新装版 ほぼ日の就職論「はたらきたい。」 (ほぼ日ブックス)

  • 985人登録
  • 4.09評価
    • (103)
    • (102)
    • (47)
    • (11)
    • (3)
  • 117レビュー
  • 東京糸井重里事務所 (2010年4月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784902516326

新装版 ほぼ日の就職論「はたらきたい。」 (ほぼ日ブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「はたらく」ってどういうことなのか、私も実際働くまで全然わかっていなかった。「就職」の向こうにあるものは曖昧模糊としていて、やたらと疲れる嘘ばかりの不気味な世界が広がっているんじゃないかと思っていた。
    本書では「はたらく」、「就職する」とはあなたにとってなんですか、と人事のプロ、漫画家、自由業集団、そしてなんと「矢沢栄吉」に話を聞いている。
    どれもおかしみたっぷりで、しかしながらいみじくもきちんと自分で自分の始末をつけてきた人たちの、現実的で哲学的な話ばかりだ。心動かされ、笑い、身につまされる。
    今日・明日の就職活動には役に立たないかもしれない。けれど、糸井さんが言うように「詳しそうだったり、大事そうだったりする地図よりも、遠くの灯のほうが、人を力づけられる」役割を果たす本だろう。そして、いま働いている人たちには存外、足元を照らす灯となるのではないだろうか。

  • 働くこと自体嫌いではないですが、自分の「働き方」とか
    会社の仕組みに、常に疑問を持っていました。
    自分が正しいと思ってることは、会社にとっては正しくなかったり、
    白と思っていたけど黒だったり、悪いと思っていたことが良いことだったりで
    そういうものなのかもしれないけれど、変な居心地の悪さみたいなものを
    どこの会社でも感じました。
    自分が気にしすぎなのもありますが、働くことってこういうことでいいのかなと、どこで働いてもごまかしながらやっていくしかないか・・・と思ってたときにこの本がほぼ日で紹介されていたのを思い出しました。

    働くことに明かりが差すような内容で、今の状況が変わるわけではないけれど、大変参考になりました。
    色んな立場の「働く」があるんだと、視野の広がるインタビューばかりでした。
    考え方が狭くなりかけたとき、またこの本を開いて勇気をもらいたいと思います。

  • 働くまでの経緯が色とりどりで面白い。
    すごく共感するとこもあった。


    作者の「何を大切にしてきたか」の問いの答えを、
    ときどき考えながら読んだが、一気に本著を読んだため、
    結局答えは出ていない。ぼんやりと浮かんではいる。
    それを言葉にしないと。。


    働くこと以前の、ほんと基本的なところなのかな。
    ちゃんと自分の気持ちと向き合っている。

    働くための目的が明確であることより、働くための原動力が明確であることの方が大切なんだなー、と。

  • はたらくことの本質を問う本。
    大事なのは、「大切にしてきたものはなんですか?」自分の身に振り返って考えてみたとき、まず私はこの質問を聞かれたくない、と思った。専門学校のようなところに進学して、この問いに答えず、一抜けしようとした歪みが今出ているのかなあ。将来の職種は決まっていたとしても、一度考え直してみる価値はある問い。そして、このことが問われるということを、学校で家庭でもっと教えるべきだと思った。これを問われるなら、問いながら生きていくのなら、社会って思ったほど怖いところじゃないぞ。この問いに目をきらきらさせて答えられるような人生を送りたいと思った。頭の片隅に留めておきたい問い。
    私なりの答え。他人に評価されること、他人より優れていること、だったけれど、それが破綻して新しい価値を探そうとしている。

  • 「もう、この一冊があればいっか」

    「ほぼ日」のアーカイブから就職に関連するものを集め凝縮した一冊。

    必勝法も、マナーも、面接対策も、自己PRも、キャリアプランも、「お辞儀の角度」も、もう、この一冊があればいっか。

  • 自分が働く上で大切にしているものは何か、見つめ直して、見つめ直して、行き詰まったら、そこが袋小路の様な気がする。別の路へ進む合図の様な物。

  • 自分が何にドキドキ、ワクワクするのかを考える。自分が大切にしてきたことは何か。

  • なにを大切にしている人か、それを聞くことで一緒に働きたい人かどうかがわかる。これって就職だけではなく、人と関わるときにすごく大切なことだと思う。いろんな人が話をしていたが、河野晴樹さんの言葉がすごく印象に残る。あとはみうらじゅん。おそらく仕事に悩んだときに一番相談しないのがみうらじゅんだが、彼の視点は最高だ。物事を俯瞰ではなく亜空間で見ている。ハゲてる人が年上とは限らない問題って笑 最高でした。

  • あとがきには、イトイさんが、遠くの灯のようであればいいと思った、というようなことを述べています。あそこに人がいるのがわかる、そういう気持ちさえあれば、各々が自分の足で歩いていけるでしょう、ということ。そして、その歩く行為が人生そのものであり、自律性であり、そのひとが主人公であるということなんです。

全117件中 1 - 10件を表示

ほぼ日刊イトイ新聞の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
川上 未映子
村上 春樹
村上 春樹
小池 龍之介
有効な右矢印 無効な右矢印

新装版 ほぼ日の就職論「はたらきたい。」 (ほぼ日ブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新装版 ほぼ日の就職論「はたらきたい。」 (ほぼ日ブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新装版 ほぼ日の就職論「はたらきたい。」 (ほぼ日ブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

新装版 ほぼ日の就職論「はたらきたい。」 (ほぼ日ブックス)はこんな本です

新装版 ほぼ日の就職論「はたらきたい。」 (ほぼ日ブックス)のKindle版

ツイートする