罪な復讐 (i novels)

  • 49人登録
  • 3.54評価
    • (4)
    • (7)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 愁堂れな
  • 雄飛 (2006年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784902543599

罪な復讐 (i novels)の感想・レビュー・書評

  • ここにきてこの展開なんですね〜なんか泣けたわ〜。くっそ、やっぱ全巻揃えるか…。ルチル版も書き下ろしのために買うべきか…

  • 罪シリーズ 第5弾
    前作を読んでから、随分と経ちます。
    1~4が、どんなお話だったかを思い出すのに
    一苦労しました。…ってか、ちゃんと思い出せないっす(苦笑)

    警視庁捜査一課のエリート警視×商社リーマン
    シリーズ第一弾がベースとなる作品ですね。
    なので、一作目を読んでから、コチラを読むといいかもしれません。
    が!絶版です。古本屋で見つけるか、再販を待つか…。

    とりあえず、シリーズ1作目から読んでるので読んでますが
    「BLドリーム」炸裂だと、つくづく思います。
    だって、良平(本庁警視)の職場の人たちが
    ふたりの仲を認めてて、ごろちゃんの事を「嫁さん」とか言ってるし
    「嫁さんのお稲荷さん」の差し入れを心待ちにしてる。
    旧体制の警察で公認されるGAYカップルって…ドリームだぁ。
    そのくせ、ごろちゃん(商社勤め)は、会社にバレないように気遣ってる。
    以前、バレかけたときはテンヤワンヤの大騒ぎ。
    唯一、ごろちゃんの味方は、ごろちゃんに惚れてる後輩。
    健気に、ごろちゃんをフォローします。
    富岡は、ほんといいヤツです。エリートです。車はBMWです。
    もう、吾郎なんて忘れて、いい人見つけてくれっ!

    では、作品について…全体的にヌルめです。
    ごろちゃんが巻き込まれる事件ですが
    掘り下げとか、自分物との絡みがもう少し欲しかったです。
    シリーズ半ばなので、もしかしたら中弛みなのかもしれませんね?

    さて、事件に巻き込まれすぎなごろちゃん、
    シリーズを重ねるごとに淫乱度がUPしてます。
    良平に色々開発されてるのでしょうけど…
    玄関でしたらダメです。
    ドアの向こうを歩く人がビックリしますからwww

  • このシリーズとっても好きです(^^)
    ゴロちゃんと良平の第5弾です。
    今回は、2人の出会いの事件の犯人・里見の親戚が出てきたり、
    いろいろあってまた2人の絆が深まっていく・・・
    続きが楽しみです(^^)
    この後の分は、この週末に読む予定・・・

  • 【あらすじ】刑事の高梨と甘い生活を過ごす田宮だったが、突然悪質な嫌がらせを受けるようになった。しかも通い始めた英会話教室では殺人事件が発生。犯人の正体、そして思いもかけない動機とは? 「罪」シリーズ第5弾。

    彼の存在が取り返しつかなくて、いつまでもせつない。
    いない人にはかなわないのだ。

  • 容疑者として疑われた事件から早一年半。
    今では、その時出逢った刑事の高梨と甘い生活を過ごす田宮だったが、突然悪質な嫌がらせを受けるようになる。
    しかも、通い始めた英会話教室では殺人事件が発生し…。
    田宮の周囲で起こった二つの出来事に潜む“復讐”という名の暗い影──
    犯人の正体、そして思いもかけない動機とは……。
    愁堂れな&陸裕千景子のスペシャルコンビが贈る『罪』シリーズ第5弾

    ============================

    1話に出てきたごろちゃんの親友の従兄弟さんが出てきます。
    ごろちゃんがストーカーにあって大変な目にあったり、又殺人事件に巻き込まれたり…。
    やっぱり、ミトモさんが素敵だったりヽ(^o^)丿

    ごろちゃんのアイコラに笑いました。
    サメちゃんは本当カラカイガイがあるなぁ〜♪

  • 罪シリーズ・5
    文庫化の予定あり(2008/07/16)

  • 「罪」シリーズ第5弾。愁堂さん公式サイト「シャインズ」で番外編も読めます。私はもっとラブラブした二人が読みたかったっす。

全7件中 1 - 7件を表示

罪な復讐 (i novels)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

罪な復讐 (i novels)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

罪な復讐 (i novels)の文庫

ツイートする