週末だけの恋人 (アイノベルズ)

  • 12人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (1)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 小塚佳哉
制作 : 椎名 咲月 
  • 雄飛 (2005年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784902543223

週末だけの恋人 (アイノベルズ)の感想・レビュー・書評

  • 年下攻  ワンコ攻  ツンデレ受  誘い受

  • ●あらすじ●</br></br>
    一夜の快楽の相手を捜すため訪れたいつものバーで、見覚えのある男・篤志に声をかけられた千彰。どこで出会ったのか思い出せないまま、篤志が与えてくれる淫らな快楽に溺れ、週末に身体を重ねるだけの関係を続けてしまう。だが、真っ直ぐに自分の気持ちをぶつけてくる篤志に、千彰はいつしか心が揺らぎ始める---。初めて抱かれた相手に裏切られてから、もう誰も愛さないと決めていたはずだったのに・・・。</br></br>

    ●感想●</br></br>
    ワンコ年下攻×ツンデレ美人受・・・作者・談。</br>
    <a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/redirect?link_code=ur2&camp=247&tag=makishome09-22&creative=1211&path=external-search%3Fsearch-type=ss%26keyword=%25E5%25B0%258F%25E5%25A1%259A%2520%25E4%25BD%25B3%25E5%2593%2589%26index=blended">小塚 佳哉</a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=makishome09-22&l=ur2&o=9" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" />先生、初挑戦です。</br>
    半分以上がベットシーンじゃないかって程抱き合っていますが、不思議とエロエロなイメージはないです。多分、千彰がサバサバしてるのとイラストのせいもあるのかも。線が細くて千彰もフェロモン垂れ流しって感じじゃないのよね。
    <blockquote>
    身も蓋もない説明に千彰が突っ込むと、篤志と名乗った彼は素直に謝った。</br>
    その素直さも、ちょっと可愛い。</br>
    けれど、名前を確かめても、いっこうに記憶は蘇らなかった。</br>
    そこまで忘れている相手というのも、逆に珍しい。</br>
    好みのタイプのストライクゾーンだし、セックスだって悪くなかった。久しぶりに我を忘れ、乱れてしまったくらいだ。</br>
    そんな相手を、ここまできれいに忘れてしまうものだろうか?</br>
    不審に思った千彰は眉を寄せたまま、バスタブで向かい合っている男---篤志の顔をまじまじと見つめた。</br>
    この顔立ちに、見覚えがあることは間違いない。</br>
    黒目が大きくて、視線に力がある瞳。</br>
    日に焼けた健康的な肌。</br>
    意志の強さを感じさせる真一文字の口唇。</br>
    そして、体格のいい長身も。
    どれを取っても、間違いなく千彰の好みのタイプなのだ。これは、初めて寝た相手から一貫して変わらない趣味だった。</br>
    そんなことを思い出してしまった千彰は、苦々しく自嘲するように口唇を歪めた。</br>
    初めての男なんて、とうに忘れたつもりだった。</br>
    自分の性癖を認めることが怖くて、ずっと怯えていた千彰に、生まれて初めて身体を繋げる歓びを教えてくれた男。---彼は、あっさりと自分を捨てた。
    </blockquote>
    のっけから、篤志お持ち帰りされてます・・・。あまりにもストレートな千彰が、ここまで来るとエロというより笑えました。自分で下準備をし、それさえ隠さず挑発する千彰。
    篤志は全くのノンケだったんでしょうねぇ。「どこに何を入れるの?」とか聞いてるし・・・。可笑しいこの二人・・・というか可愛い。</br>
    千彰は誰彼構わず銜え込んでるの... 続きを読む

全2件中 1 - 2件を表示

週末だけの恋人 (アイノベルズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

週末だけの恋人 (アイノベルズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

週末だけの恋人 (アイノベルズ)を本棚に「積読」で登録しているひと

週末だけの恋人 (アイノベルズ)はこんな本です

ツイートする