ショーが跳ねたら逢いましょう (マーブルコミックス)

  • 674人登録
  • 3.83評価
    • (100)
    • (93)
    • (140)
    • (7)
    • (1)
  • 72レビュー
著者 : えすとえむ
  • ソフトライン 東京漫画社 (2006年8月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784902671674

ショーが跳ねたら逢いましょう (マーブルコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「カーテンコール」「ショーが跳ねたら逢いましょう」「cafe et cigaratte.」「Rockin’ in my head」「nero」「モノクローム」「ひぐらし、油照りの小路」

  • 初コミックス。「エイジコールドブルー」を入手したので再読。初読の時はピンと来なかったんだけど改めて読むとハマる。初コミックスとは思えない完成度!BLっぽさはあまりなかったけどロックミュージシャンの話が好き。京都祇園の話も良かったなあ。おっさん、じいさんたちの若かりし時代にグッと来る。それにしてもただでさえ色気がほとばしっているのに和服に京都弁って刺激が強すぎます!あとがきの表題作カップルの和服姿もかわいかった♪

  • 本当に外国人を描くのが上手い。
    白と黒のタッチでここまで力強さを表現出来る人もそういないと思う。

    何処か洋画を思わせるような台詞回しやストーリーも素敵。
    BLハマり立ての頃に買った作品だけど改めて
    読み直してみたら萌える部分が沢山あった(笑)

  • 独特のタッチで描かれるストーリー。絵が綺麗な作家さん( エロアリ★★)

  • 絵とクラッシック

  • bookoffで買ったんだけど、サイン本だった❤手書きのイラストもついていて、びっくり&うれしかった。骨太の線がすごくいい(>_<)

  • 芸術的なBLだよなあと。
    数ページに一度はハッとさせられる構図がある。えすとえむの描く人体は美しいね。

    BL本用の別アカウント取ろうかしら、と少し思ったけど、まあ本屋に並んでるものは全てBOOKであって貴賎はナシ。
    BLでも男性向けエロ本でも本は本だ。面白ければ読むし、好かんもんは読まん。それでえーじゃないかと思い至り、別アカウントは無かったことに。

  • 独特の世界観がツボ。ヨーロッパの映画を観ているようだった。

  • 絵柄は好み。タイトルも題材も素敵。だけどもう少しだけ、アングルだとか書きわけだとかをお願いしたいです。

  • 多田由美作品を喚起させる。

全72件中 1 - 10件を表示

えすとえむの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
木原 音瀬
オノ・ナツメ
有効な右矢印 無効な右矢印

ショーが跳ねたら逢いましょう (マーブルコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ショーが跳ねたら逢いましょう (マーブルコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ショーが跳ねたら逢いましょう (マーブルコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ショーが跳ねたら逢いましょう (マーブルコミックス)のKindle版

ツイートする