

新装版 ほぼ日の就職論「はたらきたい。」 (ほぼ日ブックス)はこんな本です

新装版 ほぼ日の就職論「はたらきたい。」 (ほぼ日ブックス)のKindle版

ツイートする