三十路、独り身、リアル乳ガン闘病記

  • 28人登録
  • 3.60評価
    • (1)
    • (5)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 片野あかり
制作 : 伊藤さちこ 
  • ジュリアン (2010年8月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784902584899

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

三十路、独り身、リアル乳ガン闘病記の感想・レビュー・書評

  • 乳がんになった友人が、この作者が亡くなったという話と共に紹介していた。
    友人はその後、結婚もし、子供も生まれたけれども、当時はとても読めなかった。と。

    覚悟なんて、事前にいくらしたつもりでも、そのときに悟ったつもりでも、簡単にくつがえるし怖くなるし、受け入れられるものではないのが、死の恐怖だな……と。自覚症状がないっておそろしい。

    抗がん剤の副作用で食欲がないときにも、ジャンクフードは食べられたっていうのは、マンガでも見たなあ……
    あちらは男性で、ポテトチップスだった。薄くて、吐き気がする前に飲み込めるという理由だったけれど、こちらは、ジャンクフードの香料とかだな


    p148で、術後に食事療法を勧めてきた母の友人の言葉に、作者が大泣きする。
    「あなたの病気は簡単じゃないのよ」
    本人でも、医者でもないのにね。
    言われたことをずっと気にしてやけ酒までしている作者に、ああこれぞ「おかんの要約だな」の一言。
    「あたしだったらさー。忠告ありがとって気持ちだけありがたく頂戴して『夕飯何食べようかなー』とか別のコト考えるけどね。
    あんた、そんなカチンとくるくらいだから、その食事療法のコト、気になってるんでしょ?本当は。だったらやってみて、無理だったら考えればいいじゃん」
    前半は、本人でないからどうとでも言えるし、私とはだいぶ違う性格の母上らしいのでなんとも、だが、後半。
    そうか……私でもあてはまるな、これ。
    ずっとグチグチ言うのは、そうだよ。気になってるからだよ。やるのも怖いしやらないのも……って、ものすごく悩むタイプなのだから。
    なるほどね、気になってるからね。

  • 闘病記を読むのはやはり疲れる。
    この本だけなら、結構元気な内容なのだが・・・

    30歳、コピーライターで独立した途端にガン発覚
    この人の場合は保険に入っていて正解

    MRIのウルサさは私も胆のう炎での入院時に経験

    抗がん剤の副作用
    エッチ用のジェルがある、89

    銀座のママがいい味
    育ちのよさそうな男性、馬持ってたり
    占い師にウン百万円払うホステスとか

    手術のあとの一大関心は「ちくび」

    食事療法、薦める知人のいい加減さ
    150万円の治療法

    ガーデニング鋏で髪を切る母
    太る、はげる、顔が丸くなる、肌が荒れる=抗がん剤の副作用

    初発が勝負だから病院選びが一番大事
    どこの病院にかかるかで結果がぜんぜん違う

  • 2階闘病・体験 : WP870/KAT : 3410151816

  • 女性ライターが乳ガン発覚から、闘病にいたるリアルな闘病記です。変に病気に感謝せず、強がらず、リアルな心境が描かれています。
    文章がおもしろいから、闘病ものなのに、つい笑ってしまうところも。

    18ページ読んだところで笑い、
    139ページよんだところで泣きました。

    健康でも何か、共感するところがある1冊です。

全5件中 1 - 5件を表示

三十路、独り身、リアル乳ガン闘病記の作品紹介

「目先の欲にとらわれて会社から脱走!」「仕事ナシ、出会いナシ。これでいいのだ?」「電話1本、ユル~イ告知」「can’t stop嘔吐!ゲキテキな副作用」「け、毛がァアア!!カツラかぶって合コンへ」。日本一笑える“乳ガン”エッセイ。

三十路、独り身、リアル乳ガン闘病記はこんな本です

ツイートする