プラスチックスの上昇と下降、そしてメロンの理力・中西俊夫自伝 【音楽CD付属】

  • 23人登録
  • 4.40評価
    • (5)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 中西俊夫
  • K&Bパブリッシャーズ (2013年7月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784902800395

プラスチックスの上昇と下降、そしてメロンの理力・中西俊夫自伝 【音楽CD付属】の感想・レビュー・書評

  • プラスチックスの中西俊夫さんが書いたプラスチックスやメロンの話。類は類を呼ぶってお話か。やっぱりいろんな出来事はそれなりのバックボーンや本人の心意気や思い込み、それに共感して集まってくる人たちが作ってるんだなぁぁと改めて思った。が、この本は全然わからない人が読んだらいろいろチンプンカンプンかもしえないねぇぇ。

  • プラスチックス、メロン、Tycoon Toshの中西俊夫の半生記。プラスチックス大好きでした。
    本書に登場する人物が大物ばかり。マルコム・マクラーレン、ヴィヴィアン・ウエストウッド、ブライアン・イーノ、トーキング・ヘッズ、etc., etc.,トシちゃんの人脈の広さに圧倒されました。あとプラスチックスが当初ダウンタウンブギウギバンドの事務所にいたとは知らなかった。また、プラスチックス解散の真相も本人の口から語られている。秘蔵音源のCDがついているのもうれしいし、装丁は盟友立花ハジメがプラスチックスのファーストアルバムをイメージして行っているのもサイコー。
    佐久間正英氏が逝去された今となっては、メジャーデビュー時のオリジナルメンバーでの再結成が永遠に幻となってしまったことが本当に悔やまれる。遅ればせなら、佐久間氏のご冥福を祈念する次第です。

  • やっぱり色々な意味で情報が詰まっていて面白かった。
    --
    プラスチックスはそれほど好きでもなくて、
    メロンはまあまあ好きで、
    Love T.K.O.は結構ぶっ刺さって、
    その頃のライブを一度見たくらいだけど、
    中西俊夫って不思議なひとだなあとずっと思っていて、
    読み出したら、案の定エピソードのオンパレードで、
    世が明けそうでヤバいのでとりあえず閉じた。

全3件中 1 - 3件を表示

プラスチックスの上昇と下降、そしてメロンの理力・中西俊夫自伝 【音楽CD付属】を本棚に登録しているひと

プラスチックスの上昇と下降、そしてメロンの理力・中西俊夫自伝 【音楽CD付属】を本棚に「読みたい」で登録しているひと

プラスチックスの上昇と下降、そしてメロンの理力・中西俊夫自伝 【音楽CD付属】を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

プラスチックスの上昇と下降、そしてメロンの理力・中西俊夫自伝 【音楽CD付属】を本棚に「積読」で登録しているひと

プラスチックスの上昇と下降、そしてメロンの理力・中西俊夫自伝 【音楽CD付属】の作品紹介

パンク、ニュー・ウェイヴ、ヒップホップetc…東京、ニューヨーク、そしてロンドン。ジャンルと場所を超え、音楽とファッションの最先端をぷかぷかと浮かび続ける未確認飛行物体・中西俊夫が語るスペース・オディティ。『プラスチックスの上昇と下降、そしてメロンの理力・中西俊夫自伝』が満を持して発売。

カラー16ページ、全400ページという壮大なボリュームで語られる本書。ブックデザイン・あとがきは立花ハジメ、その他プラスチックス・メンバー全員のコメント入り。島武実、そして佐藤チカによるエッセイも収録。さらには熱狂的ファンである宅八郎による超精密な注釈&ディスコグラフィ、未公開写真・中西俊夫の手記の挿入、プラスチックスの初期未発表ライヴ&デモを収録したCDも付属し、まさにファン垂涎の一冊。他に類を見ない驚愕の自伝、中西俊夫完全網羅本。

プラスチックスの上昇と下降、そしてメロンの理力・中西俊夫自伝 【音楽CD付属】はこんな本です

ツイートする