まよいながら、ゆれながら

  • 29人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 中川ちえ
制作 : 馬場 わかな 
  • ミルブックス (2013年6月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (112ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784902744668

まよいながら、ゆれながらの感想・レビュー・書評

  • むかつくんだけど~福島で果樹園を営む安齋家が気に入って通っていたが、震災で自主避難した次男一家は長
    崎まで逃れ、札幌に落ち着いた。父母は除染した農園で果樹を栽培し、息子も手伝いには帰ってくるが、長男夫婦は長野に移住。次男は福島を捨てたわけではないと云う~自分で書くのは気恥ずかしいが、他人に書かれるのはもっと恥ずかしいだろうなぁ。ロハスを売りにする人って、少し気持ち悪いんだけど、ユダヤ人みたいだからだろうか。そんなことを云ったらユダヤ人が気を悪くするかもしれないけど

  • 『まよいながら、ゆれながら』(mille books)発売記念イベント

    「つながって、輪になって」
    あんざい果樹園(福島)、たべるとくらしの研究所(札幌)を営む安齋一家の2年間を描いたフォトエッセイブック『まよいながら、ゆれながら』(中川ちえ・文 馬場わかな・写真)の発売を記念したイベントを、七夕7月7日に福島「器やあんざい」で開催。安齋家と縁の深い様々なジャンルのメンバーが出展します。器や雑貨、お菓子などの販売をはじめ、ライブやトークイベントも。ぜひご来場ください。

    日時:2013年7月7日(日)11:00〜17:00
    会場:器やあんざい(あんざい果樹園内)
    〒960-2261 福島市町庭坂字原ノ内14 電話 024-591-1064
    http://www.ankaju.com
    *福島市フルーツライン沿い。運転免許センターから徒歩5分。庭坂駅から徒歩約15分
    出展:器やあんざい(器と雑貨)、たべるとくらしの研究所(ジャムとお菓子)、巣巣(雑貨)、dans la nature(お菓子)、中川ちえ(コーヒースタンド)、山田稔明(音楽)、ミルブックス(本)

    ■ライブ&トークイベントのご案内
    2013年7月7日(日) 13時〜/15時〜の2回 自由料金制
    イベント開催日の7月7日にニューアルバム『新しい青の時代』を発売するシンガーソングライターの山田稔明さん、そして『まよいながら、ゆれながら』の著者である中川ちえさんをお招きし、ライブ&トークを開催します。
    *事前予約は不要。ライブは自由料金制です。

    イベント開催時間も商品はご覧いただけますので、お好きな時間にご来場ください。
    mille books
    http://millebooks.blog.so-net.ne.jp/

全2件中 1 - 2件を表示

まよいながら、ゆれながらの作品紹介

福島で「あんざい果樹園」を営む安齋一家。原発事故によって、それまでの生活を一変せざるを得ない選択を強いられました。3.11以降の激動の2年間を、人気エッセイストの中川ちえによる心揺さぶる20編の物語と、人気写真家の馬場わかなが撮影した豊富な写真(66点)とともに綴りました。一家と家族のように長年交流をしてきた筆者だから描けた、真に迫ったフォトエッセイ。揺れながら、迷いながらもよりよい未来へつながる道を模索しながら生きる家族の姿に勇気づけられます。

まよいながら、ゆれながらはこんな本です

ツイートする